嵐寛寿郎
[Wikipedia|▼Menu]

あらし かんじゅうろう
嵐 寛壽郎

本名高橋 照一
たかはし てるいち
別名義嵐 徳太郎
あらし とくたろう
嵐 和歌太夫
あらし わかだゆう
嵐 長三郎
あらし ながさぶろう
生年月日 (1902-12-08) 1902年12月8日
没年月日 (1980-10-21) 1980年10月21日(77歳没)
出生地 日本京都府京都市木屋町
職業俳優 
ジャンル歌舞伎映画テレビドラマ
活動期間1919年 - 1980年
活動内容1921年:歌舞伎界に入る
1927年マキノ・プロダクションに入社、映画デビュー
1928年嵐寛寿郎プロダクション(第1次)設立
1929年東亜キネマに入社 1931年:嵐寛寿郎プロダクション(第2次)設立
1938年日活に入社
1942年大映に移籍
1956年新東宝に入社
1961年:フリーとなる
著名な家族義兄:六代目嵐徳三郎
従妹:森光子
甥:山本竜二
主な作品
鞍馬天狗』シリーズ
右門捕物帖』シリーズ
明治天皇と日露大戦争
網走番外地』シリーズ
神々の深き欲望

 受賞
日本アカデミー賞
優秀助演男優賞
1979年 『オレンジロード急行』『ダイナマイトどんどん
その他の賞
毎日映画コンクール
男優助演賞
1968年神々の深き欲望
牧野省三
1974年

表示

嵐 寛壽郎(あらし かんじゅうろう、新字体:寛寿郎、1902年12月8日 - 1980年10月21日)は、日本映画俳優映画プロデューサーである。本名高橋 照一[注釈 1](たかはし てるいち)。

戦前・戦後期にわたって活躍した時代劇スターで、300本以上の映画に出演し、「アラカン」の愛称で親しまれた。同時代の時代劇スターの阪東妻三郎大河内伝次郎片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた[1]。当たり役は鞍馬天狗と『右門捕物帖』のむっつり右門で、前者は40本、後者は36本シリーズ化されている。また、新東宝の『明治天皇と日露大戦争』では、俳優の中で初めて天皇を演じて話題となった(本作では明治天皇を演じた)。晩年は東映任侠映画で助演し、テレビドラマでも活躍した。

祖父は文楽の人形遣いの初代桐竹紋十郎。叔父は俳優の六代目嵐徳三郎[注釈 2]。従妹は女優の森光子で、甥にAV男優山本竜二がいる。自宅は嵐山にあった。
目次

1 来歴

1.1 歌舞伎界へ

1.2 映画界へ

1.3 嵐寛寿郎プロダクションの設立

1.4 大映・新東宝時代

1.5 晩年


2 人物

3 エピソード

3.1 アラカンと鞍馬天狗

3.2 アラカンとむっつり右門

3.3 アラカンと寛プロ


4 おもな出演作品

4.1 映画

4.2 テレビドラマ


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク

来歴

1902年(明治35年)12月8日京都市木屋町三条下ルに生まれる。「無芸だった」という父親が奉公していた手前、縄手に住む祖母(夫が桐竹紋十郎)の経営する料理旅館「葉村屋」に預けられた。

満十歳の時、母親の「芸事より固い商売を」との方針で、弥栄尋常小学校を五年で中退、七條大宮の衿屋に丁稚奉公させられる。「睡眠5時間、おかずは沢庵二切れのみ、月給一円、休みは月に一度だけ」という殺人的重労働に「まるで留置場やった」と述懐している。

丁稚時代、月に一度の休日に活動写真を観に行くことだけが愉しみで、尾上松之助の忍術トリック映画や、ニコニコ大会バスター・キートンチャールズ・チャップリンハロルド・ロイドの混載興行)に熱中していた。のちに、チャップリンの「キッド」が鞍馬天狗と杉作とのからみに、キートンの無表情さがむっつり右門の演技に、それぞれ大きな影響になったと述懐している。
歌舞伎界へ

1919年(大正8年)、手代から番頭に出世しようという17歳のときに、主人が死去。一から丁稚のやり直しは御免と、祖母に頼んで愛知県岡崎市で巡業中の片岡松之助の一座に加入。「食事は卵に味噌汁付き、給金五円」の待遇に「丁稚奉公のツキイチとは雲泥の差やった」と述べている。一座ではちょうど片岡義士劇の大石主悦役の役者が女をこしらえ逐電したところで、「嵐徳太郎」の芸名をもらい、数えで18歳でいきなり主悦役の初舞台を踏む。この義士劇にはチャンバラがあり、ここで殺陣を覚えた。

当人はこれでかなり自惚れたというが、片岡義士劇では役はいつまでたっても大石主悦役のみだった。「飲む打つ買う」の巡業生活に染まって、オイチョカブに誘われ、松江の巡業先で大事な衣装の紋付まで質に入れる大負けとなり、着の身着のまま京都へ逃げ帰る[注釈 3]

1921年(大正10年)、初代中村扇雀(中村鴈治郎)一座の、当時「ちんこ芝居」と呼ばれた「関西青年歌舞伎」に加わり、女形となる。ここには市川寿之助のほか、のちに映画に移る市川百々之助、市川右一(のちの市川右太衛門)、林長丸(のちの長谷川一夫)など将来のライバルたちが同期生所属していて、百々之助、右太衛門、長丸、アラカンの四人が揃って腰元役で舞台を踏んだこともあったという。「不謹慎にいえば、オイチョカブのおかげで桧舞台を踏むことがでけた」と語っている。芝居の世界は女買いが盛んで、若い徳太郎は酒は飲めなかったが「モテにモテて」、粋筋から引く手あまただったが、女郎を買うときは必ず根引き(独占)にしていた。

1923年(大正12年)、腰元役ばかりでうだつの上がらぬ現状に不満を抱き、「桐竹紋十郎の孫なんぞ大歌舞伎の世界では通用しない」と悟った嵐徳太郎は、「二流の小屋でもいいから芝居らしい芝居がしたい」と東京宮戸座で「大衆歌舞伎」を掲げた叔父の徳三郎の一座に加入。この夏、好きになった年増の芸妓と駆け落ちを決意。出奔の当日9月1日正午に関東大震災が発生。結局女も金も失い、失意のまま京都へ戻り、「しばらくふぬけていた」という。

しばらくして叔父の徳三郎が東京から引き揚げ、先々代片岡仁左衛門を「うわのせ(特別出演)」して、大阪松島の八千代座での旗揚げ公演を決定。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:77 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE