堕胎
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

人工妊娠中絶(じんこうにんしんちゅうぜつ、: induced abortion)は、人工的な手段を用いて意図的に妊娠を中絶させることを指す。妊娠中絶の一つであり、刑法では堕胎(criminal abortion[1])と言う。俗語で「堕ろす(おろす)」とも呼ばれる。本稿では、人工妊娠中絶を中絶と表記する。


目次

1 中絶方法

1.1 初期中絶(妊娠11週目程度まで)

1.1.1 薬物による中絶

1.1.2 掻爬術と吸引法


1.2 中期中絶(妊娠12週程度?21週目まで)

1.3 後期中絶(妊娠22週以降?)


2 中絶胎児

2.1 処理方法

2.2 先端医療への中絶胎児組織の利用


3 中絶を回避する諸制度や試み

3.1 特別養子縁組

3.2 里親制度


4 各国の堕胎

4.1 アジア

4.1.1 日本

4.1.2 韓国

4.1.3 中華人民共和国

4.1.4 インド


4.2 アフリカ

4.2.1 モロッコ


4.3 ヨーロッパ

4.3.1 ルーマニア

4.3.2 アイルランド

4.3.3 ドイツ

4.3.4 フランス

4.3.5 ポーランド


4.4 南北アメリカ

4.4.1 アメリカ合衆国

4.4.2 カナダ

4.4.3 ブラジル

4.4.4 エルサルバドル

4.4.5 パラグアイ



5 宗教からみた中絶

5.1 キリスト教

5.1.1 カトリック教会

5.1.2 プロテスタント


5.2 イスラム教

5.3 仏教

5.4 ヒンズー教

5.5 ユダヤ教

5.6 ゾロアスター教


6 中絶をめぐる論議

6.1 医学的生命倫理問題

6.2 中絶とメンタルヘルス

6.2.1 影響を否定する調査

6.2.2 影響を指摘する調査



7  中絶を希望する女性と人身売買

8 脚注

9 関連項目


中絶方法真空吸引法子宮掻爬法
初期中絶(妊娠11週目程度まで)

ドイツ[2]フランスイタリアなどのように、法定中絶期限または医学上の理由を除く任意の中絶期限を、この初期中絶相当の時期までに制限する国もある。
薬物による中絶

この時期は主にミフェプリストン(RU-486)という人工流産を引き起こす内服薬が使われる(薬剤による妊娠中絶)。メトトレキセートも同様の効果を持つ[3]。海外ではミフェプリストンや同様の効果を持つ[3]メトトレキセートなどの薬剤も使われる。共に不全流産や出血のリスクがあるが、発生頻度は自然流産と同等とされる。
掻爬術と吸引法

日本やポーランド、アイルランド等のミフェプリストンが未認可の国々では、掻爬術あるいは吸引処置が選択される。ラミナリアによる経管拡張には時間がかかり、通常1日間の留置が行われる。子宮頚管をラミナリア等で拡張後に、産婦人科器具(胎盤鉗子やキュレット、吸引器など)で胎児を物理的に直接除去する。苦痛を伴うために通常経静脈的に鎮静剤の投与が必要とされる。掻爬術は、英語で「拡張と掻爬」という意味で D&C(Dilation and Curettage)とも呼ばれ、ドイツ語ではAuskratzungと呼ばれる。子宮穿孔や出血などの合併症のリスクが高く安全性において「薬物による中絶」に大きく劣る。ミフェプリストンが開発される以前は、妊娠初期であっても吸引術や掻破術がファーストチョイスとして選択されていたが、ミフェプリストンが認可された国々ではリスクの問題のためにファーストチョイスとされない。また、術後にアッシャーマン症候群を起こすことがあり、不妊症となるケースがあるのも欠点である。
中期中絶(妊娠12週程度?21週目まで)

この時期は胎児がある程度の大きさとなるため、分娩という形に近づけないと中絶ができない。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:107 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE