御焚上
[Wikipedia|▼Menu]

御焚上(おたきあげ)は、神社などで古い神札お守りなどを焼くこと。あるいは、火に御札をかざすなどして吉凶を占うこと。また「にわび」[1]

御焚上の神事の一例は次の通り。
まず、境内や空き地などに祭場を定め、その四方を忌竹で囲み、注連縄を張る。奥に火処を設置し、神札やお守りなどを積み上げ、その手前にを設置する。

手水をおこない、修祓、献饌、祝詞奏上、玉串拝礼、昇神、撤饌後に、神職が浄火にて神札などを奉焼する。

御焚上祭、奉焼式、左義長焼き、古札焚上式、どんど焼きなどと呼ぶ場合もある。また、古い縁起物や人形などを御焚上する場合もある[2]
脚注^広辞苑』第三版、岩波書店、1983年、1361頁
^ 『出雲大社教布教師養成講習会』出雲大社教教務本庁、1989年、294頁


更新日時:2016年12月30日(金)02:39
取得日時:2018/10/20 11:32


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:1724 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE