実相
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)

実相 (じっそう、tattrasya lakSaNam、????????? ??????? (sanskrit))の「実」とは虚妄に対していわれる。すなわち真実の意味である。相は無相の義であるといわれる。「実相」とは真実が無相であるということをあらわす。諸法実相という複合語として使われることが多い。

「無相」とは、人間の言葉をはなれ、心でおしはかることのできないことをいう。したがって「実相」とは、真実が無相であり、それが萬物の本来の相であることを意味する。

実相を萬物の本体などといって、現象の背後に現象生起の源としての何か実在的なものと考えるようなことがあるが、それは誤りであり、実相はけっして実在的実体ではない。実相とはすべてのもののありのままのすがたをいうのである。無相こそ萬有のありのままの姿であるということを説くのが実相である。

この意味で、この「実相」を法性、真如、如実などとよぶ。

法性〈ほっしょう〉とは、サンスクリット語の「ダルマター」(dharmataa)であり、法そのもの、法としてあらわれている萬物の本性の意味である。

真如〈しんにょ〉とは、「タタァター」(tathataa)であり、真実であり如常であること、「ありのままの状態」をいう。

如実〈にょじつ〉とは「ブフータ・タタァター」(bhuuta-tathataa)であり、存在のありのままのすがたをいう。

この実相こそが仏陀悟りの内容そのものであるというので、これを一実、一如、一相、無相、法身、法性、法位、涅槃、無為、真諦、真性、実諦、実際などという。このように仏陀によって自覚された萬有の実相は、種々の経典やいろいろの教学によっていろいろと説かれている。たとえば、小乗仏教では我空の涅槃を実相といい、大乗仏教では我空法空の涅槃を実相といったりする。『摩訶般若波羅蜜経』では如・法性・實際、『法華経 』では実相、『華厳経 』では法界、『楞伽経 』では如来蔵、『涅槃経 』では仏性などといわれる。

教学の中では、華厳教学の始教位や天台教学の通教位以下では不変の空真如を実相とし、華厳教学の終教以上、天台の別教以上にあっては不変随縁の二相を実相とするなどである。華厳教学では随縁〔いろいろの因縁によってあらわれている現実〕の萬法を実相とし、天台教学では性具の諸法を実相としている。


目次

1 脚注

1.1 注釈

1.2 出典


2 関連項目


脚注
注釈
出典
関連項目

菩提










仏教
基本教義縁起 四諦 八正道 三法印四法印諸行無常 諸法無我 涅槃寂静 一切皆苦四苦八苦 輪廻 六道 煩悩三毒三業解脱 唯識 菩提 仏性
人物釈迦 十大弟子 龍樹 無著 世親 玄奘 達磨
信仰対象三宝
仏の一覧如来 菩薩 明王 天部 垂迹神 高僧
分類原始仏教 部派仏教 大乗仏教 密教 神仏習合 修験道
宗派仏教の宗派 - 仏教系新宗教
地域別仏教インド 中国 日本 朝鮮 台湾 ベトナム チベット スリランカ ミャンマー タイ 中東 ヨーロッパ アフリカ 中央アメリカ
聖典三蔵律蔵 経蔵 論蔵
パーリ語:パーリ語経典
漢訳:漢訳大蔵経大正新脩大蔵経漢訳仏典一覧


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:10 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE