平戸島
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

平戸島
座標北緯33度22分5秒
東経129度33分13秒座標: 北緯33度22分5秒 東経129度33分13秒(平戸市役所)
面積163.42 km2
海岸線長203.5 km
最高標高(安満岳)535 m
所属国・地域 日本長崎県平戸市
地図平戸島長崎県内の平戸島の位置
テンプレートを表示

平戸島(ひらどじま)は、長崎県北部、北松浦半島の西海上にある。全域が長崎県平戸市に属する。面積163.42km2は、島としては日本で20番目、長崎県で4番目の面積である[1]


目次

1 地理

1.1 概要


2 自然

3 歴史

3.1 重要文化的景観


4 参考文献

4.1 脚注


地理

南北32km・東西最大幅約10kmの島で、北東-南西方向に細長い形をしている。北端の田の浦から南端の宮ノ浦までの道のりは約45kmあり、車で1時間前後かかる。東側は平戸瀬戸を挟んで九州本土に面する。平戸瀬戸の最も狭い部分は約570mで、ここは1977年(昭和52年)に平戸大橋が開通した。

周囲の有人島は、北約3km沖に度島(たくしま)、北約7km沖に的山大島(あづちおおしま)、北西1km沖に生月島(いきつきしま)、南西300m沖に高島がある。生月島との間には1991年(平成3年)に生月大橋が完成した。度島と的山大島は平戸港から、高島は宮ノ浦漁港からそれぞれ船の便がある。その他にも黒子島中江ノ島阿値賀島、尾上島など周辺各地に無人島がある。
概要

面積 - 163.42km2

人口 - 21,355人(
2005年国勢調査

自然

島の地質は、第三紀層の上に安山岩玄武岩質の溶岩がかぶさり山地を形成する。全域が山がちで平地に乏しく、丘陵地が海岸まで迫る。島に沿って標高200-500mの山地がほぼ2列に連なる。

西側(括弧内数値は標高)

小富士山(217m)

安満岳(535m) - 平戸島最高峰・西海国立公園特別地域

鯛ノ鼻(447m)

有僧都岳(351m)

佐志岳(347m)

礫岩(つぶていわ : 287m) - 植物群落は国の天然記念物

屏風岳(394m)

志々伎山(347m)

東側

白岳 (250m)

鞍掛山 (192m)

川内峠(267m) - 草原が管理されている

上床草原(405m) - 草原が管理されている

鴛ノ岳(207m)

慈眼岳(372m)

白岩岳(273m)

浜岳(235m)

これらの山地には、神曾根川・安満川・中津良川・古田川など多くの川によって谷が刻まれる。ただし川はいずれも小規模で、最大の神曾根川でも延長6km・流域面積9km2にとどまる。農業用水や上水道用水への利用のために、各所にため池が作られている。

海岸線は屈曲に富み、東シナ海を望む西海岸では大規模な海食が発達する。薄香湾、古江湾、志々伎湾など各地の入り江は漁港として利用される他、千里ヶ浜・根獅子・西浜など砂浜が発達した区域もあり、海水浴場として親しまれる。

気候は対馬海流の影響が強く温暖で、島の各地に照葉樹林が発達する。そこに人の手が入った里山・草原・田畑などもあり、砂浜や岩場も含め多様な自然環境が広がる。植物では南方系植物に加え、ダンギクなどの大陸系植物やカシワなど北方系植物が見られる。平戸島固有種にはイトラッキョウがあるが、種レベルでは島外各地に変種が分布し、厳密な固有種というわけではない。また、「平戸」の名を冠した交配種としてヒラドツツジがある。
歴史平戸港

平戸島は遣隋使遣唐使遣新羅使の頃から寄港地として利用され、海外との重要な交通拠点となっていた。平安期には「ひら」「ひらのしま」と呼ばれていて、「ひら」には「比良」「庇羅」「飛鸞」などの字が当てられた。肥前国と庇羅の島の間の瀬戸が「ひらのと」と呼ばれ、これに因んで鎌倉時代から「平戸島」と呼ぶようになった。平安期以降は松浦党の本拠地となり、八幡(ばはん : 倭寇を含む海賊)も活動した。

鎌倉時代中期、大陸に大勢力を築いていたモンゴル帝国大元ウルス)により二度に亘り、日本は侵攻を受けた(元寇)。一度目の侵攻の文永の役では、平戸島も元軍の襲来を受けたが、博多湾から上陸した元軍は、日本側の激しい抵抗を受け撤退する。

続く二度目の侵攻である弘安の役では、元軍は朝鮮半島から進発したモンゴル兵、女真兵、高麗兵などから成る東路軍と旧南宋領から進発した旧南宋・漢兵などからなる江南軍の二方向から日本に侵攻した。

平戸島は、この東路軍と江南軍の合流地点となった。 元軍が平戸島に目を付けたのは、平戸島が太宰府に近く、地勢として軍船を停泊させるのに便利であり、日本側の防備が無かったためである。平戸島に到着した元軍は、日本軍の襲来に備えて、平戸島に塁を築いて陣地を構築した。東路軍は壱岐島の戦いの後、平戸島に移動し、江南軍と合流した。合流を完了させた元軍は、平戸島に部隊を残して、鷹島に移動すると日本側と海戦となる(鷹島沖海戦)。その後、台風を受けた元軍は、継戦か撤退かを巡り軍議を開くと撤退に決し、平戸島に在陣する軍勢は平戸島に軍船の軍馬を捨てると、軍船に人員を収容して撤退していった。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:14 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE