姫路城
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、城跡について説明しています。歴史公園・都市公園については「姫路公園」をご覧ください。

姫路城
兵庫県
天守(連立天守群・国宝)
別名白鷺城
城郭構造渦郭式平山城[1]
天守構造連立式望楼型
5重6階地下1階[2][3][4][5]
築城主赤松貞範[6]
築城年1346年(南朝:正平元年、北朝:貞和2年)
主な改修者黒田重隆羽柴秀吉池田輝政
主な城主小寺氏黒田氏池田氏本多氏松平氏榊原氏酒井氏
廃城年1871年明治4年)
遺構現存天守・門・塀
石垣土塁・庭園
指定文化財国宝(大小天守と渡櫓等8棟)
重要文化財
(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)[7]
特別史跡
ユネスコ世界遺産
位置北緯34度50分21.76秒
東経134度41分38.75秒座標: 北緯34度50分21.76秒 東経134度41分38.75秒
地図姫路城

地理院地図Googleマップ 姫路城

オープンストリートマップに姫路城の地図があります。
代表紋章:揚羽蝶

姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城江戸時代初期に建てられた天守等の主要建築物が現存し、国宝重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている[8][9]。また、ユネスコ世界遺産リストにも登録され[10][11]日本100名城[12]などに選定されている。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう。詳細は名称の由来と別名を参照)という。


目次

1 概要

2 名称の由来と別名

3 歴史・沿革

3.1 南北朝時代・戦国時代

3.2 安土桃山時代

3.3 江戸時代

3.4 明治時代

3.5 大正時代

3.6 昭和時代

3.7 平成時代


4 構造

4.1 縄張

4.1.1 石垣

4.1.2 屋根瓦・鯱

4.1.3 防御設備

4.1.4 城主の居館


4.2 内曲輪

4.2.1 本丸

4.2.1.1 大天守

4.2.1.2 小天守・渡櫓


4.2.2 二の丸

4.2.3 三の丸

4.2.4 西の丸

4.2.5 勢隠曲輪


4.3 中曲輪

4.3.1 中曲輪の門


4.4 外曲輪

4.4.1 外曲輪の門


4.5 野里・船場・外縁


5 修理の歴史

5.1 江戸時代の修理

5.2 明治の大修理

5.2.1 第一期工事

5.2.2 第二期工事


5.3 昭和の大修理

5.3.1 第一期工事

5.3.2 第二期工事


5.4 平成の修理

5.4.1 天空の白鷺

5.4.1.1 施設概要

5.4.1.2 施設沿革

5.4.1.3 その他




6 世界遺産登録・文化財指定

6.1 世界遺産

6.1.1 登録基準

6.1.2 影響


6.2 国宝

6.3 重要文化財

6.4 特別史跡

6.5 受賞歴・選出歴

6.5.1 姫路城が選ばれている百選



7 その他の城内施設

8 伝承

9 姫路市本町68番地

9.1 周囲の文化施設・観光名所

9.1.1 姫路城十景



10 整備計画

11 管理上の諸問題

12 現地情報

12.1 交通アクセス

12.2 開城時間・料金

12.3 登城

12.4 観光和船

12.5 イベント

12.5.1 過去のイベント


12.6 入城者数


13 作品

13.1 小説

13.2 漫画

13.3 絵画・写真・その他

13.4 楽曲

13.5 映像作品

13.5.1 映画

13.5.2 テレビ番組



14 その他

14.1 姉妹・友好提携


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:368 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE