市川雷蔵_(8代目)
[Wikipedia|▼Menu]

はちだいめ いちかわ らいぞう
八代目 市川 雷蔵

『次男坊判官』(1955年昭和30年)、大映)
屋号升田屋
定紋三升の中に雷 
生年月日1931年8月29日
没年月日(1969-07-17) 1969年7月17日(37歳没)
本名太田吉哉
襲名歴1. 二代目市川莚蔵
2. 八代目市川蕾蔵
別名亀崎章雄(出生名)
竹内嘉男(旧名)
出身地 日本京都府京都市中京区
職業歌舞伎役者俳優
ジャンル映画テレビドラマ舞台
活動期間1944年 - 1969年
三代目市川九團次(養父)
三代目市川壽海(養父)
妻太田雅子(永田雅一養女)
当たり役
眠狂四郎
主な作品
時代劇
眠狂四郎』シリーズ(12作)
忍びの者』シリーズ(8作)
『濡れ髪』シリーズ(5作)
』シリーズ(3作)
炎上
『弁天小僧』
新・平家物語
現代劇
陸軍中野学校』シリーズ(5作)
『若親分』シリーズ(8作)
ある殺し屋
華岡青洲の妻
ぼんち

受賞
ブルーリボン賞
主演男優賞
 1958年 『炎上』『弁天小僧』
その他の賞
キネマ旬報主演男優賞受賞
 1958年 『炎上』
 1967年 『華岡青洲の妻』、『ある殺し屋
NHK映画最優秀主演男優賞
 1958年 『炎上』
 1967年 『華岡青洲の妻』
伊『シネマ・ヌオボ』誌最優秀男優賞
 1958年 『炎上』

表示

八代目 市川 雷蔵(はちだいめ いちかわ らいぞう、1931年昭和6年)8月29日 - 1969年昭和44年)7月17日)は、歌舞伎役者・日本の俳優。出生名は亀崎 章雄(かめざき あきお)。後に本名を竹内 嘉男(たけうち よしお)、さらに太田 吉哉(おおた よしや)に改名した。


目次

1 概要

2 生涯

2.1 誕生・三代目市川九團次の養子となる(1931年8月 - 1933年)

2.2 歌舞伎役者となる(1934年 - 1949年5月)

2.3 三代目市川壽海の養子となる(1949年6月 - 1951年6月)

2.4 映画俳優に転身(1951年7月 - 1957年)

2.5 トップスターとなる (1958年 - 1968年5月)

2.6 晩年・37歳で早世(1968年6月 - 1969年7月17日)

2.7 死後(1969年7月17日 - )


3 家族

4 受賞歴

5 評価

5.1 演技

5.2 容姿


6 勝新太郎との比較

7 出演作品

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 関連書籍

11 関連項目

12 外部リンク


概要

生後6か月のときに三代目市川九團次の養子となり、15歳のとき市川莚蔵を名乗って歌舞伎役者として初舞台を踏む。1951年昭和26年)に三代目市川壽海の養子となり八代目市川雷蔵を襲名。1954年昭和29年)に映画俳優に転身。1959年昭和34年)の映画『炎上』での演技が評価され、キネマ旬報主演男優賞受賞、ブルーリボン賞主演男優賞などを受賞。1960年代には勝新太郎とともに大映の二枚看板(カツライス)として活躍した。ファンから「雷(らい)さま」と親しまれた。1968年昭和43年)6月直腸癌を患っていることがわかり、手術を受けるが肝臓に転移、翌年7月17日に死去した。
生涯
誕生・三代目市川九團次の養子となる(1931年8月 - 1933年)

市川雷蔵は1931年昭和6年)8月29日京都府京都市中京区西木屋町神屋町で誕生した。出生時の名は亀崎 章雄といった。生後6か月の時に伯父で歌舞伎役者三代目市川九團次の養子となり、本名を竹内 嘉男と改名した[1]

映画評論家の田山力哉によると、雷蔵が養子に出された経緯は次のとおりである。雷蔵の父は母が雷蔵を妊娠中に陸軍幹部候補生として奈良に移り、母は父の生家に留まった。しかし母は父の親族のいじめに遭い、母は父に助けを求めたが無視されたため、たまりかねて実家に戻って雷蔵を出産[2][3]。その時までに両親の仲は決裂しており、母は1人で雷蔵を育てるつもりだったが、間もなく父の義兄にあたる三代目九團次が雷蔵を養子として引き取ると申し出た。母ははじめこの申し出を断ったが最終的に同意、雷蔵は九團次の養子となった[4][3]。雷蔵自身が九團次の養子であることを知ったのは16歳の時[5]、実母との対面を果たしたのは30歳を過ぎてからのことだった[6]
歌舞伎役者となる(1934年 - 1949年5月)

三代目九團次の養子となってからおよそ2年が過ぎた1934年、雷蔵は京都から大阪へ移った。九團次は幼少期の雷蔵に歌舞伎役者の修行をさせなかった[7]が、1946年、3年生の時に大阪府立天王寺中学校 (現在の大阪府立天王寺高等学校) を退学して歌舞伎役者になる道を選んだ[† 1][8][9]

1946年11月、15歳の時に大阪歌舞伎座で催された東西合同大歌舞伎の『中山七里』の娘おはなで市川 莚蔵(いちかわ えんぞう、養父・三代目市川九團次の前名[10])を二代目として名乗り初舞台を踏んだ[11]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:159 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE