小田急3000形電車_(初代)
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

小田急3000形電車
Super Express
3000形SE車
基本情報
運用者小田急電鉄
製造所日本車輌製造[1]川崎車輛[1]
製造年1957年 - 1959年
製造数32両
引退1991年
廃車1992年
主要諸元
編成8両連接車(登場当初)
5両連接車(1968年以降)
軌間1,067 mm
電気方式直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度110 km/h
設計最高速度147.5 km/h[4]
最高速度125 km/h[3]
起動加速度1.6 km/h/s[3]
減速度4.15 km/h/s[3]
編成定員348名(登場当初)[1]
316名(1962年以降)[1]
222名(1968年以降)[2]
自重編成表を参照
編成重量146.75t(登場当初)[6]
159t(1962年以降)[7]
113.47t(1968年以降)[2]
編成長108.1 m(登場当初)[1]
70.4 m(1968年以降)[2]
最大寸法
(長・幅・高)15,950mm×2,864mm×3,450mm[1](先頭車・登場当初)
16,150mm×2,864mm×3,450mm[2](先頭車・1968年以降)
12,700mm×2,864mm×4,015mm[1](集電装置付中間車)
12,700mm×2,800mm×3,450mm[1](集電装置無し中間車)
台車近畿車輛 KD17[3](電動台車)
近畿車輛 KD18[3](付随台車)
主電動機東洋電機製造 TDK806/1-A[3]
主電動機出力100kW[3]直巻整流子電動機端子電圧375V・定格回転数1,800rpm
駆動方式中空軸平行カルダン駆動方式
(撓み板継手方式)
東洋電機製造 DND143-SH9921[3]
歯車比78:21=3.71(登場当初)[3]
80:19=4.21(1968年以降)[2]
制御方式電動カム軸式抵抗制御
制御装置東京芝浦電気 MM-50A[1]
力行…17段
制動…14段
制動装置発電制動併用電磁直通制動 (HSC-D)[3]
保安装置OM-ATSATS-S[5]
備考設計最高速度は平坦線均衡速度を記述
第1回(1958年ブルーリボン賞受賞車両
テンプレートを表示

小田急3000形電車(おだきゅう3000がたでんしゃ)は、1957年から[8]1992年まで[9]小田急電鉄において運用された特急用車両[9]ロマンスカー)である。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:422 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE