富山県
[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

地理・地域
広袤

節内の全座標を示した地図 - OSM
節内の全座標を示した地図 - Google
節内の全座標を出力 - KML
節内の全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示

国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、富山県の面積は4247.61平方キロメートルである[4]

国土地理院地理情報によると、富山県の東西南北それぞれの端は以下の位置である。加えて、および県境未確定地域に仮の境界線を入れて求めた重心も併記する。また統計局の ⇒平成27年国勢調査によると、人口重心は富山市呉羽本町付近にある。


重心
北緯36度38分21秒東経137度15分54秒
北端
北緯36度58分49秒東経137度38分06秒
↑人口重心
北緯36度43分05.37秒東経137度09分46.52秒
西端
北緯36度25分25秒東経136度46分06秒←富山県庁舎所在地
北緯36度41分43秒東経137度12分41秒東端
→北緯36度46分06秒東経137度45分48秒
 ↓
南端
北緯36度16分28秒東経136度58分31秒 

地理 地形図

日本中部地方(行政上の区分)、北陸地方

隣接都道府県:石川県 - 岐阜県 - 新潟県 - 長野県

※長野県とは険しい山脈に阻まれていて直結道がなく直接的な行き来が出来ない。しかし新潟県糸魚川市経由などで道路が確保されているため長野県へのアクセスはそれほど困難ではない。また1971年には富山県と長野県を直接結ぶ立山黒部アルペンルートが開通したが、運賃などの面で実用的な利用には向いておらず主に観光ルートとなっている。
県の中部には、概ね複数の河川が形作った沖積平野富山平野があり、山麓部には複数の川の扇状地が重なり合ってできた「複合扇状地」が見られる。 雨晴海岸(能登半島国定公園)

平野黒部川扇状地新川平野富山平野射水平野砺波平野

河川黒部川片貝川早月川常願寺川神通川庄川小矢部川(富山県の七大河川)

富山湾日本海

山地飛騨山脈北アルプス)、両白山地飛騨高地

立山剱岳

丘陵呉羽丘陵宝達丘陵

虻ガ島唐島男岩女岩仏島

自然公園 剱岳(中部山岳国立公園)

ジオパーク

立山黒部ジオパーク


国立公園

中部山岳国立公園






白山国立公園


国定公園

能登半島国定公園


県立自然公園

朝日県立自然公園

有峰県立自然公園

五箇山県立自然公園

白木水無県立自然公園

医王山県立自然公園

僧ヶ岳県立自然公園


県定公園

県定公園#県定公園一覧を参照


気候

富山県は日本海側気候であり、県内全域が豪雪地帯(一部地域は特別豪雪地帯)に指定されている[5]。夏はフェーン現象の影響で気温が上がり、高温多湿。標高の高い南部の山岳地帯は亜寒帯湿潤気候に属し寒さが厳しい。特に立山連峰は世界有数の豪雪地帯であり、立山および剱岳周辺には、日本では唯一の現存する氷河が確認されている。

富山県内各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典: ⇒気象庁・気象統計情報)平年値
(月単位)沿岸部内陸部
氷見高岡市
伏木富山魚津朝日町
富山市
秋ケ島上市富山市
八尾砺波南砺市
南砺高宮
平均
気温
(°C)最暖月25.4
(8月)26.3
(8月)26.1
(8月)25.5
(8月)26.1
(8月)23.9
(8月)25.6
(8月)25.4
(8月)25.0
(8月)
最寒月2.1
(2月)2.6
(2月)2.5
(1,2月)2.4
(2月)3.0
(2月)0.2
(2月)1.8
(2月)1.8
(2月)1.6
(2月)
降水量
(mm)最多月245.3
(12月)249.4
(12月)255.4
(1月)265.8
(7月)295.5
(11月)330.9
(7月)304.7
(1月)265.8
(1月)302.3
(1月)
最少月111.1
(4月)115.7
(4月)122.5
(4月)145.5
(4月)141.2
(4月)181.7
(4月)127.4
(4月)115.6
(4月)126.6
(5月)

地域区分富山市高岡市魚津市氷見市滑川市黒部市砺波市小矢部市南砺市射水市1上市町立山町入善町朝日町 富山県の自治体 /  表示 
略数字 : 1.舟橋村

伝統的に富山平野の中央部にある呉羽丘陵を境に東を呉東(ごとう)、西を呉西(ごせい)と呼んでいた。現在では市町村界によって区切った県東部・県西部という名称も使われている[6]。おおむね呉東・呉西に一致するが、富山市の呉羽地区及び婦負地区(旧婦負郡)の一部は呉西でありながら県東部に属する。また、富山市婦負地区は、かつて気象庁の地方区分では県西部(西部婦負)に属していたが、行政区分との統一を図るため2006年3月1日より同市他地区と同じ県東部(東部南)へ管轄変更となった。

県東部から新川地区と富山地区、県西部を高岡・砺波地区とする3区分と南北に更に高岡・射水地域と砺波・小矢部地域として4地域にする表記がある[7][8]

以下の10市(2郡)4町1村の自治体がある(平成の大合併以前は9市(7郡)18町8村(2003年時点))。「町」の読みは全て「まち」だが、地元の人々の中で「ちょう」と読む人が多くいる。「村」の読みは全て「むら」。ちなみに自治体の数は日本の都道府県で一番少ない。

自治体 富山市 魚津市 高岡市


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:311 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE