少年保護手続
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

少年保護手続(しょうねんほごてつづき)とは、日本における刑事司法制度の一つであり、家庭裁判所少年法第2章の規定に従って非行少年の性格の矯正及び環境の調整に関する措置(同法1条参照)を行う手続をいう。

少年保護手続は、非行少年の再非行の抑止や更生を目的としており、決定までの過程として、「非行事実を家庭裁判所に送致・通告 - 家庭裁判所調査官(以下「調査官」と略称する)等による調査 - 調査結果をふまえた審判 - 必要に応じて保護的措置あるいは保護処分を決定」という流れを経るのが通例である。


目次

1 少年保護手続の特色

1.1 福祉的機能

1.2 司法的機能


2 非行少年

2.1 犯罪少年

2.2 触法少年

2.3 虞犯少年

2.3.1 虞犯事由

2.3.2 虞犯性



3 係属

3.1 犯罪少年の係属

3.1.1 送致

3.1.2 身柄拘束


3.2 触法少年及び虞犯少年の係属

3.3 管轄


4 保護者

5 付添人

6 被害者

6.1 記録の閲覧及び謄写

6.2 意見の聴取

6.3 傍聴

6.4 説明

6.5 通知

6.6 被害者の権利に関する立法論


7 調査

7.1 調査の意義

7.2 社会調査と保護的措置


8 観護措置

8.1 観護措置の意義

8.2 観護措置の手続

8.3 鑑別

8.4 面会及び通信


9 審判

9.1 審判開始の決定

9.1.1 審判に付することができないとき

9.1.1.1 審判条件不存在

9.1.1.2 非行なし

9.1.1.3 事実上審判不可能


9.1.2 審判に付するのが相当でないとき


9.2 審判期日

9.2.1 期日指定等

9.2.2 列席者等

9.2.3 審理の手続

9.2.4 非行事実の認定

9.2.5 要保護性の審理等

9.2.6 集団審判


9.3 試験観察

9.4 保護処分以外の終局決定

9.4.1 検察官送致の決定

9.4.1.1 年超検送

9.4.1.2 20条検送

9.4.1.3 原則検送事件

9.4.1.4 検察官送致後の捜査

9.4.1.5 刑事処分の手続


9.4.2 児童相談所長送致等

9.4.3 不処分

9.4.3.1 保護処分に付することができないとき


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:138 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE