政治学
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

アリストテレスの著書については「政治学 (アリストテレス)」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年1月)
政治学の領域
図はModern Political Analysis(ロバート・ダール著、1963年)に基づくもの。政治学は関連する3つの対象領域をもつ。図は3つの対象領域の関係性を表したものである。ある一定の権力(青部分)から見ると、この権力はある一定の価値(赤部分)に基づいて、ある一定の領域(黄部分)に影響を及ぼしていることを表している社会関係
図は池田義祐の研究に基づく。政治が成立する社会の基礎にはさまざまな関係が存在している。とくに政治と関連が深いのは図でいう上下関係の部分である

政治
政治関連

各国の政治

政治経済学

政治史

国際政治史

政治哲学

政治学

政体

都市国家

独裁政治

軍事政権

寡頭制

独任制

一党独裁制

民主制

封建制

律令制

君主制

共和制

首相公選制

議院内閣制

大統領制

半大統領制

議会統治制

天皇制象徴天皇制)・律令


国際関係

政治学者

比較政治学

行政学

官僚制


地政学

アドホクラシー


公共政策

権力分立

立法府

行政

司法


主権

摂関大臣


政治体制

摂政政治

治世・乱世



行動科学的政治学

サブカテゴリ

選挙

選挙方式

投票


連邦主義

イデオロギー

政治的キャンペーン

政党

Portal:政治学










政治学(せいじがく、: politics, political science, political studies,また特に科学性を強調する場合はscience of politicsという[注釈 1])は、政治を対象とする学問分野。なお政治学の研究者を政治学者と呼ぶ。日本では主に法学部で研究・教育が行われているが一部の私立大学では政治学と経済学両方の修養が国家統治にとって有用とされた経緯から政治経済学部で教えられている。

大別すると広義の政治哲学と広義の政治過程論の二領域にわたるが、狭義には政治過程論のみを指す。


目次

1 定義と特徴

1.1 科学としての政治学

1.1.1 研究方法とその対象

1.1.2 政治哲学・政治思想の研究


1.2 関係諸科学


2 主要な用語

3 政治学史

4 政治の全体

5 政治制度

6 政治団体・運動

7 政治思想

8 政治学者

9 脚注

9.1 注釈

9.2 出典


10 参考文献

11 関連項目

12 政治学関連文献

12.1 政治学一般

12.2 学説史

12.3 その他


13 外部リンク


定義と特徴

政治とは、人間集団、とくに国家や国家間における権力(Power)の配分やその行使のされ方をめぐる事象であるという見解が20世紀以降、とくにアメリカ合衆国を中心に有力なものとなっている。このような見方の代表例として、デイヴィッド・イーストンによる、政治とは「社会に対する希少価値の権威的配分」という著名な定義がある[1]。ここでいう「価値」とは富(貨幣)や天然資源、名誉、食糧など、広く誰もが必要としておりながら、全員に等しく、必要としている分だけ配分できるほどには量のない(これを「希少性」という)ものの総称であり、権力そのものも希少な価値に含まれる[1]

他方で、政治とは、対立する利害を調停し、人々の集合体における取り決め、決定を行うことであるとも定義される。すなわち権力と利害対立は政治学の中心的なテーマである。しかし、これら(権力および利害対立)の概念については必ずしも明確でない部分がある[注釈 2]

政治については2つの主要な見解がある。
ひとつは国家などの機構の働きとして政治を捉える見方(機構現象説)

ひとつは社会的または集団的行動による機能的行為現象とする見方(機能現象説)

また政治の基本的性質については2つの主要な見解がある。
ひとつは正義の実現や市民的自由の保証、福祉の増進などといった政治の目的との関連でこれを捉えようとする立場である。(イェリネックに代表されるドイツ国家学やアメリカ合衆国の制度論的政治学が古典的である。)

もうひとつは権力闘争や「支配-被支配」の関係といった政治的意志決定や合意の形成に不可避に伴う力の契機に着目する立場である。(主に社会学的観点から、政治を影響力として捉える説があり、ウェーバーラスウェルに代表される。)

科学としての政治学

政治研究としての政治学は、さまざまな公共政策の内容とその目的を対象としており、個々の具体的政策の検討から、それらが含まれている一連の包括的政策、政策プロセスなどを研究するものである。サイモンによれば、このような公共政策の構造は一般に政策の目的と手段の連鎖からなるピラミッド構造で把握される。このピラミッド構造において、その頂点に近づくにつれ、より漠然として抽象的な価値の領域、すなわち政治の道徳的基礎や倫理的当為を必然的に考察の対象とするようになる。したがって政治学の下位領域として政治思想も主要な対象として成立する。

政治学が一つの学問領域(ディシプリン)として認識された19世紀末以降、政治学は科学的手法を採り入れ科学化してきたと言える。それまでの政治に関わる研究の手法は、哲学歴史学、或いは法学といった他の学問領域に由来するものであった。そこでは政治史の研究に見られるように政治現象を記述することや、政治哲学もしくは制度論に見られるように政治の望ましいあり方を研究することに重点が置かれた。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:53 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE