大分県道・熊本県道11号別府一の宮線
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

概要

大分県由布市水分峠と阿蘇市一の宮地区を結ぶ区間は、1964年昭和39年)6月25日日本道路公団の管理する有料道路別府阿蘇道路として供用開始され、1994年平成6年)6月25日、料金徴収期間満了に伴い無料開放された[1]。この区間は特にやまなみハイウェイの愛称で呼ばれる。また、同時期に整備された国道57号阿蘇市一の宮地区以西の区間とあわせて九州横断道路の一部となっている。

由布岳九重連山が間近に迫る日本離れした雄大な景観は素晴らしく、特にやまなみハイウェイは、九州で有名なドライブコースとして知られる[2]
路線データ

起点 :
大分県別府市汐見町

終点 : 熊本県阿蘇市一の宮町宮地

陸上距離 : 102 km


終点付近

熊本県阿蘇市一の宮町荻の草

路線状況大分県由布市・やまなみハイウェイ沿いの蛇越展望台から眺めた由布岳と由布院盆地。右側の盆地南岸から右奥へ山裾を登るのが当路線である。大分県九重町の飯田高原付近。正面は九重山。ハイウェイ脇の牧場と「牛馬優先」の標識

瀬戸内海に沿って南北に走る国道10号の別府港の近くの九州横断道路入口交点から西向きに走り始める。起点の東側では別府国際観光港と接続している。九州横断道路入口 - 鉄輪温泉 - 坊主地獄間は、国道500号と重複。起点より別府IC入口交点・堀田三叉路交点までは4車線以上の道路が整備されている。

別府市の扇状地を離れると鶴見岳の南山麓を西に登ってゆき、標高532mの別府ロープウェイの高原駅に到達する[3]。その後細かいカーブを繰り返しながら城島高原猪の瀬戸湿原を通って標高776mの由布岳の登山口に達する[4]由布院盆地に下ってきた道路は盆の南縁を通り久大本線南由布駅付近で国道210号と交差する。この区間は2車線路として整備されており、所々登坂車線も設置されている。別府・由布院の観光地を結ぶ道路として、由布院盆地中心へ通じる大分県道216号別府湯布院線と共に交通量も多い。

前述の210号交点より水分峠付近で再び同国道と交差するまでの由布市湯布院町川西を通る区間は、現在においても道路の拡張が進んでいない区間である。1車線の狭隘道路で細かいカーブを繰り返しながらの峠への上り道が続く。この区間では北を並走する国道210号が交通のメインルートとなっており、県道11号への流入を案内する標識は限定的となっている。

水分峠から国道210号を分岐してやまなみハイウェイに入り、しばらく森の中の道を走り小田の池を過ぎてしばらく行くと、広い飯田高原に入り九重山がよく見えるようになる。やまなみハイウェイはカーブを繰り返しながら九重連山の山腹を登ってゆき、標高1,333mの牧ノ戸峠を通る。ここから一気に山を下ると大分・熊本県境を経て瀬の本峠に達する。飯田高原からここまでの区間は概ね標高900m以上の高地に道路が敷かれており、冬期の積雪や路面凍結に注意が必要となる。ここから城山まで道路は阿蘇を望む草原の中を進み、産山村の道路わきには日本では珍しい「牛馬優先」の標識が見える。

大観峰へ向かうミルクロードとの交点から、カルデラ内部を見下ろす「城山展望所」を過ぎると、阿蘇山の外輪山をヘアピンカーブが続く道で下ってゆき、広大な阿蘇カルデラ内に到着する。そのまま直進すると豊肥本線宮地駅前の国道57号交差点で突き当たり、終点となる。由布市の水分峠以南は2車線路での整備が続く。
地理

道路周辺は、別府由布院などの温泉地や、九重連山久住山阿蘇山などの活火山があり、日本有数の観光地が道路周辺に並ぶ。

別府と由布院間にある標高1583 mの由布岳(豊後富士)の麓一帯は草原が広がり、そのなかをなだらかな高速カーブやヘアピンカーブが続く[5]。秋から春にかけて早朝の由布院盆地は霧に覆われるが、由布岳付近にある展望台・狭霧台(さぎりだい)からは、由布院市街の朝霧や夜景を一望でき、10月頃の早朝には雲海に覆われた由布院盆地を見下ろすこともできる[5][6]

久住山の北に位置する飯田高原では、道路わきにある長者原(ちょうじゃばる)ビジターセンター(標高1041m)北にある長い直線道路が有名で、道路正面に噴煙を上げる久住山を見ることができる[2]


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE