工学
[Wikipedia|▼Menu]

工学(こうがく、engineering)とは、

エネルギー自然の利用を通じて便宜を得る技術一般[1]

数学自然科学を基礎とし、ときには人文科学社会科学知見を用いて、公共の安全健康福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問[2]

工学が対象とする領域は広く、様々な分野に細分化されている。


目次

1 概要

2 歴史

2.1 古代

2.2 ルネサンス期

2.3 近現代


3 コンピュータの利用

4 社会的状況

5 他の学問分野との関係

5.1 科学

5.2 医学と生物学

5.3 芸術

5.4 その他


6 工学の分野一覧

7 脚注・出典

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク


概要風力発電所(風力発電機群)。
風力発電所ひとつをとっても「再生可能エネルギーを用いて電力を供給する」という実用的な目的の実現の為に、装置群を設計し、製造し、適切な場所に設置し、適切に運用する必要があり、そのためにはエネルギー問題に関する知識、環境問題に関する知識流体に関する知識機械に関する知識材料に関する知識電気的な知識制御装置などの知識経済性に関する知識気象学的な知識や地域・場所ごとに全く異なる量に関する具体的なデータ、用地確保や海洋上での設置に関わる法律的な知識、騒音規制に関する法的知識や自治体ごとの条例の調査、風車ブレードに衝突してくることがある鳥の習性に関する知識 等々、様々な分野の知識を結集する必要があり、また事前にアセスメントを行い、発注者や設置地域住民等々に対してアカウンタビリティを果たす必要があり、現代の工学問題の実例となっている。

日本の国立8大学の工学部を中心とした「工学における教育プログラムに関する検討委員会」の文書(1998年)では、次のように定義されている。工学とは数学自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学知見を用いて、公共の安全健康福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問である。[2]

工学は大半の分野で、理学の分野である数学物理学化学等々を基礎としているが、工学と理学の相違点は、ある現象を目の前にしたとき、理学は「自然界(の現象)は(現状)どうなっているのか」や「なぜそのようになるのか」という、既に存在している状態の理解を追求するのに対して、工学は「どうしたら、(望ましくて)未だ存在しない状態やモノを実現できるか」を追及する点である[3]。或いは「どうしたら目指す成果に結び付けられるか」という、人間社会で利用されること、という合目的性を追求する点である、とも言える。

したがって工学では安全性経済性、運用・保守性といった、実用上の観点の価値判断が重要である。使用できる時間・人員・予算等といった資源の制約の中、工学的目的を達成するための技術的な検討とその評価を工学的妥当性と言い、工学的な性質の分析には、環境適合性、使いやすさ、整備のしやすさ (Maintainability)、生涯費用(ライフサイクルコスト)など、(質量、速度などのある意味、即物的で一意的に測定できる性質とは違った、人間がある配慮のもとに構成した) <<評価方法>> が必要なものが多い。そうした評価方法の開発も工学の重要な分野とされる。

また公共の福祉に対する配慮も必要であり、工学各分野の学会(電気学会土木学会など)では倫理的な内容を盛り込んだ信条規定(Creed)が定められている。 工学には、他の学問の成果を社会還元するための技術開発という面もあるが、近年はそれに加えて、その技術の適用にあたっての長所短所調査アセスメント)、調査結果とともに調査過程の資料を公表説明すること(アカウンタビリティ)が求められるようになってきている。

現代の我々が用いている意味での "engineering" という用法・概念は18世紀になって生まれたものであるが、その概念に合致するような営みは、実際には古代から行われていたとも考えられている。(→#歴史

工学を実践する者を「エンジニア engineer」あるいは「技術者」と呼ぶ。日本では技術者の公式な資格の一つに技術士がある。
歴史

工学という用語や概念自体は歴史的に見れば比較的新しいものであるが、現代の「工学」という概念で照らしつつ人類の歴史を遡って眺めてみれば、それに相当するものは実際上は古代から存在していたと言うこともできる。

"engineering" という言葉・概念は比較的新しいもので、先に "engineer"(技術者)という言葉が存在していた。"engineer" は "engine" に接尾辞 "-er" がついた形で「機関の操作者」を意味し、1325年ごろ文献に現れたときには「軍用兵器の製作者」を意味していた[4]。当時、"engine" には「戦争に使われる機械仕掛け」(例えばカタパルト)すなわち「兵器」という意味があった。"engine" の語源1250年ごろラテン語の ingenium からできた語で、ingenium は「先天的な特性、特に知能」を意味し、そこから派生して「賢い発明品」を意味した[5]

後に民間の橋や建築物の建設技法が工学分野として円熟してくると、civil engineering[6] (日本語にあえてすれば土木工学)と呼ばれるようになった。これは "engine" が元々「兵器」を意味していたことから、軍事とは無関係の分野であることを示すために "civil"(市民)とつけたものである。

つまり、古くは "engineering" という語は military engineering 軍事技術だけを意味していたことがある[1]。だが、18世紀以降は civil engineering(=軍事以外の技術)が発展し、それ以来 engineering という言葉は、エネルギーや資源を利用しつつ便宜を得る技術一般[1]を指すようになったのである。

近代的な「工学」と概念は上記のような経緯で形成されたわけであるが、そうした近代的な「工学」に合致するものを人類の歴史を遡ってあらためて探してみると、すでに古代にもそれは見つかる。古代の人々が滑車梃子車輪といった基本的機構を発明したころから存在していたことになる。基本的な機械的(物理的)原理を利用して便利な道具やモノを作るという意味で、これらの発明も工学の現代的定義に合致しているのである。
古代

アレクサンドリアの大灯台エジプトピラミッドバビロンの空中庭園ギリシャアクロポリスパルテノン神殿古代ローマローマ水道ローマ街道コロッセオマヤ文明インカ帝国アステカテオティワカンなどの都市やピラミッド、万里の長城などは、古代の工学の精巧さと技能を示している。

最古の名の知られている土木技術者としてイムホテプがいる[6]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE