平氏
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、日本の平氏について説明しています。漢姓については「平 (姓)」をご覧ください。

平氏

揚羽蝶(代表的な家紋
※ 各、平氏によって異なる。
氏姓平朝臣
氏祖天皇諸王
種別皇別
著名な人物平将門
平忠盛
平清盛
平時忠
平重盛 など
後裔桓武平氏
仁明平氏
文徳平氏
光孝平氏
凡例 / Category:氏

平氏(へいし、たいらうじ)は、「平」をの名とする氏族。姓(カバネ)は朝臣家紋は揚羽蝶、など。

日本において皇族が臣下に下る(臣籍降下)際に名乗る氏の一つで、有名な桓武平氏を含め4つの流派がある。
目次

1 概要

1.1 起源

1.2 平氏の拠点について

1.3 平家


2 平氏の一覧

2.1 桓武平氏

2.2 仁明平氏

2.3 文徳平氏

2.4 光孝平氏


3 脚注

4 参考文献

5 関連項目

6 外部リンク

概要

の代表的なものの一つとして源氏藤原氏橘氏とともに「源平藤橘」(四姓)と総称されている。

平氏には桓武天皇から出た桓武平氏仁明天皇から出た仁明平氏文徳天皇から出た文徳平氏光孝天皇から出た光孝平氏の四流がある。しかし後世に残ったもののほとんどは葛原親王の流れの桓武平氏であり、武家平氏として活躍が知られるのはそのうち高望王流坂東平氏の流れのみである。常陸平氏伊勢平氏がこれに相当する。また、北条氏坂東八平氏なども含めることがある。葛原親王の流れの桓武平氏には高望王流の他に善棟王流と高棟王流があり、善棟王には記録に残る子孫はいなかったが、高棟王流の桓武平氏は公家として京都で活動した。
起源

「平」という名称の由来は諸説あるが[1]、有力な説は太田亮が唱えて藤木邦彦・佐伯有清らが発展させた説で、最初の平氏であった桓武平氏の祖である桓武天皇が建設した平安京にちなんで「平(和訓:多比良)」と名づけたとするものである。太田亮『姓氏家系大辞典』では、「其の名称は、平安京(京都市)の本訓タヒラより起る。蓋し桓武帝、此の都を建てられしにより、其の子孫、此の氏を賜ひしならん。」と述べられている。また、「桓武平氏の誕生」(林陸朗、『日本中世政治社会の研究』所収)において、「一世(親王代)、二世(孫王)の賜姓は源朝臣、三世王の賜姓の場合は平朝臣という区別があったように思われる」と述べている。しかし、第五十四代仁明天皇、第五十五代文徳天皇の曾孫王の世代にはあてはまるが、第五十八代光考天皇の曾孫王の世代ではあてはまらない。そのために、平安京遷都後の桓武天皇の孫王の高棟王が、「平」姓が賜姓されたように、平安遷都後の一時期、天長年間から仁和年間(824年-889年)まで変則的に与えられたのではないかという説もある[2]
平氏の拠点について

「東国の源氏、西国の平氏」という俗説があるが、高望王流桓武平氏の始まりの地である東国は当然のことながら武家平氏の盤踞地であった。すなわち坂東平氏の一族がその後中央(朝廷)に勢力を伸ばし、西国にも平氏勢力が広がったとするのが適当である。武家平氏としては例えばその祖である上総介の平高望や、東国に独立政権を樹立しようとして失敗した下総平将門、将門を倒した常陸平貞盛などが良く知られるが、時代が下って平氏政権で台頭した平家(平清盛の家)を出した伊勢平氏も、貞盛の四男維衡の子孫が伊勢に移り住んだものであり、これを倒した源頼朝を支えた鎌倉幕府執権北条氏や坂東八平氏も同じく坂東に土着した高望王流桓武平氏の末裔であった[3]

結果的に北条氏や坂東八平氏などの東国の武家平氏は、源氏一門や藤原氏一門に恭順し家臣となるか、あるいは抵抗して追討されるなどして、史上華々しい成果を収めなかった。それに対し、伊勢平氏の平清盛は西国を制して中央政権を牛耳り、これに抗した河内源氏流の坂東源氏・源頼朝が平氏を追討して東国に鎌倉幕府を開き、さらに後醍醐天皇の意向を受けた新田義貞足利尊氏が坂東平氏に乗っ取られた鎌倉幕府を倒して新たな中央政権樹立に貢献したこと、そして鎌倉幕府・室町幕府江戸幕府揃って坂東源氏の政権(江戸幕府は、系図の捏造のため実際には違う)であったことなどが「東国の源氏、西国の平氏」と説かれる原因であると考えられる。征夷大将軍源平交代思想と同様、俗説の域は出ない。
平家

武家平氏で平姓を残したのは伊勢平氏など数少ない。その伊勢平氏の傍流であったが、いわゆる平氏政権を打ち立てた平清盛とその一族を特に「平家」と呼ぶ。ただし、「平家」という言葉は本来、数多い平氏の中でも特定の家もしくは集団を指す言葉に過ぎず、初めは桓武平氏の中でも伊勢平氏が属する武家の高望王流ではなく、京の都で文官として活躍していた高棟王流の人々を指していた(『江談抄』(二))。また、平氏政権時においても清盛一族のみならず、彼らに仕えている家人郎党らを含めた軍事的・政治的集団を指す用法としても用いられ、この場合の「平家」には清盛に従った藤原氏や源氏の武士も含まれることになる。勿論、本来の「平家」である高棟王流は明治維新まで存続したのであるから、その意味では、壇ノ浦の戦い以後も「平家」は存続していたとも言える[4]

これに対して源氏は、源姓を名のった一族は多く、源家は複数になるため、通常は、源家総体という意味での源氏と呼び、源家という言い方はあまり用いない。また、平氏は源氏と同じく、皇子皇女の処遇として賜姓が行われたが、天皇以降の代に賜姓を受けた例が多いと言われ、そのため源氏よりも格は下とみた向きもある。
平氏の一覧
桓武平氏50代桓武天皇の子・葛原親王万多親王仲野親王及び賀陽親王の子孫。


葛原親王

第三皇子葛原親王の流れ。

高棟王
葛原親王長男の高棟王子孫。高棟王は天長2年(825年)に賜姓を受けて平高棟となった。この流れは公家として京に残り、平安時代末期に平清盛の正室平時子(二位尼)と、その弟で清盛の威勢によって正二位権大納言にのぼった平時忠、異母妹の建春門院平滋子が出た。時忠は壇ノ浦の戦いの後、能登に流され没落したが、時忠の弟親宗の子孫(唐橋家)や叔父信範の子孫(西洞院家・安居院家・烏丸家)は鎌倉時代以降も公家として続いた。歴史物語の今鏡に、「日記の家」と紹介されているように平記・兵範記をはじめ多くの古記録を残す。江戸時代には西洞院家平松家長谷家交野家石井家という5家の堂上家を出した。さらに地下家の生島家もこの系統である。なお、時忠の子時国の子孫と称する家が能登半島で豪農(上時国家、下時国家)となり、現在も続いている。

善棟王
葛原親王二男の善棟王子孫。善棟王は天長2年(825年)高棟王とともに賜姓を受けて平善棟となった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:66 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE