報道
[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアに関する報道については、Wikipedia:報道をご覧ください。

 
報道
ニュース / スタイル
倫理 / 客観性(英語版)
価値(英語版) / 情報源(英語版)
名誉毀損
編集の独立(英語版)
ジャーナリズムスクール(英語版)
分野
 芸術(英語版) / 経済(英語版)
エンタテインメント(英語版)
環境(英語版) / ファッション(英語版)
医療(英語版) / 政治(英語版)
科学(英語版) / スポーツ(英語版)
テクノロジー(英語版) / 貿易(英語版)
交通 / 天気 / 世界(英語版)
ジャンル
 支援(英語版) / 分析(英語版) / 放送(英語版)
市民 / シビック(英語版)
協力(英語版) / 交流(英語版) / データベース(英語版)
ゴンゾー / 調査 / 文学(英語版)
マックレーカー(英語版) / ナラティブ(英語版)
"ニュー・ジャーナリズム"
非営利(英語版) / オンライン(英語版) / 意見(英語版)
平和(英語版) / 写真 / 視覚(英語版) / 番犬(英語版)
社会的影響
 四権
報道の自由 / 報道しない自由
インフォテインメント(英語版)
偏向報道
パブリック・リレーションズ
イエロー・ジャーナリズム
報道機関
 新聞社 / 出版社
放送局
インターネット
通信社
代替メディア(英語版)
役割
 ジャーナリスト / 記者
編集者 / コラムニスト
コピーエディター(英語版)
天気キャスター / 気象学者 / 気象予報士
ニュースキャスター
解説委員 / 解説者
写真家
Category:報道










報道(ほうどう、: Report)とは、ニュース・出来事・事件事故などを取材し、記事番組を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論活動のひとつである。報道を行う主体を報道機関、報道の媒体をメディアと呼ぶ。報道は不特定多数の大衆の情報を伝達する、いわゆるマスコミュニケーションに含まれるため、報道の媒体はマスメディアと呼ばれることも多い。
目次

1 概要

2 報道の特質と課題

2.1 報道と中立性

2.2 報道と正確性

2.3 報道と客観性

2.4 報道と過剰性

2.5 報道と閉鎖性


3 脚注

4 関連項目

5 外部リンク

概要

議会での議論や戦争の経過など数多くの事件や出来事を直接見聞きしている人はまれであり、特に現代社会ではマスメディアの提供する情報を通して事件や出来事を間接的に体験している[1]

報道における取材(しゅざい)とは、報道対象の事実を確認する行為で、報道機関は原則として所属する記者の取材に基づく記事を報道するが、国外など遠隔地で発生した出来事は、通信社などの配信する記事によって報道する場合もある。この場合、記事の頭に「○日ニューヨーク共同」のような形でクレジットが入る。

一方、ジャーナリズム: Journalism)とは、事実の伝達のほか、それについての解説や論評も含む[1]。テレビ放送では報道番組娯楽番組などと対置されるが、スポーツ中継のように娯楽番組であると同時に事実を伝える報道番組としての側面を含むものもあり、明確な区分は困難である[1]。ただし、ジャーナリズムの定義を無条件に拡大すると本質が見えなくなることから、一般には時事問題に関する報道・解説・批評等の活動を指して用いられる[1]

報道・ジャーナリズムは社会的に非常に大きな力をもっており、「立法」「行政」「司法」の3つの権力にこの「報道機関」を加え、「第四権力」と呼ばれる
報道の特質と課題
報道と中立性「表現の自由」、「報道の自由」、および「知る権利」も参照

日々の出来事に限らず建造物・風景・珍しい動植物など特に現代社会では人々はマスメディアの提供する情報を通して世界を認識することが多い[2]。このようなマスメディアの影響力から権力者にはその情報をコントロールしたいという志向が現れることがあり、現にいくつかの国々では厳しい情報統制が実施されている[3]

情報統制の敷かれた国々では権力者にとって都合の良い情報だけが住民に伝わり、世界情勢や自国の置かれている状況も客観的に判断することが困難になる[3]。冷戦末期、西側諸国の衛星テレビの情報は国境を越えて東欧諸国の人々の世界観や行動に影響を与え民主化革命の大きな原動力となった[3]

権力者によるマスメディアのコントロールが明確に表れるのがクーデター発生時であり、クーデターが発生すると情報によって市民や兵士の行動のコントロールを図るためまず放送局が占拠される[3]

こうした情報統制を防ぐために、民主主義国家においては表現の自由が保障され、報道の自由もその中において保障がなされている。このような自由はアメリカ独立戦争フランス革命などの市民革命の中で、新聞などの行う報道が世論の形成に大きな役割を果たしたことによって確立され、樹立された新政府においては自由権の一部として法的に表現の自由が認められるようになった[4]日本においても、日本国憲法の第二十一条において「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」[5]との一文があり、この中で報道の自由は保障されている。さらに第二項では「検閲は、これをしてはならない」と定められており、検閲も明確に禁止されている[6]

なお、客観報道については#報道と客観性を参照。
報道と正確性

報道では事実確認を怠ったり他社との競争を背景とする勇み足などによって誤報が生じることがある[7]。このほかやらせ虚偽報道の問題がある。また、表現の自主規制報道におけるタブーの問題もある。
報道と客観性

客観報道に対する考え方は媒体の種別によっても国によっても異なっている。

新聞社や雑誌社には社是として不偏不党を掲げる社がある[8]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE