室町幕府
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

室町幕府

創設年1336年
解散年1573年
代表征夷大将軍
対象国 日本
前政府 建武政権
後政府 織田政権
備考創設年は1338年、解散年は1588年とする説がある
テンプレートを表示
花の御所(室町殿)

室町幕府(むろまちばくふ)は、足利尊氏京都において軍事貴族(武家貴族)として創始した武家政権。その称は3代将軍足利義満が京都北小路室町(現在の今出川通室町通が交わる付近)に造営した花の御所(室町殿)に由来する。足利幕府ともいう。足利氏が15代にわたって将軍職を継承したが、織田信長によって事実上の滅亡に追い込まれた。


目次

1 成立時期

2 終期

3 政治

3.1 歴代将軍

3.2 組織機構

3.3 中央

3.4 地方

3.4.1 奥羽

3.4.2 関東

3.4.3 九州


3.5 財政


4 室町幕府の守護大名等

5 脚注

6 関連項目


成立時期初代将軍足利尊氏

延元元年(1336年)5月、九州から東上した足利尊氏湊川の戦い楠木正成を破る。後醍醐天皇比叡山に退去したが、正成とともに「三木一草」と称された後醍醐の武将ら(結城親光名和長年千種忠顕)もこの前後に相次いで戦死したため苦境に立たされることとなった。翌月入京した足利軍は光厳上皇治天の君に擁立し、8月には光厳の弟豊仁親王(光明天皇)が即位する。和睦の成立によって10月に帰洛した後醍醐は幽閉され、11月2日に光明へ神器が譲与される。同月7日、建武式目の制定によって新たな武家政権の施政方針が示されたが、室町幕府の実質的な成立はこの時期とされる。北朝から権大納言に任ぜられた尊氏は「鎌倉大納言」と称され、鎌倉将軍(鎌倉殿)を継承する存在と見なされた。

翌月21日、後醍醐が大和国吉野に脱出し、南北両朝の並立状態が始まる。翌延元2年(北朝建武4年、1337年)8月、鎮守府将軍として東北にあった南朝方の北畠顕家が西上の途に就き、明くる延元3年(北朝建武5年、1338年)1月には青野原の戦いで幕府軍を撃破したものの、その後の連戦の末ついに5月に戦死し(石津の戦い)、また事実上南朝方総大将であった新田義貞も閏7月の藤島の戦いで敗死した。こうして主将と奥羽に勢力を築いた有力武将の二人を失った南朝方の劣勢は覆いようもなく、北朝・幕府方優位の趨勢の下、尊氏は暦応元年(1338年)8月11日に征夷大将軍に任ぜられた。
終期

滅亡は、元亀4年(1573年)7月に織田信長が15代将軍義昭京都から追放した時点とするのが一般的である。もっとも、義昭はその後も将軍を解官されてはおらず、信長の勢力圏外においては依然将軍としての権威を保持していた。信長以前には、天文22年(1553年)8月に13代将軍義輝三好長慶に敗れ近江国朽木谷に逃れてから永禄元年(1558年)11月に和議を結び入京するまで、長慶が将軍を擁立しない独自の政権を京畿に打ち立てていた例もある。義昭追放後もこれを庇護する毛利氏との交渉で信長もその復帰を了承しており、幕府が存続(復活)する可能性もあったのだが、義昭の信長に対する人質要求により実現せず、結局義昭が政権に返り咲くことはなく、結果的に元亀4年の追放時点に遡及して(中央政権としての)幕府の滅亡が確定したともいえる。

藤田達生は、京都追放後の義昭による政権を「鞆幕府」として規定することを提唱した。これによれば、幕府の滅亡は1573年ではなく、より遅い時期となることとなる[1]

義昭は天正16年(1588年1月13日関白豊臣秀吉に従って参内して、忠誠を誓うまで征夷大将軍であったと『公卿補任』は記録する。義昭は将軍職辞任後、朝廷から准三宮の待遇を得、秀吉からも貴人として最後まで遇された。現任将軍の存在という面を重視すれば、この天正16年1月を幕府終期と見ることもできる。
政治
歴代将軍詳細は「足利将軍一覧」を参照

名前と就任年(年号は義満まで北朝のもの)。

初代 足利尊氏 暦応元年(1338年

2代 足利義詮 延文3年(1358年

3代 足利義満 応安元年(1368年

4代 足利義持 応永元年(1394年

5代 足利義量 応永30年(1423年

6代 足利義教 正長2年(1429年

7代 足利義勝 嘉吉2年(1442年

8代 足利義政 文安6年(1449年

9代 足利義尚 文明5年(1473年

10代 足利義材 延徳2年(1490年

11代 足利義澄 明応3年(1494年

- 足利義尹(義稙)(義材が改名し、2度目の就任) 永正5年(1508年

12代 足利義晴 大永元年(1521年

13代 足利義輝 天文15年(1546年

14代 足利義栄 永禄11年(1568年

15代 足利義昭 永禄11年(1568年)

(10代 足利義材は足利義稙と同一人物なので、通常は義稙を代数に含まない[2]。代数に含む場合、義稙が12代、義晴が13代、義輝が14代、義栄が15代、義昭が16代となり、全16代15人となる)
組織機構組織

管領

評定衆

政所

問注所

侍所

小侍所

奉公衆

地方(じかた)

鎌倉府

守護職

地頭

奥州探題

羽州探題


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE