安政
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

安政(あんせい)は日本元号の一つ。嘉永の後、万延の前。1855年[1]から1860年までの期間を指す。この時代の天皇は、孝明天皇江戸幕府将軍は、徳川家定徳川家茂

プロジェクト 紀年法


目次

1 改元

2 安政年間の出来事

2.1 誕生

2.2 死去


3 西暦との対照表

4 脚注

5 関連項目


改元

嘉永7年
11月27日グレゴリオ暦1855年[1]1月15日): 内裏炎上、地震黒船来航などの災異のため改元

安政7年3月18日(グレゴリオ暦1860年4月8日): 万延に改元

朝廷は「文長」を希望していたが、幕府の介入によって「安政」に差し替えられ、実施日も前将軍徳川家慶の月法要(毎月22日)終了後に変えられた[2]
安政年間の出来事

安政期には大きな地震が相次いで発生したが、安政伊賀地震安政東海地震安政南海地震豊予海峡地震は、「安政」への改元前の嘉永7年に発生した地震である。 このため、これらの地震は本来「嘉永の大地震」と称すべきだという見解がある[3]

一方、明治の改元にあたっては詔勅で「慶応4年(1868年)を明治元年と改元する」としており、慶応4年1月1日に遡って明治元年と改元されているのだから(立年改元)、これ以前も例えば、嘉永7年(1854年)は1月1日に遡り安政元年に改元されたとも解釈され、歴史年表も安政元年を採用しているので「安政の大地震」とすべきという見解もある[4]

また、日本史的大事件として江戸幕府崩壊の引き金となる安政の大獄桜田門外の変が起きた。

嘉永7年/安政元年(1854?55年[1]

1月16日2月13日): ペリーが前年に引き続き江戸湾に再来。

1月24日2月21日): 一朱銀を通用開始。お台場銀と呼ばれる。

3月3日3月31日): 日米和親条約(神奈川条約)を締結。


4月6日5月2日): 京都の大火により内裏を焼失。

6月15日7月9日): 伊賀上野地震(安政伊賀地震)。

11月4日12月23日): 安政東海地震東南海地震含む)。津波ディアナ号遭難。

11月5日12月24日): 安政南海地震

11月7日12月26日): 豊予海峡地震

11月27日1855年1月15日): 安政に改元。

12月21日(1855年2月7日): 日露和親条約締結。


安政2年(1855年

平安様式に倣った安政内裏を再建。

2月1日3月18日): 飛騨地震

10月2日11月11日): 安政江戸地震小石川の水戸藩邸で藤田東湖戸田蓬軒圧死。


安政3年(1856年

7月21日8月21日): ハリス下田に着任。通貨の交換率など幕府との交渉にあたる。

7月23日8月23日): 安政八戸沖地震陸奥八戸で強震、津波被害。

8月25日9月23日): 安政3年の台風で江戸に猛烈な暴風と高潮。死者10万人。


安政4年(1857年

正月 - 甲斐国甲府博徒三井卯吉が、敵対する博徒集団に襲撃され死亡。


安政5年(1858年

福沢諭吉蘭学塾慶應義塾の前身)を創立。

2月26日4月9日): 飛越地震北陸地方で大きな被害。

3月12日4月25日): 朝廷で日米修好通商条約の反対を巡り、廷臣八十八卿列参事件が起こる。

6月19日7月29日): 江戸幕府日米修好通商条約始め、安政の五か国条約に無勅許調印。

9月5日10月11日): 大老井伊直弼による反対派弾圧が始まる(安政の大獄)。

?安政7年にかけてコレラが大流行。

錦絵『新潟湊之真景』安政6年(1859年)井上文昌筆(新潟県立図書館蔵)

安政6年(1859年

5月25日6月25日): 開国による小判流出防止の目的で、正字金および二朱銀を鋳造開始。ハリスらの抗議により、発行後まもなく8月11日9月7日)に鋳造停止。小判流出の防止に至らず(幕末の通貨問題)。

6月2日7月1日): 横浜港開港。

12月27日(1860年1月19日): 政字銀を通用開始。最低品位の


安政7年/万延元年(1860年

1月 - 歌舞伎三人吉三廓初買』江戸市村座で初演。二代目河竹新七(黙阿弥)作。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE