安全保障
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年10月)


出典脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2016年10月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年10月)


独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。(2016年10月)


国家安全保障(こっかあんぜんほしょう、英語: national security)は、ある集団が生存や独立などの価値ある何かを、何らかの脅威が及ばぬよう何かの手段を講じることで安全な状態を保障することである。また、その目的のための体制・組織などを指す場合もある。国際関係における安全保障は主として他国からの防衛をその主眼に沿えるものである。
目次

1 概説

2 概念

2.1 伝統的安全保障

2.2 人間の安全保障

2.3 総合安全保障

2.4 集団安全保障

2.5 共通の安全保障

2.6 協調安全保障


3 安全保障の歴史

3.1 安全保障研究の第一次沈黙期

3.2 安全保障研究の第二次沈黙期

3.3 PFP協定と再保証型安全保障制度


4 国際安全保障体制の理論

4.1 平和理論

4.2 覇権モデル

4.3 勢力均衡モデル

4.4 大国間協調モデル

4.5 集団安全保障モデル


5 軍事的側面

5.1 軍事力

5.2 核兵器

5.2.1 核抑止の種類

5.2.2 抑止戦略モデル

5.2.3 演繹法的抑止戦略モデル批判

5.2.4 相互確証破壊


5.3 軍縮・軍備管理


6 非軍事的側面

6.1 非軍事的側面に関する議論

6.2 経済の安全保障

6.3 資源の安全保障

6.4 環境の安全保障

6.5 思想・文化の安全保障


7 学派・視点

7.1 脅威

7.2 国益

7.3 ネオ・リアリズム

7.4 リベラリズム

7.5 機能主義

7.6 地政学

7.7 構造的暴力

7.8 シカゴ学派

7.9 世界最終戦論

7.10 ソフトパワー

7.11 エアパワー


8 国際連合と安全保障

8.1 国連軍

8.2 国連平和維持活動

8.3 ガリ構想


9 安全保障の抱える問題

9.1 セキュリティ・パラドックス

9.2 脅威の創出

9.3 自由の抑圧

9.4 脅威の誇張


10 日本の安全保障

11 安全保障の分野の専門・関連用語

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

概説

安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。歴史的・伝統的には軍事的な脅威に対するものが主であったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、一部で環境問題人権を包括する主張もある。現代における国家間の主要な安全保障は軍事力の要素に基づきながらも、外交経済環境などを広範なものを含めるものである。

その研究対象の例を挙げると、軍事戦略、安全保障体制、文化政策(ソフトパワー)、広報・教育宣伝政策(プロパガンダ)、地域政策、経済政策・金融政策、人的国際交流、地政学(ジオポリティクス)、国際関係論エネルギー安全保障、宇宙政策、RMA(軍事における革命)、軍縮小火器に関する安全保障(DDRなど)、大量破壊兵器地雷環境人口問題、水資源、貧困問題、食糧問題などがある。特に貧困や民族・部族対立などの国内問題が安全保障問題に至るような事態になることを安全保障化という。
概念

現代において確固とした安全保障の定義は存在せず、そのことは多くの専門家によって指摘されてきた。

安全保障は古代ローマにおいて精神的な心の平穏を意味するSecuritasを語源とし、英語ではSecurityやフランス語ではSecurite、ドイツ語ではSicherheit、イタリア語ではSicurezza、スペイン語ではSeguridadと表記され、こうした欧州の概念を日本などが輸入した結果、漢字表記としての安全保障という概念が成立することとなった。古代ローマにおけるsecuritasという概念はストア哲学の基本概念のひとつであり、政治的社会的な意味を帯びた結果、ローマ帝国時代における「ローマによる平和」即ちパクス・ロマーナ(Pax Romana)という概念に結び付けられるようになった。

伝統的な安全保障概念とは、軍事的な意味での国家の平和と独立或いは国家間の関係の中でとらえられてきたが、今日では人間の安全保障をはじめとして非国家的・非軍事的な概念が派生しており、その概念は時代によって変化し、また文脈や使用者、学派、価値観によってもその意味が異なることがある。このため、正確に安全保障という概念をとらえる上で、使用には注意を要する。

近現代では理論上、安全保障と防衛は厳密に区別される。安全保障とは『脅威が及ばないようにすることで安全な状態を保障すること』を目的としているのに対し、防衛は『及んできた脅威に対抗し何らかの強制力によってそれを排除する』ことが目的である。

以下では、ここでは伝統的安全保障をはじめ、新たな安全保障概念を含めて今日、国際政治上、論議される代表的な安全保障の概念について解説する。
伝統的安全保障

伝統的安全保障とは国家の領土や政治的独立、外部からの脅威を軍事的手段による牽制によって守ることを主眼においた、最も基本的な安全保障の概念である。国防がこれに該当する。今日においても軍事力を用いて国家の生存と独立、国民の財産、安全を保証することは極めて重要な国家の役割の一つとされている。今日では国家総力戦核兵器の登場により戦争が割に合わない物になったため十分な抑止力を整備すれば、先進国同士の戦争は起きにくくなっている。
人間の安全保障


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE