強姦
[Wikipedia|▼Menu]

「レイプ」はこの項目へ転送されています。英語でrapeと呼ばれる植物については「セイヨウアブラナ」をご覧ください。

この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。免責事項もお読みください。

強姦
ルクレーティアの凌辱
ティツィアーノ画、1571年
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
救急医学
ICD-9-CME960.1
MedlinePlus001955
eMedicine ⇒article/806120
MeSHD011902

強姦(ごうかん)とは、一般に相手の意志に反し、暴力脅迫、相手の心神喪失などに乗じ強要し人に対し性行為を行うこと[1]。強かん[注 1]、性的暴行(せいてきぼうこう)とも表記される。

典型的には男性が強制的に女性を犯す事[2]であるが、「強制」の定義や行為の具体的態様については時代的、国際的にも差異がある。
目次

1 語源、表記

1.1 作品的表現


2 定義

3 治療

3.1 強姦された場合の対処


4 予防

5 統計

6 歴史

7 社会学

7.1 社会学的見地

7.2 強制断種

7.3 法的定義

7.3.1 日本

7.3.2 アメリカ合衆国



8 脚注・出典

9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク

語源、表記

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年8月)

日本においては、以前は「姦」の字が性的な性格を持つ字体であることから報道での使用が憚られ「強かん」などと表記することが多かったが、現在は本来の表記である「強姦」を採用することが多くなってきている。

英語のレイプ(rape)の表記は欧米文化の流入、女性意識の高まりと共に現代日本社会でも一般化している。

日本のマスメディアの事件報道では婉曲のため、「乱暴」などとぼかした言い方がよくなされ、被害者が児童・小児の場合は「いたずら」とも言われる。「暴行」の語も使用されるが、この語は性的側面を伴わない暴力行為に使われることも多いので注意を要する。またメディアにおいても、表現方法の一つとして、犯罪の重大性を強調する意味で「拷姦」などの当て字を使用する例も一部でみられるが、必ずしも一般的ではない。
作品的表現

文明開化以降、週刊誌小説などでは凌辱陵辱)や英語のレイプ(rape)という表現が用いられることもある。

官能小説成年漫画アダルトゲームアダルトビデオなどにおいては、作品の性格や作者の方針などに応じて様々な当て字が使用されている。
定義

ローマ法では、他の男性の管理下にある女性を拉致した男性はラプス (raptus)の罪に問われた。拉致の時点で既遂となり、姦通は要件ではなかった。ラプスはレイプ (rape)の語源である。

「強姦」という語が本来もつ意味は「双方の合意なしに行われる姦通」であるが、現在は広く「相手の合意なしに行われる性行為一般」を指す場合がほとんどである。

かつては夫婦間における一方的な行為は性犯罪とは見なされない事が多く、先進国においても20世紀末近くまでそのようであった。


この節の加筆が望まれています。 (2018年5月)

治療

この節の加筆が望まれています。 (2018年5月)

強姦された場合の対処

被害直後には、身体の安全の確保を優先する。被害後、72時間以内に産婦人科を受診し、性病妊娠の検査をする。検査費用は警察へ被害を届け出た場合は、公費負担がある。産婦人科では妊娠の防止のための緊急避妊が行われる。また、この際に同意があれば強姦を証明するのに必要な加害者の体毛体液などの証拠収集が行われる。多くの地域で、性被害者を支援する機関があり、こうした機関からの紹介や、警察の紹介で産婦人科を選択する[3]

その後のカウンセリングなど精神的サポートも極めて重要である。被害者は、強姦時の強い恐怖から、被害後に、精神不安定や不眠心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神反応が多くみられ人間不信に陥ることも多いためである。サポートを1か所で提供しているワンストップ支援センターが全国各地に所在している[3]

周囲にいる者は、被害者にも責任の一端があったかのような言動は避ける。性被害にあった被害者に対し、周囲の人間がさらに傷つける言動を行うことは、「二次被害」、「セカンドレイプ」と呼ばれる。また、本人がすぐに病院や相談機関へ行きたがらない場合は、無理やり連れていくようなことは避ける[3]
予防

この節の加筆が望まれています。 (2018年5月)

統計
日本
日本における平成21年の強姦事件の認知件数は1,402件である
[4]。この認知件数は、昭和39年に6,857件と戦後最多を記録した後、長期減少傾向を経て横ばい傾向にあった[5]。近年では、平成9年から15年にかけて増加傾向にあったが、16年から再び減少傾向に転じている[4]。日本の人口10万人あたりの強姦の発生件数は1.2。アメリカ合衆国は37.0で日本の約30倍[6]である。ただし強姦罪の定義は国によって大きく異なる点もある。
韓国
2007年の調査では、韓国での人口10万人あたりの10代の強姦犯数は米国の2倍・日本の10倍となっており、50.7%の事件が輪姦となっている。また、3人に1人が再犯している。平和な社会でも起訴率が27.3%と低いことが事件を引き起こすと指摘されている[7]。また、近年外国人女性への強姦が急増しており、首爾地方警察庁のまとめでは、2009年は76件だったのに対し2013年は289件となっている。この原因について、韓国の警察は「スマートフォンアプリなどを使って外国人と簡単に会えるようになり、外国人への性犯罪が増えている」と分析している[8]
歴史

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2008年3月)
詳細は「強姦の歴史」を参照 『ブルガリアの致命女達』 - オスマン帝国の兵士による、ブルガリア人女性に対する強姦を描いた絵画(1877年作)。背景に描かれたイコノスタス・床に転がった振り香炉・破壊された燭台から、ここがブルガリア正教会聖堂の中であり、聖堂に逃げていた女性がレイプされるシーンであることが分かる。敵国に攻め込まれた市民が最後に聖堂に立て篭もることは大陸ではよく行われたが、侵略軍が規律の薄いものだった場合、現地の宗教心も踏みにじり、宗教施設でまでこのような残虐行為を行うことも珍しく無かった。なおこの絵画の作者コンスタンチン・マコフスキー(Konstantin Makovsky)はロシアの移動派の一人である。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:55 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE