徳富一敬
[Wikipedia|▼Menu]

徳富 一敬(とくとみ かずたか[1]、いっけい[2]文政5年9月24日(1822年11月7日)- 大正3年(1914年5月26日)は、幕末から明治にかけての日本儒学者朱子学者)、官僚教育者[2]徳富蘇峰徳富蘆花の父[2]。淇水(きすい)と号した[3]


目次

1 概要

2 盧花が伝える人柄

3 家族

4 脚注


概要熊本県水俣市にある徳富家旧宅(復元)

肥後国葦北郡水俣郷(後の熊本県水俣市)に、惣庄屋の長男として生まれ、幼児には万熊、後には太多助、太多七などと称した[4]。 一敬の父は辛島塩井の高弟で津奈木手永惣庄屋の徳富美信。美信は鶴眠と号し、肥後を訪れた頼山陽に会っている。

一敬は1837年から、近藤英助の私塾で教えを受けつつ藩校時習館に学ぶが、1842年に父の死去により惣庄屋の務めのため帰郷[5]1845年横井小楠の門下となった[4]。一敬は、小楠の第一の門弟とされる[6]1848年には、矢嶋直明の四女である矢嶋久子と結婚した[5]

1854年に帰郷し、1855年に葦北郡宰属監察に任官した。 1864年勝海舟の遣いで坂本龍馬横井小楠を訪ねた時には一敬も同席し、その様子を書き留めている。 一敬は、維新後の1870年には熊本藩庁で奉行所書記兼録事となって熊本へ移り[5]、同年中に竹崎律次郎とともに民政大属となって藩政改革に当たった[7]。廃藩置県を経て、1871年に熊本県典事、1872年白川県七等出仕となった後、病を理由に1873年に官職を辞した[5]1879年に改進党系の立場から県会議員に当選したが、翌1880年には病のために県会議員を辞職した[5]

1880年、共立学舎の設立に参加して漢学部で教鞭を執り[2]、長男・徳富蘇峰1882年に自宅で開いた大江義塾でも漢学を教えた[2][8]。また、この頃、自宅の敷地内に絹織工場を設けて経営を試みた[9]

1886年、蘇峰らとともに東京へ移り、その後は勝海舟らとも交流をもった[2]

1906年には、弓町本郷教会海老名弾正牧師により洗礼を受け、既に蘇峰や盧花はじめ多くがキリスト教徒となっていた徳富家の中では最後にキリスト教に入信した[10]。しかし、朱子学者としての姿勢は、その後も貫かれた[11]

墓は多磨霊園内の徳富家墓所にある[1]
盧花が伝える人柄

徳富盧花は、伯母にあたる竹崎順子の評伝『竹崎順子』において、一敬についても様々な言及を残している。そこでは横井小楠の言として「徳富は考が綿密過ぎて、決断が足らぬ」という評が記され[12]、また、「十五の年から袂に豆を入れ過失の数とりをしつつ短気の己が癖に克たう克たうと努力した」という描写がなされている[8]

今中寛司はこれらを踏まえ、「このように直情径行でしかも取越苦労で自己嫌悪の癖は、終生治らなかった」とし[8]、一敬の「個性の一つに自反、自己嫌悪のような内攻性」があったと指摘している[12]
家族

妻・久子は、竹崎順子の妹、矢嶋楫子の姉で、夫妻の間には3男4女が生まれた[1]。 徳富猪一郎(蘇峰)は長男、徳富健次郎(盧花)は三男であり、次男は夭折した[1]。 長女・常子は陸軍軍人であった山川清房、次女・光子は絹織物業の実業家で一敬らの東京移住後も熊本の旧宅を守った河田精一、三女・音羽子は牧師の大久保眞次郎にそれぞれ嫁いだ[1]
脚注^ a b c d e “ ⇒徳富一敬”. 歴史が眠る多磨霊園. 2014年3月19日閲覧。
^ a b c d e f 朝日日本歴史人物事典『徳富一敬』 - コトバンク
^ 後年には吾不与齋、吾不与齋主人とも号したが、その読み方は不詳とされている。今中寛司 1971, p. 2:“ ⇒『吾不与斎漫筆』の「吾不与斎」(=徳富一敬)の読み方が知りたい。”. 国立国会図書館/レファレンス協同データベース (2008年2月29日). 2014年3月20日閲覧。
^ a b 今中寛司 1971, p. 2
^ a b c d e 今中寛司 1971, p. 23
^ 世界大百科事典 第2版『横井小楠』 - コトバンク
^ 今中寛司 1971, p. 3
^ a b c 今中寛司 1971, p. 4
^ この工場は次女・光子の夫となった河田精一が継承した。幸田亮一「 ⇒熊本における「産業革命」と産業遺産の可能性--旧熊本紡績赤れんが工場の熊本学園大学への移築に際して (PDF) 」 、『産業経営研究』第23号、2004年、 4頁、2014年3月19日閲覧。
^ 今中寛司 1971, pp. 15-16
^ 今中寛司 1971, p. 7
^ a b 今中寛司 1971, p. 5


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:14 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE