宗像・沖ノ島と関連遺産群
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群
日本

沖ノ島
英名Sacred Island of Okinoshima and Associated Sites in the Munakata Region
仏名Ile sacree d’Okinoshima et sites associes de la region de Munakata
面積98.93 ha (緩衝地域 79,363.48 ha)
登録区分文化遺産
文化区分遺跡群
登録基準(2), (3)
登録年2017年(第41回世界遺産委員会
公式サイト ⇒世界遺産センター(英語)
使用方法表示
地図

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(「かみやどるしま」むなかた・おきのしまとかんれんいさんぐん)は、ユネスコ世界遺産リスト登録物件で、日本の世界遺産の中では21番目に登録された。福岡県宗像市及び福津市内にある宗像三女神を祀る宗像大社信仰や、大宮司家宗像氏にまつわる史跡文化財を対象とするものであり、自然崇拝を元とする固有の信仰・祭祀が4世紀以来現代まで継承されている点などが評価されている。世界遺産委員会では、航海と結びつく世界遺産の少なさを補完する物件という観点からも評価された[1]

世界遺産暫定リスト記載時点では宗像・沖ノ島と関連遺産群だったが、正式推薦とともに改称され、その名称で正式登録された。


目次

1 構成資産

1.1 宗像市

1.2 福津市

1.3 日本から推薦時に候補から外れたもの

1.4 推薦範囲の法的保護根拠


2 登録への経緯

2.1 世界遺産委員会での状況


3 登録基準

4 出典

5 外部リンク


構成資産全ての座標を示した地図 - OSM
全ての座標を示した地図 - Google
全座標を出力 - KML
全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示

宗像市
沖ノ島宗像大社沖津宮)
「宗像神社境内」として島全体が御神体で国の史跡に指定、「沖ノ島原始林」が国の天然記念物に指定。また、「福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品・伝福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品」として約8万点の出土品が国宝に指定されており、「海の正倉院」とも呼ばれる由縁となっている。正式版の推薦書では、島の手前にある小屋島・御門柱・天狗岩の三つの岩礁鳥居の役割を果たしているとし、付帯施設として記載された。[2][3]。地図
宗像大社中津宮(御嶽山祭祀遺跡を含む)
宗像市大島。「宗像神社境内」として国の史跡に指定、本殿は福岡県の有形文化財に指定[2][3]。中津宮背後に聳える御嶽山山頂に鎮座する御嶽神社の裏で確認された御嶽山祭祀遺跡は沖ノ島と同時期の露天祭祀遺構である[4]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:43 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE