平成29年台風第21号
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事での日付・時刻は特記のない限り日本標準時(JST=UTC+9)によるものです。協定世界時は「UTC」とし、ヘクトパスカルは「hPa」と表記します。

台風第21号
(Lan、ラン)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
スオミNPPによる衛星画像(10月21日)
発生期間2017年10月16日 - 10月23日
最低気圧915 hPa
最大風速
(日気象庁解析)50 m/s(100 kt
最大風速
米海軍解析)135 kt
上陸地点静岡県掛川市付近
死傷者数死者10人(消防庁発表では8人)
被害地域日本
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
台風の経路

平成29年台風第21号(へいせい29ねん たいふうだい21ごう、アジア名: ラン/Lan、命名: アメリカ、意味: 嵐、フィリピン名: パオロ/Paolo)は、2017年(平成29年)10月16日カロリン諸島で発生し、23日3時頃に静岡県掛川市付近に上陸し、関東地方を通過し東北沖へ抜け、23日9時に福島県沖温帯低気圧に変化した台風


目次

1 台風の動き

2 気象状況

3 被害

3.1 人的被害

3.2 洪水・浸水・高潮被害

3.3 建物被害

3.4 交通インフラ被害

3.5 その他


4 影響

4.1 第48回衆議院議員総選挙

4.2 スポーツ

4.3 イベント


5 台風の目の観測

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 関連項目

8 外部リンク


台風の動き

10月14日頃にヤップ島近海で形成が始まった低圧部に対し、合同台風警報センター(JTWC)は同日11時30分(UTC 14日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。低圧部は15日3時に熱帯低気圧になり[1]、JTWCは同日に熱帯低気圧番号25Wを付番した。25Wは16日3時(UTC 15日18時)にカロリン諸島の北緯9度40分、東経136度10分で台風となり[2][3]、アジア名ラン(Lan)と命名された[3]フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名パオロ(Paolo)と命名した。

20日時点で、平成27年台風第23号以来となる、強風域が半径800 km以上の「超大型」台風となった[4]。さらに、21日午前7時時点で、中心付近の最大風速が44 m/s以上の「非常に強い勢力」の台風に成長した[5]。成長した21号は、近畿地方や東海地方を暴風域に巻き込みながら速度を上げて東海沖を進んだ[6]。(ただし、後の確定値の誤りが発見されたため、正確には、21日午後9時に、「非常に強い勢力」に達したことになっている。)[7]

23日3時ごろ、21号は「非常に強い」勢力から「強い」勢力へと弱めたものの、「超大型」を維持した状態で静岡県掛川市付近に上陸した[8]。上陸時の中心気圧は950hPa、最大風速は40m/sだった。「超大型」での日本への上陸は、確実な記録の残る1991(平成3)年以降で初めてである[6]。また、10月23日に台風上陸という記録は、統計史上一年の中で3番目に遅いものである[9]。上陸した21号は神奈川県や東京都を通過し、23日8時ごろに茨城県日立市沖に抜けた[10]。23日9時、福島県沖の北緯37.2度、東経141.5度で温帯低気圧に変わった[11]。(しかし、これも確定値に誤りがあったため、23日21時ごろ、21号は「非常に強い」勢力から「強い」勢力へと弱めたことに変更されている)

上陸日時が(一年の中で)遅い台風順位名称国際名上陸日時上陸地点
1第28号/平成2年台風第28号Page1990年11月30日 14時30和歌山県白浜町
2第34号/昭和42年台風第34号Dinah1967年10月28日 3時30分23愛知県南部
3第21号/平成29年台風第21号Lan2017年10月23日 3時22静岡県掛川市付近
4第23号/平成16年台風第23号Tokage2004年10月20日 13時39高知県土佐清水市付近
5第26号/昭和30年台風第26号Opal1955年10月20日 12時30和歌山県田辺市付近
6第20号/昭和54年台風第20号Tip1979年10月19日 9時30分30和歌山県白浜町付近
7第10号/平成10年台風第10号Zeb1998年10月17日 16時30分46鹿児島県枕崎市付近
8第19号/昭和62年台風第19号Kelly1987年10月17日 0時39高知県室戸市付近
9第15号/ルース台風
(昭和26年台風第15号)Ruth1951年10月14日 19時46鹿児島県いちき串木野市(現)付近
10第19号/平成26年台風第19号Vongfong2014年10月13日 8時30分46鹿児島県枕崎市付近



気象状況10月22日、東海地方に接近の台風21号

1991年以降の台風で初めて超大型の状態で上陸した。10月後半の遅い時期に日本付近に接近し、また超大型であることもあり、大陸部の高気圧との気圧差が大きくなり通常の台風とは異なり進行方向左側にあたる西日本を中心に暴風が吹き荒れた。西日本では局地風によってさらに風が強まった地域があり、神戸市では六甲颪によって1965年以来52年ぶりの暴風となり、岡山県奈義町でも広戸風による暴風が発生した。本州南岸に停滞する前線および台風本体の雨雲により、西日本から東北地方までで大雨となり[12]、特に台風からの湿った風がぶつかる紀伊半島の和歌山県、奈良県、三重県を中心に24時間降水量400ミリ前後の大雨となった。また、大潮の時期と重なったために高潮となった地域があった[12]


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:104 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE