城崎温泉
[Wikipedia|▼Menu]

城崎温泉
温泉街の中心を流れる大谿川
温泉情報
所在地兵庫県豊岡市城崎町
座標北緯35度37分40秒
東経134度48分00秒座標: 北緯35度37分40秒 東経134度48分00秒
交通

鉄道: JR山陰本線城崎温泉駅下車すぐ

高速バス: 大阪・神戸から全但特急バスで城崎温泉駅または城崎温泉下車

飛行機: 大阪国際空港から30分の但馬空港から全但バスで40分

泉質塩化物泉
泉温(摂氏)37 - 83 ℃
テンプレートを表示

城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつ。江戸時代には「海内第一泉(かいだいだいいちせん)」と呼ばれ、今もその碑が残る。有馬温泉湯村温泉とともに兵庫県を代表する温泉でもある。
目次

1 泉質

2 温泉街

3 歴史

4 外湯

5 名所

6 その他

6.1 出身有名人

6.2 城崎を訪れた有名人

6.3 ローカルキャラクター

6.4 周辺情報


7 祭事・行事

8 本と温泉

9 アクセス

10 参考文献

11 関連項目

12 脚注

13 外部リンク

泉質

食塩泉 - 源泉温度37℃?83℃。

すべての源泉は1972年に作られた集中配湯管理施設に集められて、平均温度を57度に安定させてから町内に張り巡らされている配管を通じて、各外湯・旅館に送られている[1]
温泉街 愛宕橋

基本的に7つある外湯めぐりが主体の温泉である。外湯の筆頭とされる「一の湯」は江戸時代「新湯(あらゆ)」と呼ばれていたが、江戸時代中期の古方派(こほうは)の漢方医香川修徳(香川修庵)が泉質を絶賛し、「海内一」(=日本一)の意味を込めて「一の湯」に改名した。また「さとの湯」は正式名称を「豊岡市立城崎温泉交流センター」といい、浴場施設及び研修室が指定管理者制度による公設民営、そのほかの施設が市営であり、施設内に豊岡市城崎総合支所温泉課がある。温泉郷に設置されている7ヶ所の外湯では観光客向けに当日最初の入湯者に一番札を配布している。

城崎温泉駅前から7つの外湯につながる大谿川沿いに温泉街を形成し、川べりには柳が植えられている。なお、大谿川に架かる橋梁群は平成18年度の県の景観形成重要建造物に指定された。日本海岸近くの温泉であり、夏は海水浴、冬はカニ料理に人気がある。城崎温泉駅にもさとの湯(駅舎にある温泉)や足湯飲泉場がある。足湯や飲泉場が温泉街各所にある。

城崎温泉では浴衣を着て下駄を履くのが正装と言われており、2007年現在、城崎温泉のほとんどの旅館は、寝間着としても用いる旅館内用の浴衣とは別に、温泉街を出歩くための浴衣も用意している[2]。温泉街には「ゆかたご意見番」という掲示をした店が、2007年現在、約30軒存在し、浴衣が着崩れたりした時に対応してもらえる[3]。浴衣の模様で旅館が分かるとその旅館の下駄を差し出す下足番もいる。

なお、近くには城崎ロープウェイが運行されており、城崎温泉郷の守護寺とされている温泉寺や、展望台がある大師山の山頂付近へと容易に行くことができるようになっている。

温泉街俯瞰

一番札

駅通り

湯の里通り、右手前は御所の湯

歴史 一の湯と「海内第一泉」の碑

コウノトリが傷を癒していた事により発見との伝説がある。717年(養老元年)から720年(養老4年)、道智上人が千日の修行を行った末に湧出したことが城崎温泉のはじまり。(現在のまんだら湯)道智上人は温泉寺開山でもある。温泉寺は以後、城崎温泉の社会的中心になる。

江戸時代温泉番付によると西の関脇(最高位は大関)にランクされる(なお西の大関は有馬温泉であった。)。江戸時代の外湯の元になった湯壷は9つあった。学徳兼備で江戸期における「但馬の弘法大師」と呼ばれた弘元上人(但馬高野満福寺第50世・第52世)は城崎温泉の老舗旅館・山本屋の出身[4]。幕末に桂小五郎新選組に追われて城崎温泉に逃げてきたことがあった。江戸時代の城崎温泉はすでに遊技場のほか、食べ物屋は鍋焼き、ぜんざい、うどん、そばなどがある。果物、魚、鳥も各地から運ばれフグ、タコ、カモと何でも手に入った。貸し物屋では三味線、すごろく、碁、琵琶、琴、さらに、槍や刀まで貸してくれていた。このように、客が帰るのを忘れさすほどもてなした。城崎温泉には近郊の藩主や藩士が多数訪れ、にぎわいをみせた。 明治43年の絵葉書

日露戦争の折は戦争で負傷した兵士を湯治させるために寮養所を城崎温泉に設置した。そのため明治維新からずっと続いていた深刻な不況もなくなった。明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪が来訪。このころ、内湯問題が本格的になる。

1925年(大正14年)の北但馬地震で町は全焼するが、翌月には早くも82人の客が城崎を訪れていて湯が沸いている限り客足は絶えなかった。現在の和風木造3階建ての町並みの多くは震災の復興の時の建物か、その時の建物に由来する。震災まですべての旅館に内湯はなく、客は温泉街の各所にある外湯に通っていた。1927年(昭和2年)に三木屋旅館(『城の崎にて』ゆかりの宿)が震災復興の際に敷地内で掘り当てた泉源を利用して、城崎初の内湯を新築の旅館内に設置したところ、温泉地の伝統を壊すものとして、司法も巻き込んだ(城崎温泉内湯訴訟事件[5])20年以上の紛争に発展する。1950年(昭和25年)になってようやく和解し、内湯の設置を各旅館に認める代わりに、内湯の規模を制限し広い浴場を希望の客は従来通り外湯に通うこととした。また、私有地の源泉を含めてすべての源泉を旧・城崎町「湯島財産区」が一括管理し、新たに掘削に成功した源泉の内湯への配湯を開始した。また、1972年には新たに掘削した泉源を含めて上水道のような「温泉集中配湯管理施設」を構築し、各外湯や各旅館にバイプを通じて供給することとした。 内湯 (貸切露天風呂)

これらの改革により各旅館に内湯の設置が相次ぎ、現在はほぼすべての宿に内湯が存在するが、前述の規制により内湯の規模は大旅館でも大きくない。旅館宿泊者は全外湯の入浴料を免除する制度を採用したことにより、浴衣姿で全外湯を巡る「外湯めぐり」が名物となった。

ただ、この配湯システムの採用により、それまで泉源ごとに多少の泉質の相違があったのが、すべての源泉を一か所に集めてブレンドするため、全外湯・旅館内湯とも湯に差がなくなったことも事実である。

なお、第二次世界大戦中、温泉街は軍人病院となっていた。

1963年に温泉街と大師山山頂を結ぶ城崎ロープウェイが開通。高度成長にあわせて温泉ブームが到来し、城崎温泉は巨大な観光地となった。2008年7月、木屋町通りと四所神社を結ぶ小路に木屋町小路がオープン。

2015年1月に火災が発生し2人死亡、8棟が全焼するなどの被害があった。詳細は「城崎温泉火災」を参照
外湯

外湯は、一の湯、御所の湯、まんだら湯、さとの湯、柳湯、地蔵湯、鴻の湯の七湯


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE