大浦天主堂
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

大浦天主堂
大浦天主堂
情報
用途教会
着工1862年
竣工1865年
開館開所1865年2月19日
改築1875-1879年
所在地長崎県長崎市
座標北緯32度44分3.0秒
東経129度52分12.5秒座標: 北緯32度44分3.0秒 東経129度52分12.5秒
文化財指定国宝
指定日1933年1月23日:旧国宝(現行法の重要文化財に相当)指定
1953年3月31日:国宝(文化財保護法)指定
テンプレートを表示
創建時の大浦天主堂大浦天主堂(現況)天主堂内部大浦天主堂下入口に隣接する大浦教会

大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)は、長崎県長崎市にあるカトリック教会堂で、1865年元治2年)に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。正式名は日本二十六聖殉教者堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。

1953年昭和28年)に国宝に指定された。また、2007年平成19年)にユネスコ世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する文化財の1つである。2016年(平成28年)に日本初の小バシリカに指定された[1]

観光客の増加に伴い、1975年(昭和50年)に、天主堂に登る石段横の隣接地にカトリック大浦教会が建てられ、毎日のミサは大浦教会で行われている[2]


目次

1 歴史

2 信徒の発見と大浦天主堂

3 所在地

4 交通

5 周辺

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


歴史

1862年文久2年)

12月[3] - フランスのパリ外国宣教会宣教師で日本教区長のジラール神父の命により、横浜にいたフランス人司祭(神父)フューレが長崎に赴任。司祭館と教会堂の建築準備に着手。

西坂の丘[4] - 1597年2月5日慶長元年12月19日)に殉教した26名(日本二十六聖人)が、この年にローマ教皇ピオ9世により列聖される。


1863年(文久3年)夏(8月) - プティジャン神父(後に司教)が長崎に着任。フューレを補助し、天主堂建設に尽力。

1865年元治2年)

2月19日1月24日)- 大浦天主堂が完成、献堂式を挙行。二十六聖殉教者堂と命名。大浦天主堂は日仏修好通商条約に基づき、フランス人の礼拝堂として建設され、教区長ジラールが宣教師プティジャン、ロカーニュを従え、献堂式を執り行った。献堂式には居留外国人を含め、長崎港に停泊中のフランス、ロシアイギリスオランダの艦長がそれぞれカトリック信者の水兵数名を従え参列した[5]。建築設計はフューレ、プティジャンの2名によるもの。建築施工は天草御領島出身の小山秀之進(秀)が大工棟梁として施工[6]。建築様式は3本の塔を持つゴシック風の構造ながら、正面中央の壁面はバロック風で、外壁はなまこ壁という特殊な意匠であった。

3月17日2月12日)- 浦上の潜伏キリシタンが大浦天主堂を訪ね、プティジャン神父に密かに信仰者であることを名乗る(信徒発見)。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE