埋立地
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、水面の埋め立てによる人工的な造成地について説明しています。廃棄物処理のための埋立地については「最終処分場」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)
羽田空港近辺の俯瞰(解説画像

埋立地(うめたてち)は、廃棄物浚渫土砂、建設残土などを大量に積み上げることによって人工的に造成された土地を指す。概ね、などの水面に投入することによって陸地を造成する場合と、低湿地・窪地・山間地などの内陸地に盛土して造成する場合とがある。
目次

1 概要

2 日本の埋立地

2.1 歴史

2.2 土地利用

2.3 主に埋立で造成された地域


3 外国の埋立地

3.1 ドバイの埋立地


4 環境への影響

4.1 汚染

4.2 法規制


5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク

概要

水面(海面または内水面)を平らな陸地に変える水面埋立地は、天然に形成された陸続きに水面を埋め立てていき陸地にするものと、全く新たにを作るものとの二種類に大別され、地形条件によっては干拓などと平行して行われる。
日本の埋立地
歴史 手前から神戸空港、ポートアイランド、神戸市街 1989年当時の勝島一帯。勝島運河の一部が埋め立てられ、しながわ区民公園ができているのが分かる。

埋立地は古くより造成されてきたが、その多くは港湾を形成・整備することが目的であった。すなわち、海岸線を整えたり埠頭を整備することにより港湾としての機能を向上させるもので、小規模なものはクニ成立以前の古代より行われてきたと考えられている。大規模なものは、日本では江戸期から増加し、東京湾では1592年文禄元年)の日比谷入り江が最初とされる。

一方、人工島造成は大規模な事業となるため、確認されているものは時代がかなり下ってからのものとなる。日本では平清盛による経が島築島が最初とされ、以降、長崎出島や東京湾の台場などが知られている。しかし、本格化したのはやはり高度成長期であり、各地の臨海工業地帯で埋立造成が進み、大阪南港川崎東扇島長崎空港などが造成された。

特に神戸市では「山、海へ行く」と言われた、丘陵を切り崩した土砂で海面埋立を行うことで同時に土地造成を図る事業が行われた。これによる埋立地がポートアイランド六甲アイランド神戸空港である。最近では関西国際空港横浜八景島和歌山マリーナシティなどがあり、総面積は国土の約0.5%に相当する。
土地利用

埋立地は人工地盤の一種であり、長時間かけて形成された天然の陸地に比べると、急速に形成されたことにより土壌粒子の間隙が大きく保有水が多いため、地震による液状化現象が起きやすいとされている。このため、耐震基準など法令上の制約(構造計算に使う係数が厳しい等)があり、建築基準法に関する建設省告示では、第三種地盤:地盤が著しく軟弱な区域、とされている(埋立から30年未満、埋立地盤厚さ3m以上)。また、液状化対策として土壌の水抜きなどの地盤改良を行うことがある。

埋立地の可能性がある場所での建築にあたっては、明治以前の古地図や土地条件図を調査したり、ボーリングによって土壌N値を実測して判定(構造計算書用の標準貫入試験)する必要があるがかなりの費用を要するため、一般の住宅ではより簡易なスウェーデン式サウンディング試験等が用いられている。
主に埋立で造成された地域

東京湾岸の大部分

東京都(東京都内の東京湾岸のすべて)
千代田区日比谷公園など旧日比谷入江岩本町など旧神田お玉が池)中央区銀座築地浜離宮庭園月島勝どき晴海豊海町港区芝浦港南台場文京区関口など旧白鳥池、後楽など旧小石川大沼)台東区千束など旧千束池、旧姫が池)品川区東品川八潮東八潮大田区東海平和島昭和島城南島京浜島羽田空港羽田旭町大森東大森南東糀谷江東区夢の島豊洲東雲辰巳潮見有明青海新木場若洲、その他江戸時代には旧永代島、旧宝六島を除く小名木川以南の大部分)江戸川区清新町臨海町荒川区三河島=三川ヶ島の周辺水域)

神奈川県(神奈川県内の東京湾岸の大部分)
川崎市川崎区東扇島扇島等)横浜市鶴見区(扇島・大黒ふ頭等)、神奈川区西区みなとみらい中区磯子区金沢区八景島等)

千葉県(千葉県内の東京湾岸の大部分)
浦安市舞浜など市内の3分の2が埋立地)[1]千葉港と近隣地域(市川市船橋市習志野市千葉市市原市袖ケ浦市の沿岸部)千葉市美浜区の全域[2]新日本製鐵君津製鐵所[3]海ほたるパーキングエリア


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE