抗酸化物質
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
抗酸化剤の1つ、グルタチオン空間充填モデル。黄色球は酸化還元活性、すなわち抗酸化作用を有する硫黄原子。そのほか、赤色、青色、白色、黒色球はそれぞれ酸素窒素水素炭素原子

代表的な抗酸化物質生体物質由来アスコルビン酸(ビタミンC)水溶性ラジカルの補足、ビタミンEなど抗酸化物質の代謝再生、酵素的ヒドロキシ化反応の補欠分子族[1]
α-トコフェロール(ビタミンE)おもに脂質の過酸化フリーラジカル反応のラジカルを補足し、リン脂質・コレステロール脂質の不飽和脂肪酸鎖を保護する[2]
グルタチオン細胞内タンパク質のSH残基を適切な酸化状態に保つ。グルタチオンペルオキシターゼの補欠分子族として有害な過酸化物と反応し解毒作用を示す[3]
合成化合物BHAなど医薬品、化粧品、食品などの酸素が引き起こすラジカル反応を補足、停止させて変質を防御する。工業原料の酸化防止剤としても利用される。

抗酸化物質の例[4]低分子化合物高分子化合物
グルタチオンN-アセチルシステインアスコルビン酸α-トコフェロールブチルヒドロキシアニソールカテキンクエルセチン尿酸ビリルビングルコースフラボノイドセルロブラスミン、アルブミンフェリチンメタロチオネインスーパーオキシドディスムターゼ(銅亜鉛型、マンガン型、分泌型)、グルタチオンペルオキシダーゼ(細胞質型、血漿型、リン脂質ヒドロベルオキシド型)、グルタチオントランスフェラーゼ、カタラーゼチオレドキシン

抗酸化物質(こうさんかぶっしつ、antioxidant)とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称である。特に生物化学あるいは栄養学において、狭義には脂質の過酸化反応を抑制する物質を指し、広義にはさらに生体の酸化ストレスあるいは食品の変質の原因となる活性酸素種(酸素フリーラジカル、ヒドロキシルラジカルスーパーオキシドアニオン過酸化水素など)を捕捉することによって無害化する反応に寄与する物質を含む[4]。この反応において、抗酸化物質自体は酸化されるため、抗酸化物質であるチオールアスコルビン酸またはポリフェノール類は、しばしば還元剤として作用する[5]

抗酸化物質には、生体由来の物質もあれば、食品あるいは工業原料の添加物として合成されたものもある。抗酸化物質の利用範囲は酸素化反応の防止にとどまらず、ラジカル反応の停止や酸化還元反応一般にも利用されるため、別の用途名を持つ物も少なくない。本稿においては、好気性生物の生体内における抗酸化物質の説明を中心に、医療あるいは食品添加物としての抗酸化剤を説明する。もっぱら工業原料に使われる酸化防止剤などについては関連項目の記事を併せて参照。


目次

1 酸素と抗酸化物質

2 抗酸化物質と生活

3 歴史

4 生物化学としての観点

4.1 抗酸化物質の類型

4.2 活性酸素種と抗酸化物質

4.3 抗酸化物質の生体内分布

4.4 酵素と抗酸化物質

4.4.1 スーパーオキシドディスムターゼ、カタラーゼおよびペルオキシレドキシン


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:360 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE