大和国
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

大和国

■-大和国
■-畿内
別称和州(わしゅう)
所属畿内
相当領域奈良県
諸元
国力大国
数15郡39郷
国内主要施設
大和国府(推定)奈良県大和郡山市
(推定)奈良県高市郡高取町
大和国分寺奈良県奈良市東大寺
大和国分尼寺奈良県奈良市(法華寺
一宮大神神社(奈良県桜井市
テンプレートを表示

大和国(やまとのくに)は、日本の地方行政区分である令制国の一つ。畿内に属する。


目次

1 国名について

2 沿革

2.1 近世以降の沿革


3 国内の施設

3.1 宮

3.2 国府

3.3 国分寺・国分尼寺

3.4 神社


4 地域

4.1 郡

4.2 江戸時代の藩


5 人物

5.1 国司

5.1.1 大和守

5.1.2 武家官位としての大和守

5.1.2.1 江戸時代以前

5.1.2.2 江戸時代



5.2 守護

5.3 戦国大名


6 大和国の合戦

7 脚注

8 参考文献

9 関連項目


国名について

当国は、律令制定の際に表記を「大倭国(やまとのくに)」として成立したとされる[1][2]。ただし藤原京出土の木簡に「□妻倭国所布評大□里」(所布評とは添評を指す)とあるように、「倭国」と記載された様子も見える。

その後、奈良時代天平9年12月27日ユリウス暦:738年1月21日[3]に表記は「大養徳」に改められた[1]。天平19年3月16日747年4月29日[4]には元の「大倭」に改称[1]。その後、天平宝字元年(757年)頃から「大和」に定められたとされる[5]平安時代以降は「大和」で一般化した[1]

国名に使用される「ヤマト」とは、元々は「倭(やまと)、大倭(おおやまと/やまと)」等と表記して奈良盆地東縁の一地域を指す地名であった(狭義のヤマト)[6]。その後、上記のように「大倭・大養徳・大和(やまと)」として現在の奈良県部分を領域とする令制国を指すようになり、さらには「日本(やまと)」として日本全体を指す名称にも使用された[7][8](「大和」の項も参照)。
沿革詳細は「奈良県#歴史」を参照
近世以降の沿革

旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での国内の支配は以下の通り。太字は当該郡内に藩庁が所在。国名のあるものは飛地領。下記のほか葛上郡・忍海郡・宇智郡を除く各郡に寺社領が所在。

添上郡 - 幕府領奈良奉行)、郡山藩柳生藩小泉藩伊勢津藩、伊勢久居藩公家領、能楽師

添下郡 - 旗本領、郡山藩、小泉藩

山辺郡 - 幕府領(奈良奉行)、旗本領、芝村藩、柳生藩、柳本藩、伊勢津藩、伊勢久居藩


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:76 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE