大林寺_(横浜市)
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

大林寺(横浜市)

所在地神奈川県横浜市緑区長津田6丁目6?24
位置北緯35度31分44.60秒
東経139度29分50.46秒座標: 北緯35度31分44.60秒 東経139度29分50.46秒
山号慈雲山[1]
宗旨曹洞宗[1]
本尊釈迦如来[1]
創建年1570年(元亀元年)[1]
開山愛甲郡三田村清源院の五世英顔麟哲[1]
開基板部岡江雪斎[1]
文化財市登録史跡 旗本岡野家歴代の墓所[2]
地図横浜市の地図を表示神奈川県の地図を表示
テンプレートを表示

大林寺(だいりんじ)は、横浜市緑区長津田にある曹洞宗の寺院[1]。詳名は慈雲山大林寺。長津田一帯を治めていた江戸幕府の旗本岡野家の菩提寺で、初代房恒の父板部岡江雪斎の開基と伝えられている[1]

境内には市登録史跡の「旗本岡野家歴代の墓所」[2]、長津田十景の「大林晩鐘」がある[3][4]


目次

1 歴史

2 境内

2.1 建造物

2.2 その他


3 文化財

3.1 登録文化財(地域史跡)

3.2 その他


4 交通アクセス

5 脚注

6 外部リンク


歴史

大林寺は曹洞宗に属する寺院で、山号を慈雲山という[5]。釈迦如来を本尊とし、長津田を領していた旗本、岡野氏の菩提寺であった[5][6]。岡野氏は小田原北条氏の旧臣であり、1591年(天正19年)に旗本に取り立てられて長津田村に500石の知行を得た[6][7]

寺伝によると、創建は1570年(元亀元年)長津田の初代領主である岡野平兵衛房恒の父、板部岡江雪斎の開基、開山は愛甲郡三田村(現在の厚木市)の清源院(厚木市三田に現存)[8] 5世住職、英顔麟哲和尚という[5]。本寺は清源院で、長津田5丁目にある陽向山随流院は大林寺の末寺である[5][7]

創建について、『新編武蔵国風土記稿』は異説を伝えている[5]。同書によると、開基は岡野房恒自身が父の菩提のために建てたもので、年代は不詳だが「天正か文禄のころ」と記述している[5]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE