宋代
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、10世紀に趙匡胤が建てた王朝について説明しています。その他の中国の王朝については「宋 (曖昧さ回避)」をご覧ください。




960年 - 1279年

11世紀の北宋

首都?京 (現開封市)
(960年 ? 1127年)
臨安 (現杭州市)
(1127年 ? 1276年)
皇帝
960年 - 976年太祖
1022年 - 1063年仁宗
1278年 - 1279年祥興帝

変遷
不明xxxx年xx月xx日

中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明


西周
東周春秋
戦国

前漢

後漢
三国
西晋
東晋十六国
南北朝北魏

西魏東魏
北周北斉

 

 
五代十国
北宋西夏
南宋

北元
後金 

 
満洲中華民国
 
中華人民共和国中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

宋(そう、?音 Song、960年 - 1279年)は、中国王朝の一つ。趙匡胤五代最後の後周から禅譲を受けて建国した。国号は宋であるが、春秋時代南北朝時代などと区別するため、帝室の姓から趙宋とも呼ばれる。国号の宋は趙匡胤が宋州河南省商丘県)の帰徳軍節度使であったことによる[1]。通常は、華北を奪われ南遷した1127年以前を北宋、以後を南宋と呼び分けている。北宋、南宋もともに、宋、宋朝である。首都は開封、南遷後の実質上の首都は臨安であった。

北宋と南宋とでは華北の失陥という大きな違いがあるが、それでも文化は継続性が強く、その間に明確な区分を設けることは難しい。そこで区分し易い歴史・制度・国際関係などは北宋南宋の各記事で解説し、区別し難い分野を本記事で解説する。
目次

1 歴史

1.1 北宋

1.2 南宋


2 経済・金融

2.1 宋代経済の概況

2.1.1 生産力の大幅向上と品目の多様化

2.1.2 地方市場の成熟と地域間流通の活発化

2.1.3 市場形成と分業化


2.2 貨幣

2.2.1 通貨

2.2.2 紙幣・為替・証券



3 財政

3.1 両税法

3.2 専売

3.2.1 塩

3.2.2 茶

3.2.3 酒


3.3 商税

3.4 職役・和買・その他


4 産業

4.1 農業

4.1.1 主要穀物

4.1.2 商品作物


4.2 漁業

4.3 鉱業

4.3.1 銅鉱

4.3.2 金銀鉱

4.3.3 鉄鉱

4.3.4 鉛錫鉱

4.3.5 石炭


4.4 紡績業

4.4.1 絹織物・養蚕

4.4.2 綿織物


4.5 工芸品

4.5.1 窯業

4.5.2 金銀器・漆器


4.6 製紙業


5 社会

5.1 科挙

5.2 郷村の様相

5.2.1 大地主

5.2.2 小地主・自作農

5.2.3 小規模自作農

5.2.4 佃戸その他


5.3 大都市の様相

5.3.1 大都市の外観

5.3.2 大都市の交通

5.3.3 行政・治安関連

5.3.4 商業・歓楽


5.4 都市の様相

5.5 人々の生活

5.5.1 家族

5.5.2 生活費用


5.6 自然環境の変化


6 軍事

6.1 指揮系統・作戦

6.2 各軍

6.3 待遇

6.4 編成

6.5 兵種・武器


7 技術

7.1 出版

7.2 医術

7.3 科学

7.4 建築

7.5 造船


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:180 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE