平将門
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には参考文献外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年11月)

 凡例平将門
築土神社旧蔵の平将門像。後年の作と思われるが制作年代は不明[注釈 1]
時代平安時代中期
生誕不詳
死没天慶3年2月14日940年3月25日
別名豐田小次郎、相馬小次郎、滝口小次郎、新皇
墓所東京都千代田区将門塚(首塚)茨城県坂東市・延命院(胴塚)
氏族桓武平氏房総平氏
父母父:平良将、母:県犬養春枝女(あがたのいぬかいのはるえのむすめ)
兄弟将持、将弘、将門、将頼将平
将文、将武将為
妻正室:平真樹の娘・君の御前:平良兼の娘
側室:藤原村雄の娘?・桔梗姫[注釈 2]など
良門将国、景遠、千世丸、五月姫春姫平忠頼室)、如蔵尼

平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東豪族

平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫[注釈 3]

下総国常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。

しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。

死後は御首神社築土神社神田明神国王神社などに祀られる。武士の発生を示すとの評価もある。合戦においては所領から産出される豊富なを利用して騎馬隊を駆使した。
目次

1 生涯

1.1 生年について

1.2 生い立ちと平氏一族の争い

1.3 平将門の乱

1.3.1 補足



2 評価の変遷

3 伝説

3.1 調伏伝説

3.2 首の伝説

3.3 将門一族の伝説


4 子孫

5 関連作品

6 祭り

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク

生涯

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年6月)
平将門像(茨城県坂東市)
生年について

平将門の生年は9世紀終わり頃から10世紀初めとされるが、正確な生年は不詳である。一説には討ち取られた年齢が38歳(満37歳)とされることから、延喜3年(903年)とする[1]元慶8年(884年)頃とする説もある[注釈 4]
生い立ちと平氏一族の争い

父の平良将下総国佐倉(現千葉県佐倉市)が領地と伝えられ、同市には将門町という地名も残っているが、根拠となる史料はない。また、母[注釈 5]の出身地である相馬郡で育ったことから「相馬小次郎」と称したとされているが、これは相馬郡に勢力があったということではなく、実際の勢力範囲は同国の豊田猿島両郡であったと考えられている。将門は地方より15 - 16歳のころ平安京へ出て、藤原北家氏長者であった藤原忠平を私君とする(主従関係を結ぶ)。将門は鎮守府将軍である父を持ち、自らも桓武天皇の五世であったが、藤原氏の政権下では滝口の衛士でしかなく、人柄を忠平に認められていたものの官位は低かった。将門は12年ほど在京して、当時軍事警察を管掌する検非違使の佐(すけ)や尉(じょう)を望んだが入れられなかった(日本外史神皇正統記は「それを恨みに思って東下して反逆を犯した」とするが、現実的でなく、謀反は「制度に対しての行動」としている『山陽外史』[3]の見方がある)。この後将門は東下する。この東下の際、叔父の平国香平貞盛の父)らが上野国花園村(現群馬県高崎市)の染谷川で将門を襲撃したが、叔父で国香の弟にあたる平良文が将門を援護し、これを打ち破っている[4]。ただし、この戦は後の蚕飼川の戦い(子飼渡の合戦とも)がモデルで、妙見神を讃えるために創作されたもので実在しなかったという説もある[5]

以後「平将門の乱」へつながる騒擾(そうじょう)がおこるのだが、それらの原因についていくつかの説があり、いまだ確定できていない。

長子相続制度の確立していない当時、良将の遺領は伯父の国香(國香)や良兼に独断で分割されていたため争いが始まった、という説。

常陸国茨城県)前大掾源護の娘、或いは良兼の娘を巡り争いが始まったとする説(『将門記』などによる)。

源護と平真樹の領地争いへの介入によって争いが始まったとする説[注釈 6]

「源護・源護の縁者と将門の争い」ではないかとも言われている(将門が当初は伯父らと争っているため、「坂東平氏一族の争い」と見られがちだが、国香・良兼・良正は源護の娘を娶っており、将門の父の良将とは違うことから)。

承平5年(935年)2月に将門は源護の子・らに常陸国真壁郡野本(筑西市)にて襲撃されるが、これらを撃退し扶らは討ち死にした。そのまま将門は大串・取手(下妻)から護の本拠である真壁郡へ進軍して護の本拠を焼き討ちし、その際に伯父の国香を焼死させた。同年10月、源護と姻戚関係にある一族の平良正は軍勢を集め鬼怒川沿いの新治郷川曲(八千代町)に陣を構えて将門と対峙(たいじ)するが、この軍も将門に撃破され、良正は良兼に救いを求め、静観していた良兼も国香亡き後の一族の長として放置できず国香の子の平貞盛を誘って軍勢を集め、承平6年(936年)6月26日上総国を発ち将門を攻めるが、将門の奇襲を受けて敗走、下野国栃木県)の国衙に保護を求めた。将門は下野国国府を包囲するが、一部の包囲を解いてあえて良兼を逃亡させ、その後国衙と交渉して自らの正当性を認めさせて帰国した。

同年、源護によって出された告状によって朝廷から将門と平真樹に対する召喚命令が出て、将門らは平安京に赴いて検非違使庁で訊問を受けるが、承平7年(937年)4月7日の朱雀天皇元服の大赦によって全ての罪を赦される。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE