復活祭
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
復活』(シモン・チェホヴィッチ(ポーランド語版)画、1758年)。復活したイエス・キリストが弟子達の前に現れている場面が描かれている。ロシア帝国で発行された、復活祭を祝う家族が描かれた絵葉書。左上には「ハリストス復活!」と教会スラヴ語で書かれている。

復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Π?σχα, ラテン語: Pascha, 英語: Easter, ドイツ語: Ostern, ロシア語: Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭[1][2][3][4][5][6]

多くの教会で特別な礼拝(典礼奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。

正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ぶ[7][注釈 1]カトリック教会では「復活主日[8]とも呼ばれ、聖公会プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)[4][9][注釈 2]や、英語から「イースター」とも呼ぶ[10][11]。「復活節」(ふっかつせつ)は、西方教会において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある[12]正教会の復活祭(パスハ)については「復活大祭」を参照

基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。キリスト教が優勢な国においてはその翌日の月曜日も休日にされていることがある。欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場する[13]

東方教会西方教会とでは日付の算定方法が異なるため、日付が重なる年もあるものの、日付が異なる年の方が多い[注釈 3][14]


目次

1 日付

2 名称の語源

2.1 パスハ、パスカ、パスクワ

2.2 イースター、オースタン


3 復活祭に連動する教会暦・礼拝・典礼・奉神礼

3.1 大斎(四旬節)

3.2 復活祭当日

3.3 復活節・復活祭期


4 復活祭に関する習俗

4.1 食品

4.2 イースター・エッグ(復活祭の卵)

4.3 イースター・バニー(復活祭のウサギ)


5 日本とイースター

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目


日付

復活祭の日付
2011年-2025年
[15][16]
西方教会東方教会


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:76 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE