情報本部
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、防衛省(旧防衛庁)に実在する機関について説明しています。架空の機関については「防衛庁情報局」をご覧ください。

日本の行政官庁情報本部
じょうほうほんぶ
Defense Intelligence Headquarters

組織
上部機関防衛省
概要
所在地〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5番1号(防衛省内)
定員2,414人
:2009(平成21)年度予算定員
年間予算528億円
:2010(平成22)年度
設置1997年平成9年)1月20日
前身統合幕僚会議事務局第2幕僚室
陸上幕僚監部調査部第2課別室
ウェブサイト
情報本部
テンプレートを表示

情報本部(じょうほうほんぶ、英語: Defense Intelligence Headquarters、略称:DIH)は、防衛省特別の機関の一つである。


目次

1 概要

2 任務

3 沿革

4 組織

5 主要幹部

5.1 歴代本部長


6 脚注

7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク


概要

戦後設立された防衛庁においては、外国の軍事情報を防衛局調査第1・2課、陸上・海上・航空の各幕僚監部調査部及び各自衛隊の専門部隊等で収集・分析を行っていたため、庁全体としての情報の収集・分析が非効率的であるという構造的欠陥を抱えていた。

この問題を解決すべく、統合幕僚会議第17代議長の石井政雄を長としたプロジェクトが発足し、アメリカ国防情報局(DIA)を参考に1995年(平成7年)に策定された防衛計画大綱に基づいて、1997年(平成9年)1月20日に設置された(創設時は約1,700名)。なお、防衛庁内のすべての情報組織が統合されたわけではなく、既存の組織はそれぞれ一部改編・縮小されたものの、引き続き存続した。

平成24年度(2012年度)現在約2,400名の要員を抱え、海外の軍事情報を始めとする各種情報を扱う日本最大の情報機関である。

下表は平成17年度(2005年度)から平成26年度(2014年度)までの情報本部職員数の推移である(出典:防衛省HP概算要求の概要)が、陸海空自衛隊自衛官の定数が削減される一方で情報本部要員はほぼ毎年増員されていることから、情報分野の強化に努めていることが窺える。平成23年度予算は約528億円。

情報本部職員数の推移年度自衛官事務官等合計年度自衛官事務官等合計
平成17年(2005年)度1,8464202,266平成22年(2010年)度1,9075232,430
平成18年(2006年)度1,8864362,322平成23年(2011年)度1,9075352,442
平成19年(2007年)度1,9034642,367平成24年(2012年)度1,9075442,451
平成20年(2008年)度1,9064862,392平成25年(2013年)度1,907
平成21年(2009年)度1,9095052,414平成26年(2014年)度1,919

任務
独自に収集する情報(電波情報及び画像情報等)

防衛省の情報本部以外の部署(
陸上自衛隊中央情報隊等、自衛隊の情報部隊)からもたらされた情報

外務省警察庁公安調査庁を始めとする他の省庁からもたらされる情報

友好国からもたらされる情報

一般の公刊物等からの情報

沿革

以下の沿革以前にも防衛省には情報組織があり、例えば情報本部の前身組織の一つである陸上幕僚監部調査部第2課別室(調別)はシギントを行う非公然組織であり、実質的に内閣情報調査室(内調)の下部機関で、歴代トップは警察官僚が占めていたとされている[1]

1997年(平成9年)1月20日:統合幕僚会議の「事務局第2幕僚室」が廃止され、代わって情報本部が設置される。

2001年(平成13年)3月27日:技術官が廃止され、新たに緊急・動態部が設置される。

2004年(平成16年)3月29日:画像部が画像・地理部に改称される。

2006年(平成18年)3月27日:統合幕僚会議に代わり「統合幕僚監部」が新設されたの伴い、統合幕僚会議下の組織から長官直轄組織へ改編。

緊急・動態部を廃止し、統合情報部を新設。

同日、各幕僚監部の調査部は廃止され新たに陸上幕僚監部航空幕僚監部には運用支援・情報部情報課が、海上幕僚監部には指揮通信情報部情報課が新設された。

組織

情報本部長(指定職4号、本省局長級)には陸将、海将又は空将の自衛官が任命される。また、本部長は2009年(平成21年)6月3日に公布された「防衛省設置法の一部を改正する法律」に基づき新設された防衛会議の構成員となる。本部長は自衛官を退官後、内閣衛星情報センター所長(指定職6号、本省審議官級[2])に就任するケースが多い。副本部長には防衛省大臣官房審議官(旧:防衛庁長官官房(防衛)審議官、官名は防衛書記官)を本務とする者がその職を兼補する形で任命される。

さらに、その下に情報専門スタッフとして4名の情報官が置かれる。内訳は、事務官が1名と自衛官が3名であり、事務官は各国の安全保障国防政策に関する情報を統括し、自衛官は各々の担当地域の軍事情勢の統括を行う。また、情報官とは別に情報評価官と情報保全官がそれぞれ1名ずつ配置されている。情報評価官は情報本部が実施する情報の収集整理について、その効果的な実施を図る観点から行う評価に関する事務を司る。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE