太陽系外惑星
[Wikipedia|▼Menu]

この項目「太陽系外惑星」は翻訳されたばかりのものです。不自然あるいは曖昧な表現などが含まれる可能性があり、このままでは読みづらいかもしれません。(原文:en:Exoplanet)
修正、加筆に協力し、現在の表現をより原文に近づけて下さる方を求めています。ノートページや履歴も参照してください。(2018年10月)
銀河系内の恒星にどれだけ惑星が一般的に存在することを示したイメージ図[1]2017年11月26日時点で、各々の年に発見された太陽系外惑星の個数を示したグラフ[2]木星と太陽系外惑星の一つであるTrES-3の大きさを比較した図。TrES-3は、わずか31時間で主星の周囲を公転しており[3]、またサイズが大きく、主星に近い軌道を公転しているホット・ジュピターなので、トランジット法で検出するのが容易な惑星の一つである。HARPSが発見した太陽系外惑星の想像図

太陽系外惑星(たいようけいがいわくせい、英語: Extrasolar planet)または系外惑星(英語: Exoplanet[4])とは、太陽系の外にある惑星である。その存在を示すとされた初めての証拠は1917年に記録されたが、その証拠は認められなかった[5]。科学的観測に基づいて、初めて太陽系外惑星が発見されたのは1988年であったが、後にそうであると確認されるまでは太陽系外惑星としては受け入れられなかった。初めて太陽系外惑星が正式に確認されたのは1992年で、2018年10月1日時点で3,851個の太陽系外惑星が確認されており、惑星系を持つことが確認されている恒星は2,871個で、そのうち636個が複数の惑星を持っている[6]

2004年から観測を行っている高精度視線速度系外惑星探査装置では、約100個の太陽系外惑星が発見されているが、2009年から観測を行っているケプラー宇宙望遠鏡は2,000を超える太陽系外惑星を発見しており、また数千個もの[7][8]惑星候補を検出しているが[9][10]、そのうちの約11%は誤検出である可能性が示されている[11]。いくつかの恒星では、周りを複数の惑星が公転している様子も観測されている[12]。太陽のような恒星の約5分の1[注 1]は、ハビタブルゾーン内に「地球サイズ[注 2]」が存在いるとされており[注 3][13][14]銀河系に2,000億個の恒星があると仮定すると[注 4]、潜在的に居住可能な惑星は銀河系内に110億個存在していることになり、赤色矮星の場合も含めると、その数は400億個に及ぶと見積もられている[15]

知られている中で、最も質量が小さな太陽系外惑星はDraugr(PSR B1257+12 A、PSR B1257+12 b)で、の約2倍の質量しか持たない。一方で、NASA Exoplanet Archiveに記載されている最も質量が大きな太陽系外惑星はHR 2562 bで[16][17]木星の約30倍の質量を持つが、惑星の定義に基づくと、この質量は惑星とみなすには大きすぎるため、褐色矮星に分類される可能性がある。太陽系外惑星には、主星に非常に近い軌道をわずか数時間で公転しているものや、とても遠くに離れて数千年かけて公転しているものもあり、中には、主星と重力的に結び付いているかどうかも曖昧なほど離れているものもある。これまで発見されてきた太陽系外惑星のほとんどは、銀河系内に位置しているが、銀河系から遠く離れた別の銀河内に存在する、銀河系外惑星が存在する可能性を示す証拠も見出されている[18][19]。現在、知られている最も太陽系に近い太陽系外惑星はプロキシマ・ケンタウリbで、約4.2光年(約1.3パーセク)離れている[20]

太陽系外惑星の発見は、地球外生命探索への関心を強めてきた。地球上における生命の前提条件である、液体が表面に存在する可能性がある領域ハビタブルゾーン内を公転する惑星には、より大きな関心が集まっている。惑星の居住可能性についての研究において、生命が存在しうるのに必要な惑星の地球との適合性には、それ以外にも様々な要因が考慮する必要がある[21]

太陽系外惑星に加えて、恒星を公転せずに単独で存在することが多い自由浮遊惑星と呼ばれる天体も存在する。それがWISE J0855-0714のようなガスジャイアントの場合、準褐色矮星と扱われることもある[22]。銀河系内に自由浮遊惑星は10億個以上存在すると考えられている[23][24]
目次

1 命名

1.1 固有名


2 探査の歴史

2.1 初期の推測

2.2 疑わしい主張

2.3 確認された惑星

2.4 惑星候補の発見


3 方法論

3.1 発見方法


4 太陽系外惑星の種類

4.1 軌道による種類

4.2 主星による種類

4.3 軌道と大きさによる種類

4.4 物理特性による種類

4.4.1 候補なし



5 形成と進化

6 主星

7 一般的な特徴

7.1 色と明るさ

7.2 軌道

7.3 磁場

7.4 プレートテクトニクス

7.5 火山活動

7.6 環

7.7 衛星

7.8 大気

7.9 日射のパターン


8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 関連文献

10 関連項目


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:245 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE