携帯電話
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

楽曲については「携帯電話 (曲)」をご覧ください。
折りたたみ式の携帯電話ストレート式の携帯電話スライド式の携帯電話

携帯電話(けいたいでんわ)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。

有線通信通信線路電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。無線電話(無線機、トランシーバー)とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。「日本における携帯電話」および「#国・地域における携帯電話」も参照


目次

1 定義

2 歴史

2.1 トランシーバーと構想時代

2.2 1960年-70年代:小型化への努力

2.3 1970年代後半-80年代前半:実用化時代(車載電話)

2.4 1980年代半ば頃:実用化時代(ポータブルタイプ)

2.5 1990年代:多機能化

2.6 2001年以降:3G時代(インターネットとの融合)

2.7 2007年以降:スマートフォン時代


3 携帯電話端末

3.1 構成部位

3.2 電源

3.3 演算・記憶装置

3.4 機能

3.5 デザイン

3.6 ソフトウェア

3.6.1 OS

3.6.1.1 スマートフォン用OS



3.7 水濡れによる不具合

3.8 メーカー


4 サービス

4.1 通話

4.2 通信

4.3 通信規格

4.4 料金形態


5 ビジネスモデル

6 健康影響

7 国・地域における携帯電話

8 脚注

9 関連項目


定義

携帯電話は、移動しながらの通話が可能な電話サービスである。無線通信機器の一種であり、電波によって情報のやり取りを行っている。携帯電話が発する電波の波長は20cm程度である。

世界的に狭義の「携帯電話」の範疇に入るものとしては、iDENなどの第二世代携帯電話以降の規格を使っているデジタルMCA無線などの移動体通信携帯端末や、無線免許を要しないUnlicensed Personal Communications Services (UPCS) やPHSDECTなどのいわゆる小電力無線局の携帯端末などがある。

日本の法令上は、先行して登場した移動体通信システムである自動車電話からの流れで「携帯・自動車電話」という表現がなされていたが、現在は「携帯電話」になっている[1]
歴史左上モトローラ携帯電話端末1機種、他はノキアの歴代携帯電話端末
トランシーバーと構想時代


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE