心理学
[Wikipedia|▼Menu]

              心理学              



概要

歴史

下位区分

基礎心理学


異常

生物

認知


比較

比較文化

文化


差異

発達

進化


実験

数理

神経


人格

肯定


量的

社会

深層

応用心理学


応用行動分析

臨床

地域


消費者

カウンセリング

教育


環境

人間工学

司法


健康

人間性

産業組織


解釈



医療


軍事

音楽

労働衛生


政治

宗教

学校


スポーツ

交通

一覧


分野

組織

心理療法家


心理療法

出版物

調査法


理論

歴史年表

トピック











プロジェクト 心理学

心理学(しんりがく、: psychology)とは、行動の学問であり、科学的な手法によって研究される[1][2][3]。そのアプローチとしては、行動主義のように行動や認知を客観的に観察しようとするものと、一方で、主観的な内面的な経験を理論的な基礎におくものとがある[4]。研究法を質的研究と量的研究とに大別した場合、後者を主に学ぶ大学では、理数系として心理学を位置付けている例がある。

起源は哲学をルーツに置かれるが、近代の心理学としては、ドイツのヴィルヘルム・ヴントが「実験心理学の父」と呼ばれ、アメリカのウィリアム・ジェームズも「心理学の父」と呼ばれることもある[5]。心理学の主な流れは、実験心理学の創設、精神分析学行動主義心理学人間性心理学認知心理学社会心理学発達心理学である。また差異心理学は人格や知能、性などを統計的に研究する。

20世紀初頭には、無意識と幼児期の発達に関心を向けた精神分析学、学習理論をもとに行動へと関心を向けた行動主義心理学とが大きな勢力であったが、1950年代には行動主義は批判され認知革命がおこり、21世紀初頭において、認知的な心的過程に関心を向けた認知心理学が支配的な位置を占める[6]
目次

1 語源と定義

2 大分類

3 歴史

3.1 永遠の哲学

3.2 ギリシャ哲学からの起源

3.3 心理学の創世記

3.4 精神分析

3.5 行動主義の台頭と変容

3.6 人間性の回復

3.7 行動から認知へ

3.8 現状


4 学際

4.1 生理学からの発展

4.2 病理学からの発展

4.3 動物行動学からの発展

4.4 言語学からの発展

4.5 教育学からの発展

4.6 情報科学との接近


5 誤解

6 脚注

7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク

語源と定義「心理学の歴史#語源と初期の語法」も参照

語源は、や魂を意味する古代ギリシア語のプシュケー(ψυχ? )と、研究や説明を意味するロギアとでの、プシューコロギア(psychologia)である[3]

現在の心理学の用語の意味は、心理学のテキストである『ヒルガードの心理学』では「行動と心的過程についての科学的学問」とされ[2]、2012年の『心理学大図鑑』では「心や行動の科学を研究する」という意味であるとされる[3]アメリカ心理学会(APA)は「心と行動の研究」と定義している[1]

ギリシャ文字Ψ(英:PSI)が心理学のシンボルとして、しばしば用いられる。
大分類

この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2015年9月)

大きくは、基礎心理学と応用心理学に大別される。
基礎心理学
科学的経験主義の立場から観察実験調査等の方法によって一般法則の探求を推し進める。
応用心理学
基礎心理学の知見を活かして現実生活上の問題の解決や改善に寄与する。

また別の角度からの分類では、現在[いつ?]の心理学は、実験心理学と臨床心理学に大別することも可能である。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:73 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE