小田急砂利軌道
[Wikipedia|▼Menu]

砂利軌道(新磯軌道)
基本情報
日本
所在地神奈川県
起点相武台前駅(1943-44年頃まで)、相武台下駅(1943-44年頃以降)
終点新磯鉱区
開業1934-35年頃
廃止1960年
所有者小田急電鉄
運営者小田原急行鉄道→小田急電鉄→東京急行電鉄→相模興業→小田急興業
車両基地新磯鉱区河岸
路線諸元
路線距離約4.3 km
軌間762 mm
線路数単線
電化方式全線非電化
最大勾配約20パーミル
保安装置なし
テンプレートを表示

小田急電鉄 砂利軌道(新田宿軌道)
基本情報
日本
所在地神奈川県
起点新田宿鉱区河岸部(開業時)、入谷駅(延長後)
終点新田宿鉱区
開業1934年
廃止1955年
所有者小田急電鉄
運営者小田原急行鉄道→小田急電鉄→東京急行電鉄→相模興業→小田急興業
車両基地新田宿鉱区河岸
路線諸元
路線距離約3km
軌間762 mm
線路数単線
電化方式全線非電化
保安装置なし
テンプレートを表示

小田急砂利軌道(おだきゅうじゃりきどう)は、かつて神奈川県座間市相武台相武台前駅から神奈川県相模原市南区磯部の新磯鉱区(新磯軌道)、座間市入谷の入谷駅から座間市新田宿の新田宿鉱区(新田宿軌道)を結んでいた小田急電鉄専用線である。なお、本軌道は相模川で採取した砂利を運搬するために運行されていたいくつかの鉄道路線のうち、小田急電鉄およびその前身の会社が保有していた2路線である。また、1937年陸地測量部地図に記載がある”小田急砂利軌道”の名称および、"新磯軌道"、"新田宿軌道"の名称はいずれも便宜的なものであり、例えば『小田急二十五年誌』、『小田急五十年誌』では単に砂利輸送用のトロリー線と呼称されている。
目次

1 概要

2 路線概要

2.1 新磯軌道

2.2 新田宿軌道


3 歴史

4 運行・車両

5 その他

5.1 小田急の砂利側線

5.2 小田急以外の砂利軌道


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 関連項目

8 参考文献

概要

1920年代から1960年代にかけての東京では、関東大震災からの復興、東京オリンピック第二次世界大戦からの復興や東京オリンピックに向けた建設ラッシュが起こっており、骨材としての砂利の需要が高い状態であり、河川での砂利採取が盛んであった。小田原急行鉄道(現小田急電鉄)では開業後1930年11月29日より、相模厚木駅(現本厚木駅)から東北沢駅間で砂利輸送を開始して多摩川や相模川で採取した砂利を東北沢からトラックにより東京市内へ出荷しており、後に川音川[注釈 1]酒匂川[注釈 2]中津川[注釈 3][1]で採取した砂利の輸送も行っていた。

相模川では1917年に相模川砂利合資会社、1919年には相模鉄道が砂利採取に参入[注釈 4]するなど、大資本による機械採取船を使用した動力採取がなされるようになっていた。その後1930年代には大恐慌の影響はあったものの、多摩川での砂利採取が制限された[注釈 5]ことから相模川の需要は高まっており、小田急沿線においても、新座間駅(現座間駅)から現在の座間市四ツ谷の四ツ谷鉱区までの610mm軌間の砂利軌道(インクラインを併用、通称四ツ谷軌道)が1933年に敷設され[2]、本厚木駅から相模川と小鮎川の合流地点付近までの砂利軌道も存在していた(後述)。

このような状況の中、小田原急行鉄道では直営により相模川の砂利採取と販売に参入することとし、社内に砂利課が設けられ、1933年11月28日には神奈川県より相模川砂利採取が認可され[3]1934年にかけて座間村(現座間市)および新磯村(現相模原市南区)の利権者との新田宿と新磯の鉱区の契約を行い[1][注釈 6]11月1日に砂利採取販売を開始している[4]

新磯鉱区は現在の相模原市南区磯部の三段の滝下多目的広場付近から相模川内で砂利採取船で採取を行っており、採取した砂利を運搬するために1935年-1936年[5]に敷設された762mm、非電化の路線が新磯軌道であり、河原に設けた桟橋から小田原急行鉄道小田原線の座間駅(現相武台前駅)構内に設けた貨車への積替設備までの間を結んでいた。また、新田宿鉱区は現在の座間市四ッ谷から相模川内で同じく砂利採取船で採取を行っており、採取した砂利を運搬するための762mm軌間、非電化の新田宿軌道が敷設されている。新田宿軌道は、1934年の運行開始当初は河原に設けた桟橋から川岸の積替場までの区間となっており、砂利は積替場からトラックにて新座間駅(現座間駅)東側にあった貨車への積替設備まで運搬されていた[6]。砂利は小田原線の東北沢駅のホッパーまで貨物列車で輸送されたほか、南武鉄道との間の連絡線を経由して川崎方面へも販売されていた[7]

その後1931年厚木駅 - 橋本駅間が開業していた相模鉄道線(現相模線)を使用した砂利輸送が盛んになり、1935年の入谷駅開業(当初は貨物駅)に伴い、前述の四ツ谷鉱区からの四ツ谷軌道が新座間駅(現座間駅)での接続から入谷駅での接続に変更となり、また、同年には座間新戸駅(現相武台下駅)から同駅の側線が相模川岸の新戸鉱区の砂利採取場まで敷設されており、この頃には両鉱区とも相模鉄道が砂利採取を行っていた。そして小田急砂利軌道の2路線についても相模線への接続に変更され、積替えた砂利を積載した貨車を同線から厚木駅構内の連絡線を経由して小田急小田原線へ直通させる方法へ変更されている。新磯軌道は相武台前駅から現在の相模原市南区新戸付近までの区間が1937年に開設された陸軍士官学校の敷地と重なっており、同学校の拡大と土地買収に伴って1943年-1944年[5]に相模鉄道線の相武台下駅の北側に設けられた側線までの路線に変更されて同駅構内で貨車に積替えることとなり、一方、新田宿軌道は相模鉄道の入谷駅まで路線を延長し、同駅構内の積替え設備で貨車に積替えることとなっている。

1943年には新磯鉱区と新田宿鉱区の砂利採取業務が東京急行電鉄大東急。現小田急電鉄)から相模興業に委託されている。なお、同社は相模鉄道が有する四ツ谷鉱区、新戸鉱区、倉見鉱区などの砂利採取も受託していたが、新磯鉱区と新田宿鉱区の砂利採取業務は、1949年に同社と小田急電鉄により設立された小田急興業による受託に変更されている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE