対馬
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、島について説明しています。その他の用法については「対馬 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

対馬

所在地 日本 長崎県対馬市
所在海域日本海[1]
対馬海峡朝鮮海峡
所属諸島日本列島
座標北緯34度25分 東経129度20分 / 北緯34.417度 東経129.333度 / 34.417; 129.333 (対馬)座標: 北緯34度25分 東経129度20分 / 北緯34.417度 東経129.333度 / 34.417; 129.333 (対馬)
北端:北緯34度42分
南端:北緯34度5分
東端:東経129度30分
西端:東経129度10分
面積696.10(属島を含まない)[2]
708.5(属島を含む)[3] km²
海岸線長915(属島を含む)[4] km
最高標高648.5 m

プロジェクト 地形
テンプレートを表示

対馬(つしま)は、日本九州の北方の玄界灘にある、長崎県に属するで、島全域が対馬市の1島1市体制である。面積は日本第10位である[5]。島内人口は3万1105人である(2018年4月現在)。
目次

1 概説

2 地理概況

2.1 地形・地勢

2.2 地質・地史


3 気候

4 生物相

4.1 主な固有種・固有亜種

4.2 主な大陸系種

4.3 自然保護と環境行政


5 歴史

5.1 先史

5.1.1 神話


5.2 古代

5.2.1 白村江の戦い

5.2.2 刀伊の入寇


5.3 中世

5.3.1 元寇

5.3.2 康応の外寇

5.3.3 応永の外寇


5.4 近世

5.5 幕末・明治初期

5.6 町村制の施行

5.7 対馬要塞の建設

5.7.1 日本海海戦


5.8 連合軍占領下

5.9 宮本常一と離島振興法

5.10 戦後の繁栄と衰退


6 産業

6.1 農林業

6.2 水産業


7 民俗

7.1 九学会連合対馬調査

7.2 対馬の社会構造

7.3 生業の特色

7.4 対馬方言

7.5 対馬の民話

7.6 わらべ唄

7.7 石屋根

7.8 天道信仰

7.9 祭祀と葬制

7.10 行事

7.11 豆酘集落


8 韓国との交流

8.1 対馬の韓国での呼称

8.2 交流の概況

8.3 しま交流人口拡大特区


9 社会問題

9.1 環境問題

9.1.1 生態系保全

9.1.2 ゴミ問題


9.2 過疎問題

9.3 韓国人旅行客のマナー問題

9.4 韓国人ブローカーによる文化財の窃盗問題

9.5 領海侵犯・密漁問題


10 外交問題

10.1 韓国の対馬領有権主張

10.2 防衛問題

10.2.1 日本側の防衛体制

10.2.2 韓国側の動き

10.2.3 対馬島民による自衛隊増強要請


10.3 韓国資本の土地買収問題

10.4 外国人参政権問題


11 観光

11.1 観光地

11.1.1 名所

11.1.2 旧跡・史跡

11.1.3 社寺

11.1.4 交通景観

11.1.5 歴史民俗資料館

11.1.6 家屋景観

11.1.7 景勝地等

11.1.8 温泉


11.2 郷土料理

11.3 特産物

11.4 釣り場

11.5 海水浴場


12 交通

12.1 島内交通

12.2 島外への交通

12.2.1 航空

12.2.2 航路

12.2.2.1 国内航路

12.2.2.2 国際航路




13 メディア

13.1 放送・通信

13.2 新聞


14 脚注

14.1 注釈

14.2 出典


15 参考文献

16 関連ページ

17 関連項目

18 外部リンク

概説 歌川広重六十余州名所図会 対馬 海岸 夕晴』/安政2年(1856年)の作。

主島は対馬島(つしまじま、つしまとう)で、このほか属島として6つの有人島(海栗島、泊島、赤島、沖ノ島、島山島)と102の無人島がある[6]。この対馬島と属島をまとめて「対馬列島」「対馬諸島」とすることがある。古くは対馬国(つしまのくに)や対州(たいしゅう)、また『日本書紀』において、対馬島(つしま。3文字合わせてこう読むのが書紀古訓での伝統)と記述されていた。旧字体では對馬。

地理的に朝鮮半島に近いため、古くからユーラシア大陸日本列島の文物が往来し、日本にとっては大陸との文化的・経済的交流の窓口の役割を果たしてきた。現在は大韓民国からの観光客が増加しており、島内の至る所にハングルが併記された標識や案内を見ることができる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:221 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE