夏時間
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「サマータイム」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「サマータイム (曖昧さ回避)」をご覧ください。
  夏時間を実施している国・地域  過去に夏時間を実施したが現在は行っていない国・地域  夏時間を実施したことのない国・地域

夏時間(なつじかん)またはサマータイム(: summer time ヨーロッパ大陸でも用いる)、デイライト・セービング・タイム(: daylight saving time (DST)。カナダオーストラリアでも用いる)とは1のうちを中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度またはその進められた時刻のこと。ただし、オーストラリアロード・ハウ島では夏時間と通常の時間の差が1時間でなく30分である。

現在の主な実施地域では実施期間が7 - 8か月なので計算上通常時間より夏時間の期間のほうが長くなる。一般に、昼間の明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を長く持つことができる。緯度が高く夏の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されている。


目次

1 目的と効果

2 夏時間導入に対する反対論

3 歴史

4 主な地域の実施時間

5 国別実施状況

5.1 サマータイムを実施していたが廃止した主な地域

5.2 サマータイムを実施したことがない地域


6 日本における夏時間

6.1 連合国軍占領期

6.2 平成における制定過程

6.3 サマータイム制への批判

6.4 北海道サマータイム

6.5 滋賀県庁

6.6 奥州サマータイム

6.7 奈良県庁


7 コンピュータにおける扱い

8 関連項目

9 脚注

10 外部リンク


目的と効果

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)
夏時間開始の際には、時計を1時間進める。夏時間終了の際には、時計を1時間戻す。

以下のような効果が期待できると考えられている。

明るい時間を有効に使えるので照明節約になる。

交通事故犯罪発生率の低下。

活動時間が増えることによる経済の活性化。

午後の日照時間が増えることによる余暇の充実。

夏時間導入に対する反対論

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)


コンピュータを利用する各種システムOSソフトウェアの時計機能など)を更新しなければならないなど、移行コストがかかる。

時刻切り替え時に一時的に交通事故が増加するという報告もある。カナダブリティッシュコロンビア州では夏時間導入直後の月曜日には変更直前の月曜日より交通事故が平均で23 %増加するとして注意を呼びかけている[1]

歴史

18世紀ベンジャミン・フランクリンが提唱したとされるが、これは時計の針を動かすことなく市民の早寝早起きを推奨したのみであり、フランクリンの時代にはどちらも実現しなかった。現在の方式のサマータイムを提唱したのはイギリス建築業者であったウィリアム・ウィレット(英語版)である。実際に採用されたのは第一次世界大戦中のドイツ1916年4月30日から10月1日まで、同じくイギリスが1916年5月21日から10月1日まで採用したのが始まりである。

アメリカ合衆国では1918年1919年に各7か月間、夏時間が導入されたが、大変に不評のため廃止になった。その後第二次世界大戦中に資源節約目的で復活し、今に至る。1986年までは現地時間4月最終日曜日午前2時から10月最終日曜日午前2時までの間、それまでの時刻に1時間を加えたタイムゾーンを採用する「1966年方式」が主に使われていた。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:43 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE