改札
[Wikipedia|▼Menu]
改札が済んだ乗車券(入鋏)

改札(かいさつ)は、主に鉄道において駅員乗務員等の係員や代行機械(自動改札機等)により旅客(乗客)の乗車券の効力を確認した上で既使用に改める行為である。元来、乗車券の使用開始(乗車)の際に行われる入鋏・押印を指したが、現在では途中における乗車券の効力確認についても改札(車内改札)と呼ばれる。


目次

1 概説

2 改札口

2.1 日本の鉄道駅

2.2 ヨーロッパの鉄道駅


3 列車別改札

4 車内改札

4.1 日本の車内改札

4.1.1 機動改札

4.1.2 乗車人員報告簿


4.2 ヨーロッパの車内改札


5 改札鋏・改札スタンプ・途中下車印

6 脚注

7 関連項目


概説

日本の多くの鉄道では、旅客の運賃は乗車券を事前に発売(出札)することで収受し、旅客は購入した乗車券の有効範囲内で乗車できる制度を採っている。その制度において、発売された乗車券(未使用)を乗車開始の際に検査の上、既使用(使用開始)に改める行為である。具体的には係員による入鋏・押印、機械による印字・開孔がある。

鉄道駅では原則的に改札済みの旅客しか立ち入れない区域(改札内と呼ぶ)を設けて管理している。航空における搭乗手続船舶における乗船手続、映画館等の娯楽施設もぎり(半券回収)に似ている。路線バスでも高速バスなど長距離路線の多くで同様のシステムを採る事例がある。乗車券は基本的に乗車終了の駅(下車駅と呼ぶ)にて回収(集札)される。

一方、ヨーロッパのほとんどの鉄道駅には改札口は設けられていない[1]。ヨーロッパの鉄道では信用乗車方式を採用して、車内改札を行うのが一般である。その分不正乗車が発覚した際の罰金額を高く設定して不正乗車を防いでいる。

なお、バスにおいても検札が行われる場合があり、シンガポールのバスでは不定期に検札が行われており、有効な乗車券を所持していない場合(紛失した場合も含む)、罰金が課される。
改札口

鉄道駅では改札を行う場所を改札口(かいさつぐち)と呼ぶ。鉄道用語ではラッチまたはラチとも呼ばれる。改札口自動改札機による改札口回転棒式改札機による改札口臨時改札口(原宿駅
日本の鉄道駅

日本では、駅員が改札口に立って改札を行うことが多かったが、係員の代わりに機械が改札を行う自動改札機の導入が大都市圏だけでなく地方都市圏にも広がりつつある。自動改札機が設置された場合でも、対応しない切符や精算のために兼掌窓口が設置されることが多い。

入場時には、切符に使用開始(使用済み)であることを示す印が入れられる。係員による有人改札ではそのための道具として、日本では鉄道創業以来長らく改札鋏(かいさつきょう、かいさつばさみ)という専用の鋏で独特の切込みを入れてきたが、1990年代を境に順次、駅名や鉄道事業者名と日付を示す改札印(スタンプ)が導入され、これに切り替えられた鉄道事業者が多い。また同時期に普及が進んだ自動改札機では切符が改札機に投入された際、券面に穴をあける。いずれの場合も、使用開始(使用済み)であることを示すために切符に改札鋏等で印をつけることを「入鋏(にゅうきょう)」という。出場時には、原則として切符を回収する。

なお少数派ではあるが、事業者・駅によっては、改札口における入場時の改札を省略して出場時の集札や運賃収受のみを行うところや、入場時に集札や運賃収受をしてしまい出場時の動作を省略するところなど、さまざまなケースが存在し、その運用形態は必ずしも一律ではない。前者は土佐くろしお鉄道中村駅広島電鉄広電宮島口駅京福電気鉄道四条大宮駅などや四国旅客鉄道(JR四国)の小規模な駅で、後者はスカイレール線の各駅都電荒川線王子駅前電停などで採用されている。

異なる鉄道事業者の経営する路線間の乗換え、一部の鉄道事業者では自者線間の乗り換え(主に幹線とローカル線)、新幹線停車駅における新幹線・在来線相互の乗換、一部の有料特急ホームなどでは、中間改札を設けている。主な目的は、前2者では事業者間での有効な乗車券類の保有確認と乗換えに伴う精算、後2者では新幹線特急券・特急券の保有確認または非保有者による入場の制限である。

一部のバスターミナル港湾空港における旅客ターミナルなどでも、改札口を設置している。

無人駅電停などでは、改札口による改札ができないので、代わりに車掌が改札・集札業務を代行する場合が多い。その他、無人駅に乗車証明書発券機を設置して、着駅もしくは乗換駅の中間改札で精算をする場合もある。さらに路線が一駅間のみのピストン輸送で一方の駅で本線と接続している盲腸線では、接続駅にもう一方の駅の券売機と改札を併設してもう一方の終着駅を無人駅としていることがある。

また、通勤通学時間帯などの時間や繁忙期に一時的に乗客が集中する場合には、臨時改札口と称する改札を設ける場合もある。ただし臨時改札口といっても、人が通れるだけの隙間を空けて集札のみを行うものから、渋谷駅ハチ公臨時改札のように、恒常的に自動改札機を設置し、すぐ近くに自動券売機がないこと以外は通常の改札口と変わらない運用をするものまでさまざまである。

ラッシュアワーなどで駅構内に収容できない恐れがあるほど混雑した場合には、時間を区切って改札業務を一時停止し、通路を閉鎖する改札止め(かいさつどめ)が行われることもある。
ヨーロッパの鉄道駅

先述のようにヨーロッパ諸国の鉄道ではプラットホームへ出るために通る改札口が駅構内に設けられないことが多い[1]。切符に日付が印字されていなければ駅等に備え付けられた刻印機で利用客が日付を刻印するシステムが一般的にとられている[1]。例えば、オーストリアの公共交通機関では改札口又は車内での乗車券への刻印が義務付けられている[2]

一方、地下鉄大都市近郊路線では主として自動改札機による改札口が設けられている(先述のパリと近郊都市圏のメトロとRERロンドン地下鉄など)。

フランスパリと近郊都市圏のメトロの駅では、入場時に自動改札機に切符を通すのみで出場時の集札は行なわれていない。
列車別改札

列車別改札(れっしゃべつかいさつ)はの改札口の出入りを常時行わず、1本か2本の列車の発着ごとに行う方式である。この場合、発車時刻の何分か前から発車間際まで改札を行い、他の時間は改札口が閉まっている。不正乗車の防止、乗降ホームの閉鎖による安全管理・コスト対策、旅客の誤乗(乗り間違え)防止が主目的とされる。

列車本数の少ない駅で行われる。本数が多くなるとこの方式は困難となり、地下鉄など都市内鉄道では行われない事例が多い。

日本では、鉄道草創期は列車本数が少ない事から各列車の発着ごとに改札を行っていたが、電車により頻発運転が可能となった区間では待合室の混雑など実施が困難になり、順次廃された[3]。現在では北海道東北地方の一部の駅で各列車発車時刻の10 - 20分前から改札が行われている程度である[4]

韓国では、韓国鉄道公社 (KORAIL) の長距離列車では列車別改札が基本で、韓国高速鉄道 (KTX) 運行区間の駅に自動改札機が導入された時点でも変化はなかった。そのため、改札開始放送がある前に自動改札機に乗車券を入れると、エラーメッセージが出て改札が閉まる。しかし、トラブル多発により自動改札機の使用は中止され、事実上の信用乗車方式となっているため、一部地方駅を除いて、列車別改札は行われていない。
車内改札
日本の車内改札

列車内で乗務員が旅客の乗車券類を検査・確認することは特に車内改札(しゃないかいさつ)と呼ばれる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE