悪性腫瘍
[Wikipedia|▼Menu]

「がん」はこの項目へ転送されています。

上皮性の悪性腫瘍については「癌腫」をご覧ください。

その他の用法については「がん (曖昧さ回避)」をご覧ください。

悪性腫瘍

分類および外部参照情報
発音あくせいしゅよう
ICD-10C00?C97
ICD-9-CM140? ⇒239
DiseasesDB28843
MedlinePlus001289
MeSHD009369

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる[1][2]とされる。

一般に癌(ガン、がん、: cancer)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、: malignant neoplasm)とも呼ばれる。

「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。
目次

1 語義

2 概念

3 がんの代謝

4 がん理解の歴史

4.1 概略

4.2 ウイルス説を巡る歴史


5 悪性腫瘍に関連する医学的分類

6 疫学

7 発生機序

7.1 がん発生に関与する遺伝子群

7.2 分化度

7.3 接触阻害の機能喪失と無限増殖能

7.4 がんとアポトーシス


8 発生要因

8.1 生活習慣(肉食、塩分、喫煙、飲酒、高血糖など)

8.2 発がん性を有する化学物質や放射線への暴露

8.3 病因微生物

8.4 遺伝的原因


9 予防

9.1 がん予防10か条(世界がん研究基金)

9.2 がん対策の目標(健康日本21-日本厚生労働省)

9.3 がんを防ぐための12か条(日本国立がんセンター)

9.4 日本人のためのがん予防法(国立がん研究センター)

9.5 がん検診

9.6 その他


10 分類

10.1 組織学的分類

10.2 成人のがん

10.3 幼児期のがん


11 診断

11.1 細胞診断・生検組織診断

11.2 進行度


12 治療

12.1 プレシジョン・メディシン(Precision Medicine)


13 がん治療後の生活の質の向上

13.1 ストーマ

13.2 気管孔

13.3 再建術

13.4 エピテーゼ

13.4.1 人工乳房

13.4.2 顔面エピテーゼ

13.4.3 義肢(義手・義足)


13.5 補遺


14 がんと統合失調症

15 がんの一覧

16 脚注

16.1 注

16.2 出典


17 参考文献

18 関連項目

19 外部リンク

語義

ウィクショナリーに癌の項目があります。

「悪性腫瘍(malignant tumor)」は、一般に「がん(: cancer、: Krebs)」として知られているが、専門用語では平仮名の「がん」と漢字の「癌」は同意ではない。

病理学的には漢字で「癌」というと悪性腫瘍のなかでも特に上皮由来の「癌腫(上皮腫、carcinoma)」のことを指す。平仮名の「がん」は、「癌」や「肉腫」(sarcoma)、白血病などの血液悪性腫瘍も含めた広義的な意味で悪性腫瘍を表す言葉としてつかわれているからである。したがって癌ばかりでなく肉腫や血液悪性腫瘍も対象にする国立がん研究センターや各県の「がんセンター」は平仮名で表記する[3]

「癌」を表す「Cancer」は、かに座 (Cancer) と同じ単語であり、乳癌腫瘍の脚のような広がりを見せた[4]ところから、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが「」の意味として古代ギリシア語で「καρκ?νο? (Carcinos)」と名づけ、これをアウルス・コルネリウス・ケルススが「Cancer」とラテン語訳したものである。

漢字の「癌」は病垂と「岩」の異体字である「嵒」との会意形声文字で、本来は「乳がん」の意味である。触診すると岩のようにこりこりしているからで、江戸期日本においては「岩」と書かれた文書もある。有吉佐和子の小説「華岡青洲の妻」には、乳がんを表す「岩(がん)」ということばが頻出する。

「悪性腫瘍」は「悪性新生物」とも呼ばれることがあるが、Malignant neoplasmの訳語として作られた言葉で、Malignant「悪性の」、Neo「新しく」、Plasm「形成されたもの」を意味する。

なお、「癌」という言葉は、上記の用法をもとに比喩的に用いられることがあり、社会の機構や組織について「○○は△△のがんだ」「△△のガン細胞」などということがある[5]
概念

「悪性腫瘍」とは、腫瘍の中でも、特に浸潤性を有し、増殖・転移するなど悪性を示すもののことである。

ヒトの身体は約六十兆個の細胞からなっている。これらの細胞は、正常な状態では細胞数をほぼ一定に保つため、分裂・増殖しすぎないような制御機構が働いている。それに対して腫瘍は、生体の細胞の遺伝子に異常がおきて、正常なコントロールを受け付けなくなり自律的に増殖するようになったものである。この腫瘍が正常組織との間に明確なしきりを作らず浸潤的に増殖していく場合、あるいは転移を起こす場合(多くは浸潤と転移の双方をおこす)悪性腫瘍と呼ばれている[1][2]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:138 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE