徳富蘇峰
[Wikipedia|▼Menu]

徳富 蘇峰
『蘇峰自伝』掲載の写真(1935年)
ペンネーム菅原 正敬
大江 逸
大江 逸郎
山王草主人
頑蘇老人
蘇峰学人
誕生徳富 猪一郎
1863年3月14日
文久3年1月25日
肥後国上益城郡杉堂村(現熊本県上益城郡益城町
死没(1957-11-02) 1957年11月2日(94歳没)
静岡県熱海市
墓地多磨霊園
職業ジャーナリスト
歴史家
評論家
政治家貴族院議員
国籍 日本
最終学歴同志社英学校中退
活動期間1885年 - 1957年
文学活動時事評論
伝記執筆
歴史研究
代表作『将来之日本』(1886年
『大日本膨脹論』(1894年
『時務一家言』(1913年
『勝利者の悲哀』(1952年
近世日本国民史』(1918年 - 1952年
主な受賞歴恩賜賞1923年
文化勲章1943年
デビュー作『第19世紀日本の青年及其教育』(1885年)
配偶者徳富静子
子供徳富太多雄(長男)
親族徳富一敬(父)
徳富久子(母)
阿部賢一(三女の夫)
徳富敬太郎(孫)
浜田義文(孫の夫)
竹崎順子(伯母)
横井津世子(叔母)
横井小楠(義叔父)
矢嶋楫子(叔母)
湯浅初子(姉)
徳冨蘆花(弟)
湯浅治郎(義兄)
横井時雄(従兄)
海老名みや(従姉)
海老名弾正(義従兄)
久布白落実(姪)
湯浅八郎(甥)
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

徳富 蘇峰(とくとみ そほう、1863年3月14日文久3年1月25日) - 1957年昭和32年)11月2日)は、明治から昭和にかけての日本ジャーナリスト思想家歴史家評論家。『國民新聞』を主宰し、大著『近世日本国民史』を著したことで知られる。

蘇峰はで、本名は猪一郎(いいちろう)。は正敬(しょうけい)。筆名は菅原 正敬(すがわら しょうけい)、大江 逸(おおえ いつ、逸郎とも)。雅号に山王草堂主人、頑蘇老人、蘇峰学人、銑研、桐庭、氷川子、青山仙客、伊豆山人など。生前自ら定めた戒名は百敗院泡沫頑蘇居士(ひゃぱいいんほうまつがんそこじ)。

小説家の徳冨蘆花は弟。


目次

1 経歴

1.1 生い立ちと青年時代

1.2 『國民新聞』の創刊と平民主義

1.3 「変節」と政界入り

1.4 大正デモクラシー時代と『近世日本国民史』の執筆

1.5 軍部との提携と大日本言論報国会

1.6 『近世日本国民史』の完成と晩年の蘇峰


2 業績と評価

2.1 思想家蘇峰

2.2 歴史家蘇峰

2.3 言論人蘇峰


3 人物と交友関係

3.1 多岐にわたる交友者

3.2 交友者からの書簡


4 親族

4.1 主な親族

4.2 弟・蘆花


5 旧宅・墓地

6 賞歴・栄典

7 著作

7.1 原刊行年順

7.2 主な没後刊行

7.3 書簡・日記


8 関連項目

8.1 全般

8.2 人物

8.3 揮毫先

8.4 関連作品


9 脚注

9.1 注釈

9.2 参照


10 参考文献

10.1 基礎資料

10.2 研究書

10.3 出典


11 外部リンク

11.1 記念館

11.2 書評

11.3 その他


経歴
生い立ちと青年時代

1863年3月14日文久3年1月25日)、肥後国上益城郡杉堂村(現熊本県上益城郡益城町上陳)の母の実家(矢嶋家)にて、熊本藩の一領一疋の郷士徳富一敬の第五子・長男として生れた[1][2][3]。徳富家は代々葦北郡水俣惣庄屋代官を兼ねる家柄であり、幼少の蘇峰も水俣で育った。父の一敬は「淇水」と号し、「維新の十傑[注釈 1] のひとり横井小楠に師事した人物で、一敬・小楠の妻同士は姉妹関係にあった。一敬は、肥後実学党の指導者として藩政改革ついで初期県政にたずさわり、幕末から明治初期にかけて肥後有数の開明的思想家として活躍した[1][4]

蘇峰は、8歳まで水俣(浜村、通称居倉)[5]に住んでおり、1870年(明治3年)の暮れ、8歳の頃に熊本東郊の大江村に引き移った[6]1871年明治4年)から兼坂諄次郎に学んだ。読書の力は漸次ついてきて、『四書』『五経』『左伝』『史記』『歴史網鑑』『国史略』『日本外史』『八家文』『通鑑網目』等も読み、兼坂から習うべきものも少なくなった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:156 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE