孫興ミン
[Wikipedia|▼Menu]

本来の表記は「孫興?」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

孫 興?

2018年、ソウル広場にて
名前
本名???
孫 興?
Son Heung Min
愛称Sonny(ソニー)
カタカナソン・フンミン
ラテン文字Son Heung Min
ハングル???
基本情報
国籍 大韓民国
生年月日 (1992-07-08) 1992年7月8日(26歳)
出身地江原道春川市
身長183cm
体重77kg
選手情報
在籍チーム トッテナム・ホットスパーFC
ポジションFW (LWG)
背番号7
利き足右足
ユース
2008-2010ハンブルガーSV U-17
クラブ1
年クラブ出場(得点)
2010-2013 ハンブルガーSV 73 (20)
2013-2015 レバークーゼン 62 (21)
2015- トッテナム・ホットスパー 99 (30)
代表歴2
2008-2009 韓国 U-1715 (7)
2010- 韓国70 (23)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
2. 2018年6月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

孫 興?(ソン・フンミン、???、1992年7月8日 - )[1][2]は、韓国サッカー選手サッカー韓国代表トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。孫 興民表記の報道も見られる。
目次

1 経歴

1.1 プロ入り前

1.2 ハンブルガーSV

1.3 レバークーゼン

1.4 トッテナム

1.4.1 2015-16

1.4.2 2016-17

1.4.3 2017-18シーズン



2 代表経歴

3 エピソード

4 個人成績

4.1 クラブ

4.2 代表

4.3 代表での得点


5 タイトル

5.1 個人タイトル


6 脚注

7 外部リンク

経歴
プロ入り前

父親は韓国代表としての経験もあるソン・ウンジョン(韓国語版)である。孫興?は小学校と中学校ではサッカー部に所属せず、父から直接指導を受けるという韓国では珍しい経歴を持っていた。父のウンジョンは韓国では主流の結果重視の指導とは異なり、試合の勝敗にはこだわらずにパスやドリブルなどの基本的な動きを集中的に身につけさせる指導を行っていた[3]

2008年東北高等学校在学中夏にKFAが主導で行っている優秀選手海外留学プログラムの第6期生として金敏?、キム・ジョンピルと共にハンブルガーSVU-17チームに加入。中心選手としてリーグ戦15試合に出場し9得点を挙げた。さらに活躍が評価され、翌年の5月9日には1つ上のカテゴリーであるU-19チームでリーグ戦に途中出場した。シーズン終了後に一旦帰国し、母校である東北高校に戻った。
ハンブルガーSV

2010年1月、ハンブルガーSVへ正式に移籍した。なお契約期間は4年で、移籍後はトップチームではなくU-21チームのメンバーとして出場し国内カップ戦で活躍した[4]。このシーズンはU-19のリーグ戦で11試合に出場し6得点を挙げ、4部リーグに所属するセカンドチームでは6試合1得点の成績を残した。

2010-2011年のプレシーズンマッチでは9ゴールを記録したが、開幕前のチェルシーとの試合で左足指を骨折して手術を受け、開幕を待たずにチームを離脱した。2010年10月30日の1.FCケルン戦にて初出場、初スタメン、初ゴールを記録した。ブンデスリーガ公式サイトにて前半戦最も良いデビューを果たした選手[5]に選出され、また、FIFA公式サイトの10代の有望選手を挙げる読者参加型ページにおいて選択対象となる23人の中の1人として名を連ねた[6]

2012-2013シーズンは先発に定着し、リーグ戦33試合出場で12得点をあげるなど飛躍の年となった。特に前年王者のボルシア・ドルトムントからはホーム・アウェイの2試合で計4得点をあげた。
レバークーゼン レバークーゼン時代(2014年)のソン・フンミン

2013年6月13日、チェルシーFCに移籍したアンドレ・シュールレの代役としてバイエル・レバークーゼンへの移籍が決定した[7]。レヴァークーゼン二年連続の二桁ゴールを記録した(ブンデスリーガでは3年連続)。
トッテナム
2015-16

2015年8月28日、5年契約でイングランドトッテナム・ホットスパーへ移籍した。移籍金はこれまで中田英寿がローマからパルマへの移籍金[8]を抜くアジア人歴代最高額となる3000万ユーロ(約41億円)。9月17日のヨーロッパリーグ、カラバフFKとの試合で2ゴールを記録[9]。9月20日のクリスタルパレス戦でプレミアリーグ初ゴールを記録した[10]
2016-17

昨シーズン高額の移籍金で移籍してきたものの、途中出場やベンチが多く、シーズン前には移籍の話があったが[11]、2016/17シーズンが始まると9月にはストーク戦で2ゴールを記録するなど、トッテナム出身として歴代12人目であり、アジア人としては初の快挙となるプレミアリーグ月間最優秀選手に選出された。3月12日のFAカップミルウォール戦ではハットトリックを達成している[12] 4月9日のワトフォード戦では2得点を挙げ、マンオブザマッチに選ばれた[13]。4月にはアジア人として初のプレミアリーグでの二桁ゴールを記録すると同時に、自身2度目の受賞となるプレミアリーグ月間最優秀選手に選出された[14]。トッテナム出身としては歴代7人目のプレミアリーグ月間最優秀選手の複数回受賞者となった。5月18日、延期されていた第34節のレスター戦では2ゴールを決め[15]、リーグ戦、カップ戦などを合わせてシーズン21ゴールを達成した[16]
2017-18シーズン

9月13日、ボルシア・ドルトムントとの対戦でシーズン初ゴールを決め、3-1での勝利に貢献[17]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:89 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE