幹部
[Wikipedia|▼Menu]

幹部(かんぶ、Cadre)は、組織首脳執行部にあって、組織運営の意思決定指揮・命令を担う人物またはその職位を指す。
目次

1 日本の組織における幹部

2 特撮ドラマなどにおける幹部

3 フランスのカードル職

4 脚注

5 関連項目

日本の組織における幹部

行政機関

行政機関では局長以上の職務を指す。広義に中央省庁課長級(一般企業でいう部長よりも高位)以上を含めることもある。

日本の警察では、上級幹部、中級幹部、初級幹部の区分があり、警部以上を上級幹部、警部補を中級幹部、巡査部長を初級幹部としている。

日本の消防では、上級幹部、中級幹部、初級幹部の区分があり、消防吏員消防司令以上を上級幹部、消防司令補を中級幹部、消防士長を初級幹部とし、消防団員団長・副団長を上級幹部、分団長・副分団長を中級幹部、部長班長を初級幹部としている。

自衛隊では、階級区分の最上級であり、准尉の上に位置する3尉?幹部自衛官としている[1][2]。旧日本軍では、士官及び下士官を意味していた。

企業

日本の企業では、会社の業務執行や監督を司る経営者役員、もしくは経営者や役員から直接指示を受ける上級管理職を指す。

特撮ドラマなどにおける幹部

いわゆる
悪の組織において作戦立案及び怪人戦闘員を率いての作戦指揮を執る戦闘指揮官的構成員、及び科学者魔術師などを統括し怪人兵器などの製造といった任務に従事する後方担当の上級構成員を言う。高位の者は大幹部、最高幹部、下位の者は下級幹部と称される。戦闘指揮官的幹部は将軍元帥などの軍人地位称号を、後方担当の幹部は博士賢者など学者術者の地位称号を名乗りとする例が多い。

フランスのカードル職詳細は「fr:Cadre d'entreprise en France」を参照

フランスにおけるカードル職(Cadre)とは、企業、公共組織、軍隊において指揮を取る職であり、多くはグランゼコールから輩出される[3]。カードルの労働組合としてCFE-CGC(fr:Confederation francaise de l'encadrement - Confederation generale des cadres)が存在し、加盟者数14万人、加盟組合数は230団体ほどになる。
脚注^ 幹部候補生 (自衛隊)も参照
^ 陸上自衛隊では中隊等においては当直幹部に准陸尉・陸曹長1等陸曹が指定されることもある(中隊等では3等陸尉以上の者の人数が限られているため)
^調査研究報告書 No.50 労働時間制度の運用実態<欧米諸国の比較研究> (Report). 日本労働研究機構. (2000-01). ⇒http://db.jil.go.jp/db/seika/2000/E2000012577.html

関連項目

軍隊における階級呼称一覧

日本軍の階級

階級 (公務員)

キャリア (国家公務員)

高等文官試験

指揮官

幕僚

高官

官僚

将校

役員

管理職


更新日時:2018年7月8日(日)12:08
取得日時:2018/09/20 14:20


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:8516 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE