[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、山岳について説明しています。その他の用法については「山 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
蓼科山

プロジェクト 山

山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。


目次

1 概要

2 山の高さ

3 山の形成

3.1 山の部分名称

3.2 山の形状


4 山の気候と生物

5 山と人間

5.1 居住と利用

5.2 信仰と観光


6 各大州の高峰

6.1 アフリカ

6.2 北アメリカ

6.3 南アメリカ

6.4 南極

6.5 アジア

6.6 ヨーロッパ

6.7 オセアニア


7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク


概要

平坦かつ標高の高い地形台地高地高原と言う。山の複合的なものを山岳(連山、山地、山脈)と呼び、また山岳のうちでも標高が高く目立つ頂点の部位を山と呼ぶ。通常、陸上のものを指して山と言い、海中の山は海山と言う。また人工的に作った山は築山と言う。比較的小規模な山を丘陵、岡と呼ぶことがあるものの、山との区別は明確でない。山の定義に、周囲との相対的な高さが用いられる場合もあり、例えばブリタニカ百科事典では、相対的に2,000フィート(610m)の高さを持つものを山としている。
山の高さヒマラヤ山脈

山の高さ(標高)は、海面の延長であるジオイドからの距離とすることが一般的であり、これを海抜(かいばつ)と言う。地球上の最高峰(最も高い山)はヒマラヤ山脈エベレスト(海抜8848m)とされているが、海抜以外の指標により最高峰を選ぶことも可能である。例えば、地球中心から見た最高峰は南米アンデス山脈チンボラソ山(海抜6310m)である。地球は自転の遠心力により回転楕円体となっていて、赤道付近がふくらんでいる。そのため、赤道からわずか150kmにあるチンボラソ山は、エベレストより2150mも地球中心から見て高くなっている。ハワイマウナケア山も海抜では4205mだが、太平洋底から一気に9000mもせり上がっており、基盤部分からの標高では世界最高峰となっている。(七大陸最高峰も参照。)

日本国内では、最高峰は富士山(標高3776m)である。対して最も低い山は仙台市日和山(標高3m)[1]であるが、山の定義や地形学的分類あるいは地図作成測量により捉え方は様々であり、最も低い山の決定が難しい。

地球以外の天体では、ジオイドに相当する面からの距離を標高とする。ただし、地球以外の天体には海面がないので、天体ごとに恣意的に定義する。たとえば、火星でジオイドに相当するアレイドは、温度0.01で気圧610.5パスカルとなる面である。日本語では地球上、地球外共に「山」であるが、英語ではMonsといい、地球の山と区別される。

なお、太陽系で知られている最高峰は火星オリンポス山であり、標高は約270000m(27q)に達する。火星にはこのほかにもアルシア山(標高19km)やアスクレウス山(標高18km)、パボニス山(標高14km)といった、地球よりもはるかに高い火山が存在する[2]が、これは火星にプレートテクトニクスが存在せず、マグマの吹き出すホットスポットが移動しないため溶岩が同じ場所に堆積し続けたためと考えられている[3]
山の形成北太平洋海底の地形図。画像右下のハワイ諸島から西に向けて北西ハワイ諸島、さらに北に向きを変えて天皇海山群と呼ばれる島および海山の列が確認できる

山は、大陸移動(プレート移動)に伴う褶曲断層運動隆起火山活動堆積浸食などの地理的要因により形成される。このうち最も大規模な山岳形成はプレート移動によってなされ、世界の2大造山帯であるアルプス・ヒマラヤ造山帯環太平洋造山帯はいずれもプレート移動により形成されたものである。アルプス・ヒマラヤ造山帯に属するヒマラヤ山脈アルプス山脈は、かつて2つの大陸プレートに挟まれた浅い海だったが、大陸プレート同士の衝突により地面が押し上げられて成立した。このような山の成立過程を造山運動と言う。ロシアのウラル山脈や北米東岸のアパラチア山脈は、ずっと以前の造山運動の痕跡である(造山運動終了後に浸食などで削られた)。環太平洋造山帯は太平洋プレートが各大陸プレートに沈み込みを起こして形成されるものであり、その名の通りアンデス山脈ロッキー山脈日本列島など太平洋を取り囲むようにして大山脈が連続する形になっている。この2つの造山帯はいずれもプレート同士の衝突によって形成されるものだが、そのほかにプレートが生み出され広がりつづける発散型境界においても山脈が形成される。この発散型境界の多くは海底に存在し、海嶺と呼ばれることが多い。大西洋を南北に貫く大西洋中央海嶺などが代表例である。

火山の多くはプレートの拡大もしくは収縮地点の側に存在し、そのため上記造山帯の付近にほとんどの火山が存在するものの、まれにプレート境界とは全く関係ない場所においてマグマが継続的に供給され火山が成立する場合がある。これはホットスポットと呼ばれ、ハワイ島のマウナケア山などが代表例である。このホットスポットはプレートの動きとは無関係であるため、プレートが移動してもその地点に山岳を形成し続ける。古い火山島はホットスポットから離れるにしたがってなどによって浸食されていき、やがて海面下に没して海山となる。

断層運動により断層面から見た一方が上昇又は下降することにより山が形成されることもあり、例としては日本の六甲山地養老山地などがある。地殻変動に伴って地面が上昇する隆起により山が形成された例には、日本の北上山地阿武隈高地などがある。火山活動を成因とする山は、富士山阿蘇山のような活火山のほか、荒島岳のようにかつての火山が浸食されてできたものもある。
山の部分名称

上の部分 - 山頂、頂(いただき)、剣が峰(けんがみね、火山の噴火口の周縁・富士山頂)、山巓(さんてん)

中間部分 - 山腹(さんぷく)、中腹(ちゅうふく)

下の部分 - 山麓(さんろく)、麓(ふもと)、山すそ

山の形状

山はそれぞれ特徴のある形状であり[4]、それにちなんだ山名のものもある。深田久弥は『日本百名山』の著書などで、それぞれの山(槍ヶ岳、開聞岳、恵那山、鹿島槍ヶ岳など)の山容の特徴について詳しく記載している[5]。山の形状の例は以下となる。

鋭く尖った山容 - 槍ヶ岳剱岳宝剣岳利尻山冠山高千穂峰など

円錐形 - 成層火山富士山後方羊蹄山開聞岳など

なだらかな山容 - 形の櫛形山恵那山御池岳など


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:56 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE