地震
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

クルアーンのスーラについては「地震 (クルアーン)」をご覧ください。

地震(じしん、: earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる[1]
地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という[2]

大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる[2]。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった[3]

地震を対象とした学問地震学という。地震学は地球物理学の一分野であり、構造地質学と密接に関わっている。


目次

1 概要

1.1 地震の大きさ

1.2 地震活動

1.3 地震による災害


2 メカニズム

2.1 地震発生のきっかけ


3 地震の規模と揺れの指標

3.1 マグニチュード

3.2 震度

3.3 物理量


4 地震の原因と種類

4.1 プレート間地震

4.2 内陸地殻内地震

4.3 海洋プレート内地震

4.4 火山性地震

4.5 その他

4.5.1 人為的・外部的要因による誘発地震

4.5.2 地震以外の発震現象



5 地震の原因論とメカニズム論の展開

5.1 神話など

5.2 科学的探究


6 地震動・地震波と揺れ

7 主な地震帯と地震の頻度

7.1 主な活断層・海溝

7.2 地震の周期性


8 地震による被害と対策

8.1 震災

8.2 地震による主な被害

8.3 救助と救援・復興

8.4 地震発生後の対策

8.5 地震発生前の対策


9 過去に発生した地震

10 観測

11 地震予知

12 地球以外での「地震」

13 その他

14 脚注

14.1 注釈

14.2 出典


15 参考文献

16 関連項目

17 外部リンク


概要兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)によって発生した野島断層。地震の震源となった断層のずれが波及して「地表地震断層」として現れたものである。激しい揺れを起こした断層本体(震源断層、起震断層)とは別のものであり、また地下に存在する断層のほとんどは地表から観察できないので、防災上注意しなければならない。地震計で観測された地震動のグラフ。

地下の岩盤には様々な要因により(ひずみ)がかかっており、急激な変形によってこれを解消する現象が地震である。地球の内部で起こる地質現象(地質活動)の一種。地震に対して、地殻が非常にゆっくりとずれ動く現象を地殻変動と呼ぶ。

地震によって変形した岩石の断面を断層といい、地下数kmから数十kmの深さにあって地表までは達しないことが多いが、大きな地震の時にはその末端が地表にも現れて地表地震断層となる場合がある。一度断層となった面は強度が低下するため繰り返し地震を引き起こすと考えられている。特にカリフォルニアにあるサンアンドレアス断層は1,000km以上に及ぶ長大なもので繰り返し地震を起こしており、日本の地震学者に地震と断層の結びつきを知らせたことで有名である。日本では兵庫県南部地震野島断層濃尾地震根尾谷断層北伊豆地震丹那断層などが有名。

地震によって生じる振動は高速の地震波となって地中を伝わり、人間が生活している地表でも地震動として感じられる。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:207 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE