家族
[Wikipedia|▼Menu]

「家族」のその他の用法については「家族 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2016年5月)
19世紀のあるギリシャ人一家(1895年 コンゴの家族。(2007年) 両親の50回目の結婚記念日を祝うために2007年9月にスペインの修道院前に集い写真をとった、11人の子供と20人の孫。大家族


人間関係
種類


ボーイフレンド

ブロマンス

同棲

側室

いとこ

家族的パートナーシップ

家族

友情

ガールフレンド



親族

結婚



一夫一婦制

非一夫一婦制

オープンマリッジ

ポリアモリー

グループ結婚

複婚

恋愛的友情

同性関係

性的パートナー(英語版)

兄弟姉妹

恋人

心の友

寡婦



恋愛的な出来事




別れ

求愛

デート

離婚

姦通

連れ添い

ロマンス

別居

逸脱

結婚

気持ちと感情


親近感

愛着

コンパージョン

カップル

嫉妬

リマレンス



情熱

プラトニック・ラブ

ポリアモリー

性的な一夫一婦主義の心理学

習慣


婚資(英語版)(寡婦産

持参金

上昇婚(玉の輿

姦通

人類の性行動(英語版)

虐待


児童虐待

障害者虐待

高齢者虐待

ドメスティックバイオレンス











本項目では家族(かぞく、独: Familie、仏: famille、英: family)について解説する。
目次

1 概説

2 家族の類型

2.1 形態によるもの

2.2 家族の一員による分類

2.3 リヒターによる病的な家族

2.4 小此木啓吾による家族

2.5 その他の家族分類概念


3 西欧における家族

4 日本

4.1 家族に関するメディア報道

4.2 フェミニズムの視点から見た日本の家族形態の変化


5 動物の家族

6 家族をテーマにした作品

6.1 映画

6.2 テレビドラマ

6.3 漫画


7 多言語との関連

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 関連文献

10 関連項目

10.1 家族に関連する用語・概念

10.2 家族にかかわる出来事

10.3 家族にかかわる問題

10.4 家族に関連する研究


11 外部リンク

概説

「家族」や「family」 といった言葉には、いくつかの意味がある。

以下、辞書類の解説から紹介する。

Oxford Dictionaries では、英語の「family」に関して、大きく分けて3つの意味を挙げている。1 ふたとそのたちで、ひとまとまり(ひとつの単位)として一緒に暮らしているものたち1.1 血縁や結婚によって関係づけられた人々2 共通の先祖を持つ全ての人々3 関連性のあるものごと

広辞苑では「家族」の解説文としては、「夫婦の配偶関係や 親子・兄弟の血縁関係によって結ばれた親族関係を基礎にして成立する小集団」としている。

大辞泉では、「夫婦とその血縁関係者を中心に構成され、共同生活の単位となる集団」としている。

家族とは、婚姻によって結びつけられている夫婦、およびその夫婦と血縁関係のある人々で、ひとつのまとまりを形成した集団のことである。婚姻によって生じた夫婦関係、「産み、産まれる」ことによって生じた親と子という血縁関係、血縁関係(など)によって(直接、間接に)繋がっている親族関係、また養子縁組などによって出来た人間関係 等々を基礎とした小規模な共同体が、家族である。

ひとくちに「家族」や「family」と言っても、上記の辞書類の説明でも分かるように、同居していることを家族の要件に挙げている場合もあれば、そうでない場合(つまり、同居は要件でない場合)もある。

「家族」の指す範囲がかなり広くて人数が数十人以上におよぶ地域や国がある。(ちょっとした事情で)自分の子を自分の兄弟や叔父・叔母などに預けて育ててもらうといったことなどが当たり前のように頻繁に行われていて相互に人的交流があり、従兄弟でも(又従兄弟などでも)人間関係が濃厚で 互いに助け合い、広い人間関係がひとつの強い共同体として機能している国・地域もある。こうした人間関係のありかたの場合、「家族」の人数は数十人、場合によっては百人を越える規模になる。中東などはそうである。また中国でも、客家のように、ひとつの大きな(円形の)家屋に数百人の親族や夫婦が共同生活を送っていて、そこにいる大人 全員で子供の生育を見守るなど、ひとつの大きな家族として機能している場合もある。
家族の類型
形態によるもの

単一家族 - ひとつの世帯家族だけのもの

複合家族 - 複数の世帯からなる家族

家族の一員による分類

核家族 - 夫婦+その子供

直系家族 - 長男など家系を継ぐ子供の家族に親が同居

複合家族 - 親戚や子供の配偶者とその子供(おじ・おばやいとこ等)と同居

リヒターによる病的な家族

ドイツの精神科医ホルスト・エバーハルト・リヒター(de:Horst-Eberhard Richter)はその著『病める家族―家族をめぐる神経症の症例と治療』(佑学社 1976年)において、患者の家族を以下のように類型化した。

劇場家族 - よい家族をお芝居のように演じている家族

要塞家族 - 自分たち以外はすべて敵とみなし、対抗することで絆を確認する家族

サナトリウム家族 - 互いに傷を舐めあうような家族

小此木啓吾による家族

精神科医の小此木啓吾は家族の心的問題に焦点を当てて次のように類型化している(『家族のない家庭の時代』ちくま文庫 1992年)。

コンテナ家族 - 容量が大きく、社会のストレス、不満を持ち帰っても、それを受容し、癒してくれるような家族


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:47 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE