小田急砂利軌道
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

砂利軌道(新磯軌道)
基本情報
日本
所在地 神奈川県
起点相武台前駅(1943-44年頃まで)、相武台下駅(1943-44年頃以降)
終点新磯鉱区
開業1934-35年頃
廃止1960年
所有者 小田急電鉄
運営者 小田原急行鉄道→小田急電鉄→東京急行電鉄→相模興業→小田急興業
車両基地新磯鉱区河岸
路線諸元
路線距離約4.3 km
軌間762 mm
線路数単線
電化方式全線非電化
最大勾配約20パーミル
保安装置なし
テンプレートを表示

砂利軌道(新田宿軌道)
基本情報
日本
所在地 神奈川県
起点新田宿鉱区河岸部(開業時)、入谷駅(延長後)
終点新田宿鉱区
開業1934年
廃止1955年
所有者 小田急電鉄
運営者 小田原急行鉄道→小田急電鉄→東京急行電鉄→相模興業→小田急興業
車両基地新田宿鉱区河岸
路線諸元
路線距離約3km
軌間762 mm
線路数単線
電化方式全線非電化
保安装置なし
テンプレートを表示

小田急砂利軌道(おだきゅうじゃりきどう)は、かつて神奈川県座間市相武台相武台前駅から神奈川県相模原市南区磯部の新磯鉱区(新磯軌道)、座間市入谷の入谷駅から座間市新田宿の新田宿鉱区(新田宿軌道)を結んでいた小田急電鉄専用線である。なお、本軌道は相模川で採取した砂利を運搬するために運行されていたいくつかの鉄道路線のうち、小田急電鉄およびその前身の会社が保有していた2路線である。また、1937年陸地測量部地図に記載がある”小田急砂利軌道”の名称および、"新磯軌道"、"新田宿軌道"の名称はいずれも便宜的なものであり、例えば『小田急二十五年誌』、『小田急五十年誌』では単に砂利輸送用のトロリー線と呼称されている。


目次

1 概要

2 路線概要

2.1 新磯軌道

2.2 新田宿軌道


3 歴史

4 運行・車両

5 その他

5.1 小田急の砂利側線

5.2 小田急以外の砂利軌道


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 関連項目

8 参考文献


概要

1920年代から1960年代にかけての東京では、関東大震災からの復興、東京オリンピック第二次世界大戦からの復興や東京オリンピックに向けた建設ラッシュが起こっており、骨材としての砂利の需要が高い状態であり、河川での砂利採取が盛んであった。小田原急行鉄道(現小田急電鉄)では開業後1930年11月29日より、相模厚木駅(現本厚木駅)から東北沢駅間で砂利輸送を開始して多摩川や相模川で採取した砂利を東北沢からトラックにより東京市内へ出荷しており、後に川音川[注釈 1]酒匂川[注釈 2]中津川[注釈 3][1]で採取した砂利の輸送も行っていた。

相模川では1917年に相模川砂利合資会社、1919年には相模鉄道が砂利採取に参入[注釈 4]するなど、大資本による機械採取船を使用した動力採取がなされるようになっていた。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE