大雪山国立公園
[Wikipedia|▼Menu]

大雪山国立公園
Daisetsuzan National Park
IUCNカテゴリII国立公園
黒岳から望む大雪山の山並み(2008年10月)
指定区域 日本上川総合振興局富良野市上川郡上川町、上川郡東川町、上川郡美瑛町空知郡上富良野町、空知郡南富良野町
十勝総合振興局河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町上川郡新得町北緯43度39分49秒 東経142度51分15秒? / ?北緯43.66361度 東経142.85417度? / 43.66361; 142.85417座標: 北緯43度39分49秒 東経142度51分15秒? / ?北緯43.66361度 東経142.85417度? / 43.66361; 142.85417
分類国立公園
面積226,764ヘクタール
指定日1934年12月4日
運営者環境省
年来園者数4,870,000人(平成25年)[1]
施設層雲峡ビジターセンター、ヒグマ情報センター、旭岳ビジターセンター、ひがし大雪自然館
事務所北海道地方環境事務所
事務所所在地札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎3F
公式サイト環境省_大雪山国立公園
テンプレートを表示

大雪山国立公園(だいせつざんこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。総面積(226,764 ha)は日本の国立公園の中で最も広い[2]


目次

1 概要

2 歴史

3 自然

3.1 大雪山国立公園を構成する山岳一覧


4 観光地・景勝地

5 集団施設地区・ビジターセンター

6 脚注

7 参考資料

8 関連項目

9 外部リンク


概要

北海道で最も歴史ある国立公園の1つであり、阿寒国立公園[3]日光国立公園[4]中部山岳国立公園[5]、阿蘇国立公園(現在の阿蘇くじゅう国立公園[6]とともに指定された[7]。大雪火山群、十勝岳連峰、石狩岳連峰を有する山岳公園であり、山頂部の標高は2,000メートル程ながら高緯度に位置していることから本州の3,000メートル級の山岳に匹敵する自然環境があり、雪渓永久凍土の層が存在している[8]大雪山は1971年(昭和46年)に国の天然記念物に指定され[9]、1977年(昭和52年)に特別天然記念物に指定変更している[10]ウスバキチョウダイセツタカネヒカゲなどの高山蝶やクマゲライヌワシシマフクロウなどの鳥類がとして天然記念物に指定されているほか、1951年(昭和26年)に羽衣の滝が北海道の名勝に指定され、然別湖の「ミヤベイワナ」(オショロコマの亜種)が1968年(昭和43年)に北海道の天然記念物に指定されている[10][11]
歴史

1934年昭和09年):国立公園指定。

1977年(昭和52年):十勝川源流部の区域解除(原生自然環境保全地域へ変更)。

1995年平成07年):再検討。

2000年(平成12年):層雲峡ビジターセンターがオープン[12]

2013年(平成25年):ひがし大雪自然館がオープン[13]


2円切手

10円切手

20円切手

自然

大雪山国立公園では高山植物が見られ[14]、250種類以上が記録されている[15]。また、290種以上の指定植物と60種以上のRDB種(高等植物のみ)を指定している[16][17]鳥類は140種類以上が記録されており[18]、その中には日本国内で初めて繁殖が確認されたギンザンマシコや希少種のミユビゲラクマゲラシマフクロウキンメフクロウ、個体数の減少が危惧されているエゾライチョウも含まれている[18]。高山蝶は北海道で5種(ウスバキチョウ、カラフトルリシジミ、アサヒヒョウモンダイセツタカネヒカゲ、クモマベニヒカゲ)が分布しているが大雪山にはすべてが生息しており[19]、3,000種を越える昆虫が記録されている[20]動物ではヒグマキタキツネタヌキ、エゾイタチ、クロテンエゾオコジョエゾユキウサギエゾナキウサギエゾシマリスエゾモモンガエゾリスエゾシカネズミ類、トガリネズミ類などが生息している[21]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE