[Wikipedia|▼Menu]

「夜」のその他の用法については「夜 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
夜の港

夜(よる)は、日没から日の出までの時間のことである[1][2]。つまり太陽地平線水平線の下にある時間帯のことである[3]。宵(よい)ともいう。

ちなみに日の出から次の日没までの間の時間はという。
目次

1 神話と伝承

1.1 古代インド

1.2 マオリ族の神話

1.3 ギリシア神話

1.4 聖書

1.5 西欧の伝承

1.6 日本


2 時代と夜

3 天文学的にみた夜

4 気象から見た夜

5 生物と夜

6 夜をテーマとした作品

6.1 音楽


7 「夜」を題名とする作品

8 出典

9 関連項目

神話と伝承 様々な神秘が起きるとされる夜

ほとんどの世界の創造神話伝説は、天地や日月の創造に加えて、夜や昼の創造を伴っている。
古代インド

古代インドの神話では、夜の女神ラートリー(R?tr?)は太陽の母親であり、毎夜のこと太陽を身ごもって大切にはぐくみ出生させるが、太陽が分娩されると同時にラートリー(夜)は消えなければならないので、彼女は自分の愛児を自分の乳を与えて育てることはできない[4]。そこでその子を代わりに育てるのが、彼女の妹にあたる曙の女神ウシャスであり、彼女はまた同時に、悪魔たちに激しい攻撃を加えて西の果てに追い払い、世界に夜明けをもたらす[4]
マオリ族の神話

マオリ族の神話ではヒネ・ヌイ・テ・ポが夜の女神である。天と地を分離させた森の神タネが、あるときのこと土で女を造り、生命を吹き込んで自分の妻にし、ヒネ・イ・タウ・イラという娘を産ませ、この娘が成長すると今度は彼女を妻にした。だがタネが自分の父親であることを知ると、彼女はその関係を恥じて自殺し、地下の冥府へ行き、偉大な夜の女神ヒネ・ヌイ・テ・ポになった。タネはヒネの死を悲しんで彼女を追い冥府に行き、彼女に一緒に地上に帰るようもとめたが、ヒネはそれを断り、「わたしはこのまま地下にとどまり、タネが地上で養う子孫の人間たちを、暗黒と死へと引き下ろす」と宣言し、の女神となったという[4]
ギリシア神話

ギリシア神話では、夜 Nyx ニュクスは、原初の時にカオスから生まれた偉大な女神であり、その力たるや神々の王ゼウスも恐れるほどである。ニュクスは自分の兄弟にあたる地下の エレボスと結婚し、昼の女神Hemera ヘメラを産んだ。母ニュクスと娘ヘメラは西の果てにある夜の館に住んでいるが、一方が帰ってくる時は他方は館から出てゆくので、二人はすれ違うたびに挨拶はかわすものの一緒にいることはけっしてない。ニュクスには、エレボスの種によらず自分だけで産んだ多くの子供たちがおり、そのうちのひとりはどこにでもニュクスのお供としてついてくる眠りの神Hypnosヒュプノスであり、その双子の兄弟は死の神タナトスで、二人は一緒に夜の館の隣に居を構えている。また、ニュクスの子には、女神エリスがおり、ヒュプノス・タナトスの妹にあたり、彼女から人間の苦しみの原因となるあらゆる災いが生まれることになった[4] 光の創造("The Creation of Light")
聖書

創世記』には以下のように記されている。はじめに神は天と地を創造された。地は混沌としており、闇が淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをうごいていた。神は言われた。「光あれ」。かくして光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼んだ。 ? 『創世記』第1章 1-5

ヨハネの黙示録』では、夜は、と同じく救済が届かない、の支配領域とされている[5]
西欧の伝承

魔法魔術は、夜間にその力が発揮されると考えられていることが多い。また吸血鬼は夜に活動すると信じられているし、狼男満月の夜に狼に変身するという伝承がある。
日本 「逢魔時」『今昔画図続百鬼』:鳥山石燕

日本では昼と夜の境である《たそがれ時》は神隠しなどの不思議な出来事のよく起きる時刻とされた[6]。(《たそがれ》は「誰(た)そ彼」で、夕方うす暗くて人の見分けのつかない時のことで、一方《かわたれ》は「彼は誰」で主として明け方の薄暗い時を言う[6])。このような物事の見分けがつかない時間は、いわばこの世異界がまじわる時でもあったから、異界から魔物妖怪が多く出現したのである[6]

この時間帯を「逢魔時(おうまがとき)」とも言う。電灯など無い時代、夜はまさにの世界であり、人々の家のすぐそばまで異界の境は近づいていたのである[6]。「百鬼夜行」という言葉があるように、夜はさまざまな魔物や妖怪が出没する時間帯であったのである[6]。『日本書紀』の伝説には、夜は神がつくり昼は人がつくった、とある[6]。夜は神の世界であったから、祭りや神事の多くは、日没からあかつきにかけて行われる[6]
時代と夜

この節には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年8月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年8月)


月明り

もともと人というのは日の出とともに起き、日没とともに寝るという、自然のリズムで生活することが主であった。

ただし、夜は全く活動しなかったわけでもない。月が出ている夜は月明りのもと活動することができた。を使うようになってからは、月が出ていない夜でも、夜の比較的早い段階では一定の活動があったものと考えられる。

昔も今も、人の性的な営みは夜に行なわれることが多い。むしろ闇によって引き起こされる活動もまたあったものと考えられるのである。

灯火が発達するにつれ、夜間に明かりをつけた下で活動が行われるようになった。人と人のつながりが夜に結ばれるようにもなった。イスラム教ラマダーンの期間中は、昼間は断食が義務づけられていて静かで、夜間に親族・知人が会して食事をにぎやかにとる。西欧には「歴史は夜作られる」との言葉も生まれた。 夜の地球(1994.10.1 - 1995.03.31)

世界各国を見渡せば、夜はやはり大半の人々にとって自宅で静かに過ごす時間帯である。(あくまで少数派にすぎないが)近・現代、しかも特に大都市などでは、夜の前半には活発に活動する人もいる。仕事学校を終えた後に、遊ぶ時間に使っている人も多い。だがそうした人でも、夜も半ばを過ぎると睡眠をとる時間帯となる。

日本などではコンビニエンスストアなど24時間営業する店舗の数は近年増えたが、夜間にこうした施設で照度の高い照明に身体がさらされることが体内時計を狂わせ、健康を害し精神的にも不安定にさせる元凶となっているとしばしば指摘されている。何億年という生命の歴史によってもたらされた人の体内時計は、夜は暗く昼は明るいという自然な状態にあって正常に機能するものなのである。

交通網が発達してからは、夜は昼に比べて車の通行量や公共交通機関の利用客が減少することから、道路や線路の保守工事を夜間(特に深夜帯)に充てているケースも多い。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE