大塚耕平
[Wikipedia|▼Menu]

日本政治家大塚 耕平おおつか こうへい

生年月日 (1959-10-05) 1959年10月5日(59歳)
出生地 愛知県名古屋市
出身校早稲田大学政治経済学部
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程
前職日本銀行
所属政党(民主党→)
民進党→)
国民民主党
称号博士(学術)
公式サイト ⇒参議院議員 大塚耕平
参議院議員
選挙区愛知県選挙区
当選回数3回
在任期間2001年7月23日 - 現職
テンプレートを表示

大塚 耕平(おおつか こうへい、1959年10月5日 - )は、日本政治家学者国民民主党所属の参議院議員(3期)、国民民主党代表代行・参議院会長中央大学大学院客員教授早稲田大学客員教授。

内閣府副大臣厚生労働副大臣、民進党参議院政策審議会長、民主党政策調査会長代理、民進党代表、国民民主党共同代表、参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長等を歴任した。
目次

1 概略

1.1 略歴


2 政策

2.1 社会保障

2.2 経済

2.3 その他


3 主な活動

4 人物

5 著書

5.1 共編著

5.2 博士論文

5.3 論文・記事


6 脚注

7 外部リンク

概略

愛知県立旭丘高等学校早稲田大学政治経済学部卒業[1]1983年日本銀行入行。在職中の2000年に早大大学院社会科学研究科博士課程を修了し博士号を取得(マクロ経済学公共政策論などを専門としている)。同年、政策委員会室調査役を最後に日本銀行を退職[1]。日本銀行では、窓口指導・市場調節・金融機関指導を行っていた旧営業局(その後、金融市場局、金融機構局、決済機構局に改組)に長く在籍した[1]。2001年より参議院議員。現在3選[1]
略歴

1959年 - 10月5日、愛知県名古屋市に生まれる[1](父親は一宮市木曽川町出身[2]、母親は新潟県燕市又新出身[3][4])。

1983年 - 日本銀行入行[1]

2000年 - 日本銀行を退職[1]

2001年 - 7月29日、第19回参議院議員通常選挙愛知県選挙区から民主党公認で出馬し、初当選[1]

2007年 - 7月29日、第21回参議院議員通常選挙に愛知県選挙区から民主党公認で出馬し、再選[1]

2009年 - 9月16日、鳩山由紀夫内閣にて内閣府副大臣に就任する[1]

2011年 - 1月18日、菅第2次改造内閣における内閣改造人事で厚生労働副大臣に就任する[1]

2013年 - 7月21日、第23回参議院議員通常選挙に愛知県選挙区から民主党公認で出馬し、3選[5]

2016年 - 10月18日、民進党次の内閣財務金融担当大臣に就任した。

2017年 - 10月31日、第4代民進党代表に就任[6]

2018年 - 5月7日、国民民主党共同代表に就任[7]。9月4日実施の国民民主党代表選挙には出馬せず共同代表を退任し、同11日付で代表代行に就任[8]

政策
社会保障

2002年から医療政策の中心である診療報酬(保険点数)見直しの情報公開に取り組み、厚労副大臣就任を機に、2012年、「点数改定分布表」の公開を実現。

2003年から医師の技術向上に必要な「献体によるサージカル・トレーニング制度」の整備に注力。野党時代の国会質疑によって厚労省の調査費を予算化。2012年、学会の「実施ガイドライン」策定に至った。

2004年頃から歯科医療政策の向上に注力。2011年、歯科口腔保健推進法の成立に伴い、厚労副大臣として厚労省内に歯科口腔保健室を設置。口腔内健康・歯科衛生の増進、医科歯科及び歯科介護連携の促進、歯学部改革など、今後も取り組みを続ける、としている。

最新の医薬品・医療機器の開発・普及促進のため、野党時代から医薬品医療機器総合機構(PMDA)の改革や薬事法改正を目指し、厚労副大臣として医療イノベーションに注力。

厚労副大臣として介護保険法を改正し、医療・介護・予防・住宅・生活支援の「5点セット」を中学校区単位で適切に提供できる地域社会づくりや24時間介護サービスがスタート。

2004年、年金財政計算のプログラム公開を実現。年金のコンピューターシステムの問題点にも斬り込んだ。以来、年金制度の見直し論争に一貫して関わり、2012年、社会保障・税一体改革調査会副会長として、新年金制度の検討・試算も担当。

米国の中央銀行である
連邦準備制度理事会(FRB)の政策目的には「雇用の最大化」が明示されていることを国会で初めて指摘。日銀出身議員として、日本の金融政策も「雇用の最大化」を目標とすることを目指す。

2011年、厚労副大臣として社会保障制度改革の原案づくりを担当。「医療・介護・年金・雇用」の4本柱に「子育て(子ども政策)」を加えて「5本柱」へ[9]

経済

内閣府副大臣時代に関わった「新成長戦略」をバージョンアップするため、経済財政・社会調査会の事務局長として「日本再生戦略」の取りまとめを担当。グリーン(エネルギー)・ライフ(医療)・6次産業(農林漁業)を最重点分野と位置付け。

公正取引委員会の担当副大臣として、国内産業と日本経済の成長力・競争力強化に資する改革を推進。

内閣府副大臣として、2011年、総合特区制度を起案。その後も、特区・地域活性化・規制改革小委員会の委員長として一貫して主導。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:63 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE