大隅良典
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

大隅 良典
(おおすみ よしのり)

生誕(1945-02-09) 1945年2月9日(73歳)
福岡県福岡市
居住 日本
アメリカ合衆国
国籍 日本
研究分野生物学
研究機関ロックフェラー大学
東京大学
自然科学研究機構基礎生物学研究所
総合研究大学院大学
東京工業大学
出身校東京大学教養学部卒業
東京大学大学院理学系研究科
博士課程単位取得満期退学
博士課程
指導教員今堀和友
他の指導教員ジェラルド・モーリス・エデルマン
主な業績オートファジー分子機構
および生理学機能研究
影響を
受けた人物八杉龍一
マイケル・ファラデー
三宅泰雄
影響を
与えた人物吉森保、水島昇
主な受賞歴日本学士院賞2006年
朝日賞2008年
京都賞基礎科学部門2012年
ローゼンスティール賞2015年
ガードナー国際賞2015年
ワイリー賞2016年
ノーベル生理学・医学賞2016年
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:2016年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:オートファジーの仕組みの解明

大隅 良典(おおすみ よしのり、1945年2月9日 - )は、日本生物学者(分子細胞生物学)。学位理学博士東京大学1974年)。東京工業大学科学技術創成研究院特任教授栄誉教授自然科学研究機構特別栄誉教授、総合研究大学院大学名誉教授基礎生物学研究所名誉教授、東京大学特別栄誉教授。福岡市名誉市民大磯町名誉町民、京都大学名誉博士

自然科学研究機構基礎生物学研究所教授兼総合研究大学院大学生命科学研究科教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授などを歴任した。「オートファジーの仕組みの解明」により2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。


目次

1 来歴

1.1 生い立ち

1.2 研究者として


2 研究

3 人物

4 家族・親族

5 略歴

6 学術賞

7 栄典・勲章

8 著作

8.1 編纂

8.2 翻訳


9 脚注

10 参考文献

11 関連人物

12 関連項目

13 外部リンク


来歴
生い立ち

太平洋戦争末期の1945年2月9日福岡県福岡市にて生まれた[1][2]。4人兄弟の末子である[2]。父大隅芳雄九州大学工学部教授を務めていた。家は福岡市の外れにあり、周囲は農家の子どもたちばかりという環境で、皆と一緒に自然の中で遊んだ[2]。幼い頃から、和雄に贈られた自然科学に親しんだ[2]。特に八杉龍一の『生きものの歴史』、マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』、三宅泰雄の『空気の発見』などに心を動かされ、科学に興味を持った[2]

福岡県立福岡高等学校では化学部に所属した。卒業後、東京大学理科二類に進学[2]。当初は理学部化学を学ぼうと考えていたが、教養学部に新設された基礎科学科に興味を持ち、そちらに進む[2]。基礎科学科の同級生には、神原秀記渡辺公綱らがいた[2]1967年に東京大学を卒業し、学士称号を取得した[1][2][3]。そのまま東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻(同専攻の場所は駒場)に進学した[2][4]蛋白質生合成についての研究に魅力を感じ、今堀和友の下で指導を受けた[2]。なお、博士課程においては、京都大学の大学院でも内地留学して学んでいる[2]1972年に、東京大学の大学院を単位取得満期退学した[3]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:64 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE